【Archer AXE5400 レビュー】超絶コスパの最新Wi-Fi6E対応ルーター!VPN構築に便利な機能搭載で玄人でも使いやすい!

コスパの良いWi-Fiルーターで有名なTP-Linkから、Wi-Fi6Eに対応したモデルArcher AXE5400」が発売されました。

ささやん

本機は、最新の6GHzバンドに対応したWi-Fi6Eモデル高性能なWi-Fiルーターを使用したい人におすすめできる製品です。「トライバンド2.5Gbps WANマルチギガビット」このあたりのワードに魅力を感じる人は、本記事を是非参考にしてください!

今回はメーカー様から「Archer AXE5400」を提供いただいたのでレビューしていきます。

Wi-Fiルーター選びに迷ったらコレにしとけ!

Wi-Fiルーター選びに迷っている人は、こちらの機種「Archer AX80」がおすすめ!
超爆速のWi-Fi2ギガ以上の光回線にも対応している当ブログのおすすめNo.1モデルです。

あわせて読みたい
【TP-Link Archer AX80 レビュー】最強の1台が誕生!Wi-Fiルーターはこれ買っとけば大丈夫!? どうも、ささやんです。 今回は、TP-Linkから発売された超高性能なWi-Fiルーター「Archer AX80」をレビューしていきます。 この機種…素晴らしい出来栄えだったので「と...
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次

TP-Link Archer AXE5400の特徴

引用:TP-Link

Archer AXE5400は、最新の6GHzバンドが使用できるWi-Fi6E対応のWi-Fiルーターです。

ささやん

最新規格に対応したモデルは高価になりがちですが、そこはさすがのTP-Link。通常価格が2万円程度でセール時は6000円ほど割引かれているのを確認しました。同等製品で最安クラスなので、Wi-Fi6Eモデルを探している人は是非チェックしてほしいですね。

Archer AXE5400の注目ポイント

  • Wi-Fi6E6GHzバンドに対応
  • トライバンド(2402Mbps + 2402Mbps + 574Mbps)の高速Wi-Fi通信
  • 2.5Gbps WAN搭載で2ギガ以上の光回線を活かせる
  • マルチギガビット接続対応で2.5GbEをノンストレスで活用可能
  • 縦置きと壁掛けに対応した省スペースデザイン
  • IPv6 IPoE(v6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Lite)に対応
  • EasyMesh対応機器と互換性あり
  • VPNクライアント機能※注でPCやスマホのVPN設定が不要
  • セキュリティサービス(TP-Link HomeShield※注)が標準搭載

※ 注:IPv6 IPoE機能を有効にしている場合は使用が制限されます。

 類似スペック製品を比較 

スクロールできます

Archer AXE5400

Archer AXE75
Wi-Fi規格Wi-Fi6EWi-Fi6E
バンドトライバンドトライバンド
Wi-Fi速度6GHz:2402Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
6GHz:2402Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
ストリーム数6ストリーム6ストリーム
アンテナ本数4本6本
有線ポート2.5Gbps WAN/LANポート×1
1Gbps WAN/LANポート×1
1Gbps LANポート×3
1Gbps WANポート×1
1Gbps LANポート×4
IPv6IPv6 IPoE対応IPv6 IPoE対応
EasyMesh互換性あり互換性なし
セキュリティTP-Link HomeShield対応TP-Link HomeShield対応
デザイン縦置き・壁掛け対応横置き・壁掛け対応
サイズ189 × 59 × 200 mm272.5 × 147.2 × 49.2 mm
通常価格19,799円18,800円
各製品の比較
ささやん

Archer AXE5400と類似スペックのArcher AXE75を比較すると、Archer AXE5400に軍配が上がる性能と言えそうです。特に設置スペースに大きな差があるため、僕ならArcher AXE5400を選びます。また、セール時はArcher AXE5400の方が安くなっていることもあるので、そんな時は是非ポチりたいですね。

\ Archer AXE5400の価格をチェック! /

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Archer AXE5400のレビュー

外観について

縦置き対応
壁掛け対応
ささやん

Archer AXE5400の外観は、飽きのこないシンプルなデザインです。金色のロゴ文字も黒に映える良いアクセントになっています。縦置き対応なので、比較的省スペースで設置できます。

ささやん

また、本機はインターフェースに強みをもっており、WAN/LANを全てあわせてると5ポート搭載しています。内1つは、2.5Gbps WAN/LANを備えているため、2ギガ以上の光回線も存分に活用することができます。

文庫本より少し大きい
Archer AX73Vと同じサイズ
ささやん

サイズ感は、文庫本よりも大きく、同社のArcher AX73Vと全く同じサイズでした。超コンパクトとは言えませんが、大きすぎる事もなく、このグレードのWi-Fiルーターとしては無難ですかね。

通信性能について

 Archer AXE5400の通信性能 

Wi-Fi規格Wi-Fi6E
バンドトライバンド
Wi-Fi速度6GHz:2402Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
ストリーム数6ストリーム
アンテナ本数4本
WAN2.5Gbps対応
IPv6IPv6 IPoE対応
ささやん

Archer AXE5400は、2024年前半で販売されているWi-Fiルーターの中では、どの項目も上位クラスに属するWi-Fiルーターです。iPhone15Proや最新Androidスマホでも対応が進んでいるWi-Fi6E、普及しつつある2ギガ以上の光回線、NTT回線には必須のIPv6 IPoEなど、長く使えるWi-Fiルーターのポイントを全て押さえています。それでいて、セール時の価格が化け物級に安いので手を出しやすいWi-Fiルーターと言えます。

