Wi-Fiルーター

【2022年最新】TP-LinkのおすすめWi-Fiルーター|目的別に紹介

この記事では、おすすめのWi-Fiルーターを初心者でもわかるように目的別にまとめています。Wi-Fiルーター選びに困っている人は是非参考にしてください。

「Wi-Fiルーター選び」って、知識のない人からすると面倒な作業ですよね。

ささやん
ささやん
僕が初めてWi-Fiルーターを買った時も、性能表記の意味がわからず値段で決めたのを覚えています。

パソコンの操作はできても「周波数」とか「電波」とか言われると「???」になるのは皆同じです。

ですが、Wi-Fiルーターを適当に選んでしまうと、後で面倒な事になるので注意してください。

  • 電波が届かない部屋があった
  • 通信速度が求めているレベルではなかった
  • 自分のスマホの性能を発揮しきれなかった

そんな失敗をしないように、Wi-Fiルーターは目的に応じた製品を選ぶ必要があります。

この記事では、僕がオススメするWi-Fiルーターを目的別に紹介していくので、後悔のないWi-Fiルーター選びの参考にしてください。

※本記事で掲載している評価点は筆者が実機を使った感想を元に作成しています。

TP-Link おすすめWi-Fiルーターの紹介

この記事ではコスパに優れたTP-Linkの製品からおすすめWi-Fiルーターをセレクトしています。

TP-Linkの公式HP引用:TP-Link

TP-LinkはWi-Fiルーターやスマートホーム製品で世界トップシェアを誇るメーカーです。コスパに優れているので手頃な価格で高性能な製品を購入できます。

わが家では、かれこれ5年ほどTP-LinkのWi-Fiルーターにお世話になっています。その間、大きなトラブルなく快適に通信できているので「海外製だから不安」なんて心配は一切しなくても大丈夫です。

また、設定はスマホの専用アプリで画面に従って操作するだけです。アプリの完成度は非常に高いレベルなので、初心者でも問題なく使いこなせるでしょう。もちろん日本語に対応しています。

ささやん
ささやん
では、具体的にWi-Fiルーターを紹介していきます!

【注意】この記事で紹介している「おすすめ度」は、筆者独自の感覚で作成したものです。ひとつの意見として参考にして下さい。

Youtubeなどの動画視聴が多い人【2選】

「動画視聴」がメインの人におすすめの製品を紹介します。正直なところ、動画視聴であればどのWi-Fiルーターを選んでも十分な性能なのですが、せっかくなので性能とコストのバランスが優れたモデルを選択しました。それが「Archer AX4800」です。

Archer AX4800
Wi-Fi5Wi-Fi6デュアルバンドトライバンドIPv4IPv61G WANポート2.4Gbps WANポート

  • おすすめ度
    通信速度
    1
    2
    3
    4
    5
  • 価格
    1
    2
    3
    4
    5
  • エリア
    1
    2
    3
    4
    5
  • 接続台数
    1
    2
    3
    4
    5
Archer AX4800の特徴Archer AX4800は、IPv6に対応時間帯による通信速度低下を軽減できるWi-Fiルーターです。YoutubeやNETFLIXなどの映像コンテンツを快適に視聴でき、オンラインゲームも適度に楽しめます。また、最大通信速度が4324Mbps(5GHz)と、現在発売されている一般的なWi-Fiルーターの中では上位の性能を誇っています。値段もさほど高くないので、多くの人にオススメしたい製品のひとつです。
【Archer AX4800レビュー】AX73との違いは?デザインや速度を比較してみた。どうも、最近、Wi-Fiルーターの購入相談をめちゃくちゃ受けるささやんです。 この記事では、TP-Linkから販売されているIPv...

