Wi-Fiルーター

【Wi-Fi中継器RE600Xレビュー】Wi-Fi電波の拡張で高速通信を実現!ブリッジモードならもっと爆速!

TP-Linkから最新機種のWi-Fi中継器「RE600X」がリリースされました。

Wi-Fi性能を表すクラスは、昨年発売されたRE605Xと同クラスのAX1800です。

デザインの刷新によりスッキリした見た目になったのが印象的です。

今回は、そんなWi-Fi中継器「TP-Link  RE600X」のレビューをしていきたいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひでぼん(@sasayan7981)がシェアした投稿

※この記事はメーカー様からサンプルをご提供頂き作成しています。

Wi-Fi中継器「RE600X」の特徴

TP-Link RE600X 特徴

  • Wi-Fi6に対応したWi-Fi中継器
  • 外部アンテナレスですっきりした見た目
  • 【5GHz】1201Mbps【2.4GHz】574Mbpsの高速通信に対応
  • メーカー関係なしにあらゆるWi-Fiルーターに対応
  • 有線接続でアクセスポイントとして利用可能
  • 有線接続のみ対応の機器を無線接続するイーサネットコンバータに対応
  • 専用スマホアプリで簡単設定(5分あれば余裕)
  • TP-Link OneMeshでメッシュネットワークを構築可能
スペック表
通信速度(理論値) 【5Hz】1201Mbps(2ストリーム/80MHz)
【2.4GHz】574Mbps(2ストリーム/40MHz)
ワイヤレス規格 通信規格Wi-Fi6対応
【5GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/n/g/b
アンテナ 内蔵アンテナ×2
ポート ギガビットポート × 1
暗号化 WEP, WPA, WPA2, WPA3
ボタン WPSボタン, Resetボタン
消費電力 10.8W
サイズ 78×36×149 mm

RE600XはWi-Fi6に対応しているので高速&低遅延でネットが使えるWi-Fi中継器です。

通信性能は、5GHzで1201Mbps(2ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯で574Mbps(2ストリーム/40MHz)に対応するデュアルバンド「AX1800」クラスに属しています。

また、TP-Linkの「OneMesh」が使えるので、手軽にメッシュWi-Fi環境を構築できる点も魅力です。

使い方は次の3パターン。

  1. ルーターのWi-Fi電波をキャッチして拡張する。
  2. ルーターと有線接続しアクセスポイントにする。
  3. 有線LANのみ対応の機器を無線接続するイーサネットコンバータで運用する。
ささやん
ささやん
あらゆるWi-Fiルーターに対応しているので、TP-Link製品で揃える必要はありません!

ちなみに、既存製品の「RE605X」とWi-Fi性能は同クラスですが、アンテナが内蔵型に変更されているのが大きな違いとなっています。

Wi-Fi中継器RE605Xのレビューはこちら

【TP-Link RE605X レビュー】2階建て住宅のWi-Fiが繋がらないを解決するWi-Fi6中継機この記事では「TP-Link Wi-Fi中継機 RE605X」を紹介しています。 親機のWi-Fiルーターだけでは、電波が...

↑目次へ戻る

Wi-Fi中継器「RE600X」のデザイン

RE600Xは、既に発売されているRE605Xのアンテナを削ぎ落したようなデザインです。

RE600XとRE605Xの外観左:RE600X/右:RE605X

前モデルのRE605Xと比べると厚みにかなり変化があり、RE600Xの方が半分ほど薄型に改良されていました。

RE600Xの厚み

正面には状態をサインするLEDランプを搭載、右サイドにはWPSボタンとLANポート、リセットボタンがあります。左側には何もありません。

RE600Xランプ RE600Xサイド
ささやん
ささやん
LANポートは、アクセスポイントやイーサネットコンバータとして使うときに活躍します!

背面にはコンセントプラグがあります。

RE600X背面

サイズは「78×36×149 mm」で前モデルのRE605Xよりもコンパクトですが、併設するコンセントプラグによっては干渉する可能性があるので注意。

RE600Xコンセント併設
ささやん
ささやん
2cm幅の充電器であればギリギリ併設できました!

↑目次へ戻る

Wi-Fi中継器「RE600X」の通信速度検証

今回は、2パターンの通信速度を計測しました。

  1. ルーターから飛んでいるWi-Fi電波を拡張する。
  2. ルーターとLAN接続をしてアクセスポイントとして利用する。

では、それぞれの結果をご覧ください。

 Wi-Fi電波を拡張した場合

まずは、Archer AX73から飛んでいるWi-Fi電波をそのまま拡張してみました。

ちなみに、Wi-Fi拡張のイメージは次の図の通りです。

Wi-Fi拡張イメージWi-Fi電波の拡張イメージ(Tetherアプリ)
ささやん
ささやん
結果は…通信速度が大改善!
RE600X通信速度(Wi-Fi拡張)拡張前(19.1Mbps)→Wi-Fi拡張後(222.7Mbps)

