Wi-Fiルーター

【TP-Link Archer AX20 速度計測レビュー】Wi-Fi6対応の低価格、高機能な高速Wi-Fiルーター!

本記事は「TP-Link Wi-Fiルーター Archer AX20」の通信速度を実際に検証し「特長」をレビューしています!

ささやん
ささやん
「Archer AX20」は次世代通信規格Wi-Fi6に対応してコスパ抜群!合計4本のアンテナとクアッドコアCPUで高速で安定した通信を提供してくれるWi-Fiルーターです。

TP-LinkのWi-Fiルーターは、他社と比べてコスパが高い点が魅力です。

Archer AX20も1万円を切る価格で手に入るので、Wi-Fi6に対応したお手頃なWi-Fiルーターを探している人に最適です。

これからWi-Fiルーターの買い替えを検討している人は、是非参考にしてみてください!

こんな人におすすめ!
  • Wi-Fi6に対応したWi-Fiルーターが欲しい
  • Wi-Fiルーターを低予算で買い替えたい
  • 多くのデバイスを同時に使う
  • 設定は簡単が良い
  • 簡易NAS機能で写真や動画を共有したい
あてはまる人は要チェック!

本記事はメーカー様から製品を提供していただき作成しています。

TP-Link Archer AX20 のスペック

TP-Link Archer AX20の特長

  • 次世代通信Wi-Fi6対応
    1201(5GHz)+574(2.4Ghz)Mbps
  • 安定接続
    合計4本のアンテナを搭載
  • パワフルな処理能力
    クアッドコアCPU搭載でパフォーマンスを維持
  • 外付けHDD接続可能
    USB搭載で簡易NASとして利用可能
  • OneMesh対応
    TP-LinkのOneMesh対応製品を使えば後からWi-Fi電波を拡張可能
スペック表
通信速度(理論値) 【5GHz】1201Mbps
【2.4GHz】574Mbps
ワイヤレス規格 次世代通信規格Wi-Fi6対応
【5GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
プロトコル IPv4及びIPv6(パススルー)
※非対応→IPoE/IPv4 over IPv6/MAP-E
セキュリティ WPA2、WPA3対応
高度な機能 ビームフォーミング、MU-MIMO、QoS、アンチウイルス、OneMesh対応
CPU 1.5GHzクアッドコアCPU
アンテナ 外部アンテナ×4
ポート WAN×1、LAN×4、USB2.0×1
サイズ 260.2 × 135.0 × 38.6 mm
設定方法 スマートフォンの専用アプリ(Android/iOS対応)、Webブラウザ

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX20 の外観

Archer AX20」は、4つの外部アンテナが特徴的なWi-Fi6対応のWi-Fiルーターです。

外部アンテナは角度調整が可能です。

また、各種ポートは背面に全て集約されています。(サイドにはなし)

アンテナの高さは約15.5センチ。棚に置く際は注意が必要です。

各種ポートを左からチェックしてみましょう。

一番左側は「WPS/Wi-Fi」「リセット」「LED」を調整するためのボタンがあります。

中央部は「USB2.0」「WAN」「LAN×4」を搭載。

ささやん
ささやん
WANもLANも全てギガビット対応ポートです!

最も右側は「電源ポート」「電源スイッチ」が搭載されています。

本体前面には、状態を表すLEDランプが搭載されています。

同梱品は以下の通り。

  • Archer AX20 本体
  • 電源アダプター
  • LANケーブル
  • 書類諸々

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX20 の接続設定

TP-Link Archer AX20はスマホのアプリで簡単に設定できます

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINKposted withアプリーチ

アプリの画面指示に沿って設定していくだけなので、細かい内容は割愛します。

ささやん
ささやん
画像や文章を使って設定完了までサポートしてくれるので、設定作業が苦手な人でも大丈夫!

TP-Link Archer AX20 の通信速度計測

今回通信速度を計測した環境は以下のとおりです。

計測した環境

リビングで計測(ルーターの近く)

まずはArcher AX20を設置したリビングでの計測です。

リビングでの計測結果

  • ダウンロード→392.3Mbps
  • アップロード→259.5Mbps

結果は、ネットゲーム・動画視聴・ウェブ検索が縦横無尽に行えるほどの速度を計測。

端の部屋で計測(最も遠い位置)

次に、リビングに置いたArcher AX20から最も遠い位置(対角位置の部屋)で計測してみました。

遠い部屋の計測結果

  • ダウンロード→195.9Mbps
  • アップロード→166.9Mbps

速度変化はあったものの充分実用的な通信速度を維持できました。

ついでに、6年前に買ったBaffalo116シリーズのWi-FiルーターだとWi-Fi計測が出来なかった(接続不可だった)場所で計測。(角部屋の隅っこ)

6年前のWi-Fiルーター(接続不可能)→Archer AX20(150.6Mbps)

障害物に強く安定した電波を届けてくれるのがWi-Fi6の特長です。

今回の計測では、これまで繋がらなかった場所でばっちりWi-Fi電波をキャッチできただけでなく150Mbpsという高速通信も維持できたことに驚きました。

ささやん
ささやん
Wi-Fiが繋がった!この6年でWi-Fiルーターは大進化してた!

iPhoneSEや11、12などのWi-Fi6に対応した端末を使っていて、電波の強さに不満を持っている人は是非試しみてください。

多台数11台接続しての計測

最後にデバイスを多台数接続して、通信速度がどうなるかを調べました。

スマホやパソコン、タブレットを合計11台接続して、全端末でYoutubeの再生を行いました。

(1台接続時)392.3Mbps→(11台接続時)267.2Mbps

製品パッケージの表記で36台まで接続可能と書いているだけあって、11台でも充分に利用できる通信速度を維持できました。

Archer AX20が対応しているWi-Fi6は、多台数接続時の安定性や高速通信維持にとても強い規格なので効果を発揮したのかもしれません。

ちなみに、Archer AX20に接続されているデバイス数はスマホアプリで簡単に確認できます。

それぞれの周波数をタップすれば、細かくデバイス名が表示されIPアドレスや通信状況を確認できます。

↑目次へ戻る

TP-Link Archer A20|レビューまとめ

以上、「TP-Link Archer AX20」のレビューでした。

Archer AX20は、最新通信規格のWi-Fi6に対応したWi-Fiルーターです。

iPhone11や12、SE、MacBook Air 2020(M1チップ)などのWi-Fi6(IEEE802.11ax)に対応したデバイスで、これまでよりも高速で安定した通信を実現してくれます。

通信速度計測結果まとめ

  • リビング→392.3Mbps
  • 端の部屋→195.9Mbps
  • これまで繋がらなかった場所→150.6Mbps
  • デバイス11台接続→267.2Mbps

また、価格は1万円以下なのでWi-Fi6対応の最新デバイスを持っている人は気軽に導入できる点も魅力です。

こんな人におすすめ!
Archer AX20はコストを抑えて、Wi-Fi6の性能を活かしたい人におすすめできます。また、クアッドコアCPUを搭載しているので多台数接続も安心。今どきWi-Fiルーターの機能が一式搭載されているので無線環境を2021年モデルへ大変身できますよ!
気になったらチェックしてね!

↑目次へ戻る

【TP-Link ArcherAX90 レビュー】44台接続して実検証!トライバンドでWi-Fi6に対応した高スペックWi-Fiルーター【AX6600】どうも、ささやんです。この記事では、TP-Linkから発売されたWi-Fiルーター「Archer AX90」についてレビューしています。...
TP-Link Deco X20
【TP-Link Deco X20 レビュー】Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーターを徹底的に速度計測!【AX1800】本記事は「TP-Link メッシュWi-Fiルーター Deco X20」の特徴や通信速度を解説しています! 今まで...
【TP-Link Archer A10 Pro 速度計測レビュー】多台数でも安心!コスパ抜群の高速Wi-Fiルーター!本記事は「TP-Link Wi-Fiルーター Archer A10 Pro」の「通信速度」を実際に検証し「特長」をレビューしています! ...
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。