また、2番手としてArcher AX4800と性能がとても良く似たArcher AX73もおすすめです。違いはAX4800よりもAX73の方が通信速度がちょっぴり速いところ。その分、値段が3,000円程アップしますが予算が届きそうならこっちを選択してもいいと思います。

【TP-Link Archer AX73】詳細レビューはこちら

【Archer AX73レビュー】速さ検証!IPv6が使えるTP-LinkのWi-Fi6ルーター!IPv4との差は歴然だった。どうも、ささやんです。この記事では、TP-Linkから発売されたIPv6 IPoE対応のWi-Fiルーター「Archer AX73」につ...

ライトユーザーで予算を抑えたい人

Wi-Fiルーターにお金をかけたくないという人に選んだのがコレ「Archer AX23」です。スマホでネット検索やLINE、YoutubeやAmazonプライムを見る人におすすめな製品です。ここで紹介している他の製品より、最大通信速度は劣りますが、ライトユーザーなら十分に満足できる性能なので安心して使ってください。

Archer AX23
Wi-Fi5Wi-Fi6デュアルバンドトライバンドIPv4IPv61G WANポート2.4Gbps WANポート

  • おすすめ度
    通信速度
    1
    2
    3
    4
    5
  • 価格
    1
    2
    3
    4
    5
  • エリア
    1
    2
    3
    4
    5
  • 接続台数
    1
    2
    3
    4
    5
Archer AX23の特徴Archer AX23は、1万円以下で購入できるコスパ抜群のWi-Fiルーターです。安価にも関わらずWi-Fi6に対応しているので最新型iPhoneの通信性能を最大限に発揮できるのが大きなメリットです。もちろんAndroidでもOKです。通信速度は最大で1201Mbpsですが、実際に速度計測をすると他製品と同等の通信速度を出せていたので、ライトユーザーで通信速度に困ることはないでしょう。コスト最優先で選びたい人には、一押しの製品です。

【TP-Link Archer AX23】詳細レビューはこちら

【Archer AX23レビュー】コスパ最強クラス!IPv6 IPoE対応のWi-Fi 6ルーターどうも、ささやんです。 この記事では、TP-Linkから発売されているIPv6対応のWi-Fi6ルーター「Archer AX23」...

がっつりゲーマーの人

オンラインゲームのガチ勢は、レイテンシの改善通信の優先を意識したWi-Fiルーターを選ぶべきです。それが「Archer GX90」です。TP-Linkで発売しているゲーミングルーターの中ではミドルクラスですが、ゲームを快適にする機能が満載の製品なのでFPSをするゲーマーにも十分オススメできる製品です。

Archer GX90
Wi-Fi5Wi-Fi6デュアルバンドトライバンドIPv4IPv61G WANポート2.4Gbps WANポート

  • おすすめ度
    通信速度
    1
    2
    3
    4
    5
  • 価格
    1
    2
    3
    4
    5
  • エリア
    1
    2
    3
    4
    5
  • 接続台数
    1
    2
    3
    4
    5
Archer GX90の特徴Archer GX90は、ゲーム専用のゲーミングWi-Fiルーターとして開発されたモデルです。トライバンドやゲームアクセラレーターなど快適なゲーム環境を構築する機能が備わっています。実際にゲームをしながら計測しましたが、低めのレイテンシでプレイできたので性能は間違いないと思います。価格は高めですが、ゲーミングルーターの中ではコスパに優れたモデルです。オンラインゲームを中心にWi-Fiルーターを選びたい人にオススメの製品です。

【TP-Link Archer GX90】詳細レビューはこちら

【Archer GX90 レビュー】ゲーミングルーターの決定版!ゲーム専用バンドを活用して安定通信を実現|FF14とDestiny2をプレイ この記事でわかること Archer GX90を選ぶポイント Archer GX90の外観 Archer G...