拡張前は19Mbpsだった速度が、拡張後は200Mbpsを超える速度に改善。また、電波強度もアンテナ1~2本だったのが、常時3本まで向上しました。

画像の時間を見てわかる通り、12時46分にRE600Xの設定を開始して、12時52分には爆速環境を作れていることから6分程度で作業が完了していますね。

普通のスマホ操作ができる人なら、十分に使いこなせると感じました。

ブリッジモードで有線接続しアクセスポイント化した場合

次に、ブリッジモードで有線接続した場合も計測しました。

イメージ図はこんな感じです。

ブリッジモードイメージブリッジモードのイメージ(Tetherアプリ)
ささやん
ささやん
結果は…Wi-Fi電波拡張のおよそ2倍に!
RE600X(ブリッジモード)拡張前(19.1Mbps)→有線AP化(407.27Mbps)

ブリッジモードは、ルーターとRE600Xを有線接続する使用法です。そのため、安定した通信が維持できる点が大きなメリットです。

ただし、RE600Xの使用場所に「ルーターからのLAN配線がきている」ことが条件のため、使用場所を選ぶ点がデメリットです。

Wi-Fi電波の拡張、ブリッジモードの有線接続、いずれにしても、スマホやタブレットを使う分には十分な通信速度を出せるので気にする必要はないと思いました。

計測結果
拡張方法 拡張前(5GHz下り) 拡張後(5GHz下り)
Wi-Fi電波の拡張 19.1Mbps 222.7Mbps
有線ブリッジモード 407.2Mbps

↑目次へ戻る

Wi-Fi中継器「RE600X」の使用感

僕の家では、Wi-Fiルーター(Archer AX73)からの電波をそのまま拡張して使用しています。(本当はブリッジモードで使いたいのですが環境が整っていなくて…)

気になる使用感については、2週間ほど使った現時点では大満足しています。

元々、昨年発売されたRE605Xを使っていて、そちらも不具合なく動作していたので、「RE600X」と「RE605X」の差は感じませんでしたが、とにかく快適であることは間違いないです。

また、RE600Xでは、RE605Xにあった大きなアンテナがなくなり薄型になったことで、インテリアとしての見栄えが良くなったのは嬉しい変化でした。

ささやん
ささやん
これから中継器を買うならRE605XではなくRE600Xを選んだほうが良いと思います!

↑目次へ戻る

Wi-Fi中継器「RE600X」の注意点

RE600Xを使えば、電波の弱かった部屋でもAmazonプライムビデオやYoutubeをストレスフリーで楽しむことができます

ですが、本格的なネットゲーム等、通信容量の多いデバイスを接続する場合は、台数に注意が必要です。

というのも、RE600Xの帯域は5GHzで2ストリーム/80MHzです。これは、最新のWi-Fiルーターと比べると見劣りします。(Archer AX73は6ストリーム/160MHz

RE600Xの通信速度は非常に高速ではありますが、あまり多くのデバイスを接続すると通信が混雑し速度が低下する可能性があるので注意した方が良いです。

ほぼメイン機と同様に使いたい人は、本格的なメッシュWi-Fi環境を構築できる「Deco X20」等のルーターをオススメします。

家中まるごと高速Wi-Fi環境を構築できる「DecoX20 レビュー」

TP-Link Deco X20
【TP-Link Deco X20 レビュー】Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーターを徹底的に速度計測!【AX1800】本記事は「TP-Link メッシュWi-Fiルーター Deco X20」の特徴や通信速度を解説しています! 今まで...

↑目次へ戻る

Wi-Fi中継器「RE600X」|レビューまとめ

以上、TP-Link「Wi-Fi中継器RE600X」のレビューでした。

Wi-Fi電波が弱い部屋がある場合には、Wi-Fi中継器が活躍します。

今回紹介したTP-Link RE600Xは、高速通信を実現できるWi-Fi6に対応し、設定も簡単に行うことができます。

拡張するWi-Fi電波は、TP-LinkのWi-Fiルーターでなくても使えるので、様々なシーンで活用することができます。

寝室や子供部屋などで使うには十分な性能を発揮するので、Wi-Fi電波の弱さが気になっている人は、是非使ってみてください。

RE600XにおすすめのWi-Fiルーター
【Archer AX4800レビュー】AX73との違いは?デザインや速度を比較してみた。どうも、最近、Wi-Fiルーターの購入相談をめちゃくちゃ受けるささやんです。 この記事では、TP-Linkから販売されているIPv...
【Archer AX73レビュー】実測検証!IPv6が使えるTP-LinkのWi-Fi6ルーター!IPv4との差は歴然だった。どうも、ささやんです。この記事では、TP-Linkから発売されたIPv6 IPoE対応のWi-Fiルーター「Archer AX73」につ...
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。