弱点をあげるとしたら最大通信速度か

一方で、上位機種と見劣りする部分は最大通信速度です。Archer AXE5400の最大通信速度は2402Mbpsですが、Wi-Fi6E対応の上位モデルでは4804Mbpsという製品があります。さらに上のスペックが欲しい人は、Deco XE200等のモデルを選択しましょう。金額は跳ね上がりますが…。

あわせて読みたい
【Deco XE200を徹底レビュー】35台のデバイスをつなげて検証!Wi-Fi6Eと10GbE搭載で多台数接続でも高速W... 2020年にリリースされたWi-Fi6E。 各社様々なWi-Fi6E対応の製品を発表していますが、その中でも、至高と言える1台がTP-Linkから発売されました。 Wi-Fi6E/メッシュWi-Fi...

機能性について

マルチギガビット接続に対応

引用:TP-Link

本来、1ギガを超える光回線やNASの性能を存分に発揮するには、LANケーブルをCAT6A以上に交換する必要があります。しかし、マルチギガビット接続に対応していると、既存ケーブル(CAT5e)を使用しながら2.5Gbpsまたは5Gbpsでの接続が可能になります。そのため、低コストかつ簡単にネットワークをアップグレードできます。

ささやん

この機能を使えばノンストレスで2.5Gbpsポートを活用することができます。特に、NASやサーバーでは、壁内に隠蔽したLAN配線の置き換えが不要になるためかなり助かると思います。WANの活用でも、モデムから来るLANを交換する必要がないのでメリットがあります。

VPNクライアント&サーバー

引用:TP-Link

本機能があれば、Wi-Fiルーター自体をVPNサーバーに接続させることできます。これにより、PCやスマホで個別にVPN設定を行うことなくVPN接続が可能となります。また、VPNを使いながら通常のインターネットも使えるので柔軟性もあります。

【TP-Link公式】VPNの使い方

ささやん

自宅VPNサーバーを構築したい人にもArcher AXE5400はおすすめです。本機はOpenVPNに対応しており管理画面を通じて比較的容易にダイナミックDNSを設定することができます。ダイナミックDNSは無料で使用できるので、気軽にVPN環境を構築したい人におすすめです。具体的な設定方法は、本記事では割愛するのでググってみてください。

通信速度・電波強度の計測

検証した環境

光回線

eo光 10ギガ

周波数帯

5GHz,6GHz

使用端末

Galaxy S22,Wi-Fi6E対応デスクトップPC

計測場所

30坪木造2階建て

ささやん

結論、スマホの通信速度計測では、最大900Mbps / 平均500Mbpsの通信速度を計測できました。一方で電波強度は、ルーターから遠くなると顕著に減衰していたため、広範囲をカバーするにはWi-Fi中継機があったほうが良いと感じました。

通信速度の計測結果

(通信速度)1階を5GHzで計測

クリックで拡大

(通信速度)2階を5GHzで計測

クリックで拡大
ささやん

これだけの通信速度が出ていれば、日常利用で困ることはまずないでしょう。ただ、ルーターから遠い場所では通信速度の低下が顕著に現れたのが気になりますね。

Wi-Fi6E対応のデスクトップPCでも通信速度と電波強度の変化を調べてみました。

Archer AXE5400の5GHzと6GHzを比較

項目5GHzで計測6GHzで計測
通信速度257 Mbps343 Mbps
電波強度-66dBm-60dBm
ささやん

今回の計測では6GHzの方が100Mbps近く高速に通信する事を確認できました。目に見える数値で変化を感じ取れたのは良かったですね。また、電波強度も6GHzの方が少し強いようですが、さほど大きな差は見られませんでした。

電波強度の計測結果

(電波強度)1階を5GHzで計測

クリックで拡大

電波強度)2階を5GHzで計測

クリックで拡大
ささやん

通信速度の計測時点で、長距離の電波強度に不安を感じましたが、やはり2階では厳しい状態でした。1階は完璧にカバーできていますが、2階はオレンジ部分が多く不安定と言わざるを得ません。2階建て以上ならWi-Fi中継機の導入も併せて検討すべきかと思います。

Archer AXE5400|レビューまとめ

まとめ

外観

縦おき、壁掛け対応でスッキリ省スペース

通信性能

長く使えるWi-Fiルーターの必須性能を網羅

機能性

マルチギガ有線やVPNクライアント&サーバー機能を搭載しているので、自宅VPN構築に使いやすい

通信速度

最大900Mbps/平均500Mbps程度を計測できました。爆速なので困ることはまず無い。

電波強度

1階は100%・2階は50%のWi-Fiエリアをカバーできました。戸建住宅では少し不安

ささやん

Wi-Fi6Eモデルとしては最安価クラスで性能も申し分なし。最上位じゃなくて良いけど、なるべく性能が高いWi-Fiルーターが欲しい人におすすめできる製品です。また、マルチギガビットやVPN機能も搭載しているため、ネットワーク玄人でも使いやすい一面を持っています。是非、新しい環境構築の中心としてArcher AXE5400を使ってみてください。

\ Archer AXE5400の価格をチェック! /

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。

目次