スマートホーム

【レビュー】(映像あり)スマホで見れる防犯カメラ「tp-link Tapo C200」の画質や性能をチェック!

外出しているときに、こんなこと気になりません?

  • ペットがちゃんとご飯を食べたか気になる
  • 別の部屋で寝ている赤ちゃんの様子を確認したい
  • 子供がちゃんと帰宅したかチェックしたい
  • 事務所のセキュリティを簡単に向上させたい

これらを解決してくれるアイテムが、ネットワークカメラです。

これまでは「Secustation SC-LC52」という機種を使っていたのですが、さらに複数台必要になったため、追加で色々な機種を購入してみました。

今回は「tp-linkのTapo C200」という機種を紹介していきます。

Tapo C200の外観

まずは、本体のデザインをみていきましょう。

カメラのパッケージに同梱されている物は次の通り。

  • Tapo C200 本体
  • ACアダプタ(電源ケーブル)
  • 天井設置用アダプタとネジ
  • 書類

本体を電源とつなげばすぐに使えるので工事や複雑な作業は不要です。

正面にはカメラリセットスイッチSDカード挿入口があります。リセットスイッチとSDカード挿入口は隠れていて通常は見えません。

背面はスピーカーとマイクが配置されています。
全体的に丸い印象なのでポップで可愛いで座員が印象的です。

給電は、ACアダプタで行います。
USB経由で接続できる機種もあるので、ACアダプタ限定な点は少し残念です。

同じtp-linkから発売されている「KASA KC120」と並べてみました。
全く違うデザインなので好みが分かれそうです。

「Tapo C200」と「KASA KC120」は管理アプリが違う点と機能が大きく変わってきます。機能比較は別の記事で紹介しています。

Tapo C200のカメラ性能

次に、カメラの基本仕様をみていきましょう。

画素数 不明(1080)
おそらく300万画素程度
可動範囲 水平方向360°、垂直方向114°で遠隔操作可能
機能 パンチルト/相互音声通話/動作感知/暗視モード/プライバシーモード
録画 microSD(128GBまで対応)
スマホ Tapoシリーズ専用アプリ対応
保証 3年間

注目すべき点は、カメラのレンズ可動範囲です。

水平方向360°、垂直方向114°で遠隔操作可能なので、ほぼ全体をくまなく見渡すことができます。操作もスマホでゲームのようにできるので簡単です。

参照:Amazon販売ページ

画質については、映像をみてもらった方がいいと思うので後述しますね。

パンチルト機能とは、固定されたカメラを左右や上下に振ることができる機能のことを言います。Tapo C200はスマホからカメラを動かすことが可能です。

Tapo C200の画質

Tp-linkのTapo C200」の画質をチェックします。
今回も我が家のワンチャンに撮影協力を依頼しました。

通常モード

非常に綺麗で様子をチェックするという目的としては、十分な画質ではないでしょうか。
仕様での画質の表記がないのですが、おそらく300万画素程度の画質かと思います。

暗視モード

部屋が暗くなるとレンズが切り替わり自動で暗視モードになります。
感度は十分でモノクロではありますが、様子をしっかりと捉えることが可能です。

スマホから視点移動

パンチルト機能でスマホからカメラの視点を動かした様子です。
水平方向で360°動き、垂直方向114°で広範囲の視野を確認することができます。

(部屋が丸見えになっちゃうので少しだけ動かしています)

ゲームをするようにスマホから操作できますが、動作にラグがあるのでペットを追従するような早い動作はできないので注意です。

Tapo C200の画質以外の機能

Tp-linkのTapo C200」には、様々な機能があります。
その中でも、私が気になった機能を紹介します。

録画機能

Tp-linkのTapo C200」には、録画機能があります。

128GBまでのmicroSDに対応

映像をmicroSDに保存できるので、何か確認したいときはSD経由で映像をみることができます。防犯面と言うよりも、有事のチェック機能として活用できます。

また、「ループ録画」機能が搭載されているので、車のドライブレコーダーのように、microSDの容量が十分でない場合は、古い映像に上書きをして録画をし続けることができます。(ON/OFFの切り替えも可能です)

長期間の録画を目的とする場合は、128GBのmicroSDを準備しておきましょう。

アプリが見やすく操作が簡単

これは「Tp-linkのTapo C200」と言うよりも、TP-linkのネットワークカメラ専用のアプリに関することですが、これが扱いやすくて便利。

まずは、設定面では、表示される項目をクリアしていけば、数分でスマホとの連携が可能になります。Wi-Fiのパスワードを準備しておきましょう。

また、Tapoシリーズの複数のカメラであれば、アプリ内で4分割同時表示をすることができます。

お部屋が丸見えになってしまうので画像は載せられませんが、試しにアプリだけでもインストールしてみれば確認できると思います。

動作検出センサー

Tp-linkのTapo C200」は、カメラの視界内に動作物が現れたときに、スマホに通知するセンサーを搭載しています。

かなり感度が良く感知するとすぐにスマホのポップに通知が来るようになっています。

もちろんスマホでON/OFFの切り替えができるので、不必要な時はOFFにしておきましょう。

相互会話機能

まるで電話のように会話できる機能を備えていますが、基本的には補助的な機能と捉えてください。LINEのような高音質ではありません。

ですが、スマホを持っていない子供と連絡をとるときには便利です。

  • 冷蔵庫にケーキあるから食べていいよ。
  • 明日は学校何時に帰る?

など、軽めの話であれば十分に活用できますよ。

Tapo C200|レビューまとめ

以上、「Tp-linkのTapo C200」のレビューでした。

最近では、ネットワークカメラの需要が増えているようで当ブログでもアクセスの多い分野になっています。

カメラの機能が飛躍的に向上し価格も抑えられるようになっているので、一般家庭でも手に入れられるようになったことが大きな理由かと思います。

今回レビューした「Tp-linkのTapo C200」も、かなりお手頃な価格帯なので気軽に使ってみることができると思います。

機能面でも、不在時の様子を確認するには十分な画質なので、子供やペットの様子をチェックする程度ならば活用の場面は多いはず。

ネットワークカメラを探している人は、是非チェックしてみてください。

こんな人におすすめ
  • スマホアプリ家の様子をチェックしたい
  • 家のいろいろなところに設置したい(Tapoシリーズで揃える)
  • パンチルト機能でカメラのアングルを操作したい
  • 動作検出機能で部屋の出入り状況を知りたい
SecuSTATION Lite
【レビュー】(映像あり)スマホ対応の防犯カメラ「SC-LC52」webカメラで子どもやペットの見守りを。こんにちは!犬を愛してやまないささやんです。 自宅でペットを飼っていると、今何しているかな?と気になることがあります。 そこ...
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする