Wi-Fiルーター

【TP-Link RE605X レビュー】2階建て住宅のWi-Fiが繋がらないを解決するWi-Fi6中継機

この記事では「TP-Link Wi-Fi中継機 RE605X」を紹介しています。

ささやん
ささやん
Wi-Fi中継機は親機が放つWi-Fi電波を拡張する役割を持ちます。

親機のWi-Fiルーターだけでは、電波が充分に届かない場所がある人におすすめできるデバイスです。

また、TP-Link RE605Xは、現在使っているWi-Fiルーターが他メーカーでも使えるので、Wi-Fi電波に悩める多くの人にとって便利な一台になるでしょう。

本記事はメーカー様から製品を提供していただき作成しています。

Wi-Fi6対応中継機「RE605X」のスペック

TP-Link RE605X 特徴

  • Wi-Fi6に対応したWi-Fi中継機
  • 【5GHz】1201Mbps【2.4GHz】574Mbpsの高速通信に対応
  • ギガビットポート搭載で有線接続が可能
  • 電波状況をLEDで把握できる
  • ブリッジモードでアクセスポイントとして利用可能
  • スマホアプリで簡単設定
  • TP-Link OneMeshで快適なWi-Fi環境を構築
スペック表
通信速度(理論値) 【5Hz】1201Mbps
【2.4GHz】574Mbps
ワイヤレス規格 次世代通信規格Wi-Fi6対応
【5GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/n/g/b
アンテナ 外部アンテナ×2
ポート ギガビットポート × 1
ボタン WPSボタン, Resetボタン
消費電力 10W
サイズ 74.0×46×124.8 mm

RE605Xは次世代通信規格Wi-Fi6に対応したWi-Fi中継機です。

Wi-Fi6の恩恵により、タイムラグの少ない通信やより広範囲で安定したネットワークの構築が可能です。

ささやん
ささやん
最新のiPhoneやMacBook、その他のWi-Fi6対応デバイスを持っている人におすすめです!

↑目次へ戻る

Wi-Fi6対応中継機「RE605X」のデザイン

TP-Link RE605Xは白一色のシンプルなデザインです。

上部には排熱用の通気口があります。

(プラグから見て)右側面にはギガビットLANポートが搭載されています。

ささやん
ささやん
無線に対応していないデバイスを有線接続できます!

(プラグから見て)左側にはWPSボタンRESETボタンが並んで搭載。

裏面にはプラグがあるのみです。

正面にはLEDランプが搭載されていて状態を確認できます。

LEDランプの表示内容
一番上のLED
]
  • 点灯/非点灯:中継器の電源状態
  • 点滅:起動中またはファームウェア更新中
二番目のLED
[ ]
  • 青く点灯:電波が安定している状態
  • 赤く点灯:電波が不安定な状態
  • 点滅:WPS接続処理中
  • 非点灯:中継器とWi-Fi親機が接続されていない
三番目のLED
[ 2.4G ]
点灯/非点灯:2.4GHzへの接続状態
四番目のLED
[ 5G ]
点灯/非点灯:5GHzへの接続状態
ささやん
ささやん
LEDランプはスマホアプリで非点灯にできるよ!

壁面コンセントに設置しても違和感がないサイズで、電源に直挿しできる点はRE605Xの大きな魅力ですね。

ささやん
ささやん
アクセスポイントとして使っていた古いルーターは床に置いていたので、これはマジで助かる!

↑目次へ戻る

Wi-Fi6対応中継機「RE605X」の設定方法

TP-Link RE605Xはスマホのアプリで簡単に設定できます

ささやん
ささやん
接続は3〜4分で完了しますよ!

まずは、専用のTetherというアプリをスマホにダウンロードしましょう。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINKposted withアプリーチ

RE605Xの初期設定
  • STEP1
    アプリでデバイスを追加する
    Tetherを起動し使用するデバイスを選択します。今回は「レンジエクステンダー」を選択。

  • STEP2
    RE605Xに接続
    コンセントにRE605Xを挿せば検索がはじまります。次に表示されるローカルパスワードは自由に設定して下さい。

  • STEP3
    拡張したいWi-Fiを選択
    拡張したいWi-Fiを選択し接続先ルーターで設定しているパスワードを入力して下さい。(STEP2のパスワードではありません)

  • STEP4
    さくっと設定完了
    あとは画面に従っていけば設定が完了します。
ささやん
ささやん
記事では省略している部分もあるけど、アプリに従って操作するだけで設定が完了します!

設定完了後は、アプリで拡張しているネットワークや接続されているクライアントを確認できます。

ささやん
ささやん
RE605Xだけに限らず、TP-Linkのネットワーク機器はアプリの操作がとにかく快適!

さらに、RE605Xはアクセスポイントとして活用したり、TP-LinkのOneMeshを設定することができます。

OneMeshは特に便利で親機のルーターと中継器(RE605X)を1つの接続先にまとめて、常に最適な接続先を選んでくれます。移動によって接続が途切れることがなくなるのがメリットです。

※OneMeshを使うにはTP-Link製の対応ルーターが必要です。

↑目次へ戻る

Wi-Fi6対応中継機「RE605X」の通信速度検証

それでは、実際に通信環境が改善されたかどうか見てみましょう。

結果は、通信速度の大幅な向上が確認できました

検証した組み合わせ
  • Archer AX20(1階)+ RE605X(2階)
  • eo光ルーター(1階)+ RE605X(2階)
ささやん
ささやん
測定した結果を順番に見ていこう!

eo光ルーター(1階)→ RE605X(2階)の測定結果

まずは、eo光のレンタルルーターとRE605Xで計測です。

結果は次の通り。(それぞれ2階で計測しています)

1階に置いたeo光Wi-Fiルーターでは、アップロードの計測が完了できず途中で断念しました。Wi-Fi電波も途切れることが多く快適とは程遠い状態でした。

一方で、eo光Wi-Fiルーターの電波をRE605Xで拡張して計測すると、大幅に環境が改善され通信速度もWi-Fi電波も安定させることができました。

結果
  • ダウンロード:21.6Mbps→45.0Mbps
  • アップロード:測定不能→51.0Mbps
ささやん
ささやん
Wi-Fiルーターのメーカーが違っても、バッチリ効果を発揮できました!

Archer AX20(1階)→RE605X(2階)の測定結果

次に、同じTP-Link製でWi-Fi6&OneMesh対応Archer AX20で計測しました。

結果は次の通り。(それぞれ2階で計測しています)

eo光のWi-Fiルーターとは違い、Archer AX20だけでも十分な通信速度でしたが、RE605Xで拡張するとさらに速度が向上しました。

結果
  • アップロード:174.1Mbps→220.3Mbps
  • ダウンロード:92.1Mbps→231.0Mbps
ささやん
ささやん
RE605Xに接続するとWi-Fi電波が常に3本に!やっぱり戸建ては中継機orメッシュWi-Fiルーターがおすすめだね!

Wi-Fi6対応中継機「RE605X」の使用感

便利だと感じたポイント
  1. メーカー関係なく電波を簡単に拡張できる!
  2. OneMesh対応なのでメッシュWi-Fiを構築できる!

RE605Xはスマホアプリで簡単に設定できるので、拡張元のWi-Fiルーターが別のメーカーでも直感的に操作できる点が印象的でした。

数年前に使っていた中継機は拡張できているのかどうかわからない時がありましたが、RE605Xはアプリで詳しく状態をチェックできるので安心して利用できます

ささやん
ささやん
本体にLEDライトが搭載されているので、パッと見で状態チェック出来る点も便利です。

また、既にTP-Link製のWi-Fiルーターを使っていて、OneMeshに対応していれば簡単にメッシュWi-Fi環境が整います。部屋を移動しても接続するWi-Fiを選び直す必要がないので、かなり快適なネット環境になるでしょう。

OneMesh対応機器一覧(公式)

ちなみに、RE605Xと一緒に使うならば、本記事でも使用した「Archer AX20」がおすすめです。

【TP-Link Archer AX20 速度計測レビュー】Wi-Fi6対応の低価格、高機能な高速Wi-Fiルーター!本記事は「TP-Link Wi-Fiルーター Archer AX20」の「通信速度」を実際に検証し「特長」をレビューしています! ...

一方で「機能面で残念なところはどこかなぁ?」と探してみたものの、中継機としては必要十分な性能を発揮してくれているので、特に見つからず…。

価格は親機を1台買えるくらいなので、もう少し安価であれば良かったなと思います。

↑目次へ戻る

Wi-Fi6対応中継機「RE605X」|レビューまとめ

以上、「TP-Link Wi-Fi6対応中継機 RE605X」のレビューでした。

RE605Xは、既存のWi-Fiルーターの電波を拡張できるWi-Fi6対応の中継機です。また、ブリッジモードでWi-Fi 6のアクセスポイントとしても利用可能です。

ささやん
ささやん
実際に効果を検証した結果はこちら!
速度の計測結果

eo光ルーター×RE605X

  • ダウンロード:21.6Mbps→45.0Mbps
  • アップロード:測定不能→51.0Mbps

Archer AX20×RE605X

  • アップロード:174.1Mbps→220.3Mbps
  • ダウンロード:92.1Mbps→231.0Mbps

1階に設置したWi-Fiルーターの電波を2階までしっかりと引き上げてくれるので、通信が安定し速度もバッチリ向上しました。

親機となるWi-Fiルーターの電波が届きにくい場所がある人は、その環境を大きく改善できるので導入してみてはどうでしょうか。

この記事で出てきた製品
関連する記事
【TP-Link ArcherAX90 レビュー】44台接続して実検証!トライバンドでWi-Fi6に対応した高スペックWi-Fiルーター【AX6600】どうも、ささやんです。この記事では、TP-Linkから発売されたWi-Fiルーター「Archer AX90」についてレビューしています。...
【TP-Link Archer AX20 速度計測レビュー】Wi-Fi6対応の低価格、高機能な高速Wi-Fiルーター!本記事は「TP-Link Wi-Fiルーター Archer AX20」の「通信速度」を実際に検証し「特長」をレビューしています! ...
TP-Link Deco X20
【TP-Link Deco X20 レビュー】Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーターを徹底的に速度計測!【AX1800】本記事は「TP-Link メッシュWi-Fiルーター Deco X20」の特徴や通信速度を解説しています! 今まで...
【TP-Link ArcherAX90 レビュー】44台接続して実検証!トライバンドでWi-Fi6に対応した高スペックWi-Fiルーター【AX6600】どうも、ささやんです。この記事では、TP-Linkから発売されたWi-Fiルーター「Archer AX90」についてレビューしています。...

↑目次へ戻る

ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。