広範囲のWi-Fiエリアが必要な人

Wi-Fiの電波が届かない!という人の叫びを解決するのが「Deco X50」です。戸建て住戸だけでなくマンションでも十分に効果を発揮するので、とにかく家中つながるようにしたい人ならマストバイな製品です。

Deco X50
Wi-Fi5Wi-Fi6デュアルバンドトライバンドIPv4IPv61G WANポート2.4Gbps WANポート

  • おすすめ度
    通信速度
    1
    2
    3
    4
    5
  • 価格
    1
    2
    3
    4
    5
  • エリア
    1
    2
    3
    4
    5
  • 接続台数
    1
    2
    3
    4
    5
Deco X50の特徴Deco X50は、複数台のWi-Fiルーターを設置し、網目のような通信環境を構築するメッシュWi-Fiルーターです。電波が届きづらい場所を解決したいという人にとって、メッシュWi-Fiルーターは最強の味方です。実際に使ってみるとArcherシリーズでは電波が弱い場所も、Decoならアンテナがしっかり立っていたので、1台あたりの電波強度もDecoの方が上なのかな?と感じました。2台以上設置して使うことが前提のモデルなので、Archerシリーズよりも電波範囲という点では確実に優れています戸建て居住の人なら全員におすすめしたい製品です。

【TP-Link Deco X50】詳細レビューはこちら

【Deco X50レビュー】2022年最高傑作か!?LANポートが3つあるWi-Fi6対応メッシュWi-Fiルーター!どうも、ささやんです。 この記事では、TP-Linkから発売されているメッシュWi-Fiルーター「Deco X50」のレビューを書...

また、DecoX50が予算オーバーな人は、Deco X20という下位スペックもあるので検討してみる価値ありです。こちらはLANポートが1つ少なく、通信速度も少し落ちますが、電波範囲で言えば十分に優れているのでおすすめです。

【TP-Link Deco X20】詳細レビューはこちら

TP-Link Deco X20
【TP-Link Deco X20 レビュー】Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーターを徹底的に速度計測!【AX1800】本記事は「TP-Link メッシュWi-Fiルーター Deco X20」の特徴や通信速度を解説しています! 今まで...

同時にWi-Fiを使う台数が多い人

動画も見る、配信もする、ゲームもする、多台数繋ぐ、といったネットヘビーユーザーなら「Archer AX90」をおすすめします。何でもドンと来い!といった印象のWi-Fiルーターなので、多目的にネットを使うする人におすすめです。

Archer AX90
Wi-Fi5Wi-Fi6デュアルバンドトライバンドIPv4IPv61G WANポート2.4Gbps WANポート

  • おすすめ度
    通信速度
    1
    2
    3
    4
    5
  • 価格
    1
    2
    3
    4
    5
  • エリア
    1
    2
    3
    4
    5
  • 接続台数
    1
    2
    3
    4
    5
Archer AX90の特徴Archer AX90は、トライバンドを搭載しているので多台数接続にとても強いWi-Fiルーターです。また、その性能を活かしてゲーム専用帯域を作れるので、”ゲームをしながら4K動画を見て、さらにスマホゲームもばりばりする”というように、家族が多い人にもってこいのWi-Fiルーターです。少々値段は高めですが、接続台数が多い人は安心して使えると思うのでおすすめです。

【TP-Link Archer AX90】詳細レビューはこちら

【TP-Link ArcherAX90 レビュー】44台接続して実検証!トライバンドでWi-Fi6に対応した高スペックWi-Fiルーター【AX6600】どうも、ささやんです。この記事では、TP-Linkから発売されたWi-Fiルーター「Archer AX90」についてレビューしています。...

↑目次へ戻る

Wi-Fiの電波が届きづらいと感じたら

さて、希望に合うWi-Fiルーターは見つかりましたか?

以上で、おすすめWi-Fiルーターの紹介は終わりですが、どれだけ用途を考えて製品を選んだとしても、自宅の広さや家電の設置場所によって電波が届きづらい所が発生することがあります。

そんな時に使ってほしいのが「Wi-Fi中継機」です。

TP-LinkのWi-Fiルーターには「TP-Link OneMesh」という、メッシュWi-Fi環境を後から構築できるようにする機能があります。

必要な機器でおすすめなのが「RE600X」です。

設定も簡単なのでTP-LinkのWi-Fiルーターを使っているなら、イチ押しのWi-Fi中継機です。

ささやん
ささやん
Archerシリーズでは電波範囲に限界があるので、中継機の導入も視野にいれて購入しましょう。

【TP-Link RE600X】詳細レビューはこちら

【Wi-Fi中継器RE600Xレビュー】Wi-Fi電波の拡張で高速通信を実現!ブリッジモードならもっと爆速!TP-LinkからWi-Fi中継器「RE600X」がリリースされました。 Wi-Fi性能を表すクラスは、昨年発売されたRE605X...

↑目次へ戻る

【2022年版】とにかく1台選んでと言われたらコレ

最後に『良くわからないから1台選んで!』と言われた場合の1点を選びます。

ずばり「Deco X50(2ユニット)」をオススメします。

理由は、Deco X50は、ArcherシリーズよりもWi-Fi範囲と同時接続台数が優れているので、コアなゲーマー以外ならひとまず満足できるからです。

Youtubeなどの映像視聴であれば、この記事で紹介したWi-Fiルーターなら、どれを選んでも快適な環境を実現できます。実際に何台も接続して検証しましたが不自由なく見ることが出来ました。

ですが、Wi-Fi電波の届きやすさは環境によって大きく変わるので使ってみないとわかりません。

ですから、「ウチは1ルームだよ」って人ならばArcher AX4800で問題ありませんが、3LDK以上の家に住んでいて、どれを選べばいいかわからない人はDeco X50にしておきましょう。

あとからWi-Fi中継器を買うという選択肢も全然OKですが、選びきれない人は参考にしてみてください。

↑目次へ戻る

TP-Link Wi-Fiルーターの性能比較表

ここまでで紹介したWi-Fiルーターの性能比較表を載せておきます。

製品名をクリックすれば、詳細レビュー記事へジャンプできます。

機種名 ワイヤレス規格 最大通信速度
5GHz
最大通信速度
2.4GHz
バンド アンテナ数 プロセッサー ポート数 USB対応 IPv6対応 最大接続台数
(目安)
Deco X50 Wi-Fi6対応 2402Mbps 574Mbps デュアルバンド 4本 デュアルコアCPU 1Gbps WAN/LAN×3 × × 150台
Deco X20 Wi-Fi6対応 1201Mbps 574Mbps デュアルバンド 4本 クアッドコアCPU 1Gbps WAN/LAN×2 × × 150台
Deco M5 Wi-Fi5対応 867Mbps 400Mbps デュアルバンド 4本 クアッドコアCPU 1Gbps WAN/LAN×2 × × 100台
Archer GX90 Wi-Fi6対応 ①4804Mbps
②1201Mbps
574Mbps トライバンド 8本 クアッドコアCPU 2.5Gbps WAN/LAN×1
1Gbps WAN/LAN×1
1Gbps LAN×3
USB3.0×1
USB2.0×1
× 100台
Archer AX90 Wi-Fi6対応 ①4804Mbps
②1201Mbps
574Mbps トライバンド 8本 クアッドコアCPU 2.5Gbps WAN/LAN×1
1Gbps WAN/LAN×1
1Gbps LAN×3
USB3.0×1
USB2.0×1
× 100台
Archer AX73 Wi-Fi6対応 4804Mbps 574Mbps デュアルバンド 6本 トリプルコアCPU 1Gbps WAN×1
1Gbps LAN×4
USB3.0×1 80台
ArcherAX4800 Wi-Fi6対応 4324Mbps 574Mbps デュアルバンド 6本 トリプルコアCPU 1Gbps WAN×1
1Gbps LAN×4
USB3.0×1 80台
Archer AX23 Wi-Fi6対応 1201Mbps 574Mbps デュアルバンド 4本 デュアルコアCPU 1Gbps WAN×1
1Gbps LAN×4
× 36台

まとめ

以上、おすすめWi-Fiルーターの紹介でした。

Wi-Fiルーターは、目的に応じた製品を選ぶことが非常に重要です。

この記事が、少しでも製品選びの参考になれば嬉しく思います。

詳細レビュー記事へのリンク一覧

↑目次へ戻る