Wi-Fiルーター

【Deco S7 レビュー】家じゅうで快適なメッシュWi-Fiをお手頃価格で実現!(Deco M5 後継機種)

TP-LinkのメッシュWi-Fiルーター Decoシリーズから、Deco M5をアップグレードしたDeco S7が発売されました。

価格据え置きで通信性能が大幅にアップグレードているので、これまでメッシュWi-Fiルーターが欲しいけど「高性能な機種は値段が…」と躊躇していた人にとって、最高のモデルとなります。

この記事では、Deco S7の性能について紹介し実際に測定した通信速度を紹介します。

Wi-Fiエリアを大幅に拡張できるDecoシリーズは、本当に便利なのでメッシュWi-Fiに興味がある人は是非参考にしてみてください。

DecoS7-6
decoS7-2
DecoS7-7
DecoS7-8
DecoS7-9
DecoS7-10

previous arrow
next arrow

※本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

TP-Link Deco S7の特徴

TP-Link Deco S7 特徴

  • Wi-Fi5のメッシュWi-Fiルーター
  • 1900Mbps(600Mbps + 1300Mbps)の高速通信に対応
  • 最大100台接続可能
  • ギガビット対応のWAN/LANポートを3つ搭載

Deco S7は、旧モデルであるDeco M5の後継機種です。

価格は据え置きで、速度やストリーム数等のスペック面でパワーアップを果たしました。

通信性能は、6ストリームに対応し最大1900Mbps(5GHz:1300Mbps+2.4GHz:600Mbps)の速度を実現。

また、嬉しいことに3つのギガビットポートを搭載しているため、より多くの端末で快適な有線接続が可能となっています。

ささやん
ささやん
ポート数増加は、イーサネットバックホールの構築にも活躍します!イーサネットバックホールについては後述します。
Deco M5からの主な強化点
  1. Wi-Fiの高速化
  2. ストリーム数の増加
  3. 有線ポートの増加

Point① Wi-Fiの高速化

Deco S7の最大通信速度は1900Mbps(5GHz:1300MHz、2.4GHz:600Mbps)となっています。

後ほど、通信速度の検証結果を載せますが、これだけの速度があればAmazonプライムやYoutubeなどの動画視聴で困ることはありません。

最大通信速度

Deco S7

【5.0GHz】1300Mbps
【2.4GHz】600Mbps

Deco M5

【5.0GHz】867Mbps
【2.4GHz】400Mbps

ささやん
ささやん
Deco S7は、Deco M5の約1.5倍の数値ですね!

Point② ストリーム数の増加

Deco S7のWi-Fi規格は、現在主流であるWi-Fi6ではなく、Wi-Fi5という規格を採用しています。

どちらが高性能かと言えば、もちろんWi-Fi6となるわけですが、Deco S7では「デュアルバンド&6ストリーム」というスペックにより、上位機種と比べても見劣りしない通信環境を作ることができます。

ストリーム数

Deco S7

6ストリーム

Deco M5

4ストリーム

ささやん
ささやん
ストリーム数は、例えると通信データが通る道路のことです!

Point③ 有線ポートの増加

Deco M5からの進化で恩恵が大きいポイントのひとつにポート数の増加があげられます。

Deco M5の時は2ポートだったものが、Deco S7では3ポートに拡張されました。

2ポートでは、テレビやゲームをLAN接続する際にポート不足が発生していたので、これはかなり嬉しいポイントのひとつです。

また、Deco S7はイーサネットバックホールに対応しているので、3ポートに増えたことはその点でも恩恵が大きいです。

イーサネットバックホールとは?

「メッシュWi-Fi親機と子機の間」を電波ではなく、「有線LANケーブル」で繋いで使う接続方式の事です。

これにより、

  • 通信の高速化&安定化
  • メッシュWi-Fi制御データの連携がスムーズになる

というメリットがあります。

 ポート数

Deco S7

3ポート

Deco M5

2ポート

我が家にあるDeco親機では「①WAN(光回線) ②テレビ ③Deco子機」という3つが接続されています!

ささやん
ささやん
+1ポートになった恩恵は大きい!

TP-Link Deco S7の設定(イーサネットバックホール)

通信速度の検証をするにあたり、今回はイーサネットバックホールを活用して設定を行いました。

Deco S7の基本設定は、この記事では割愛しますが、イーサネットバックホールについて紹介しておきます。

イーサネットバックホールのメリット
  • 家庭内LANの高速化および安定化
  • Deco間の制御データ連携がスムーズになる

イーサネットバックホール機能は、以下のイメージでDeco間を有線接続し、アプリでDecoの追加設定をするだけ使うことができます。

また、イーサネットバックホール機能を使えているかどうかは以下のように確認できます。

ささやん
ささやん
信号元が「有線LAN」になっていれば設定成功です!

Deco同士を有線LANで繋ぐ必要があるので、設置環境に制限がありますが、通信環境が良くなる機能なのでオススメです。

もちろんDeco S7間を電波接続をするだけでもメッシュWi-Fiは構築できるので、上記のように有線LANを繋げない人でも、Deco S7を使うメリットは大いにありますよ。

通信速度と通信エリアの検証結果

Deco S7で通信速度を計測したので、その結果を紹介します。

ささやん
ささやん
4パターンに分けて計測しました!
計測条件
  • 測定デバイス:Galaxy S22
  • 光回線:eo光 1ギガ
  • 建物:鉄筋コンクリート造 2階建
  • 計測内容:1階で計測、2階で計測(2パターン)、多台数接続で計測

1階で計測

まずは、プレーンな状態で計測しました。

計測するデバイス以外はネットワークにいれず、最も速度が出るであろう状態にしました。

その結果は、以下の通り。

ダウンロード アップロード
1回目 388.8Mbps 331.2Mbps
2回目 415.0Mbps 309.3Mbps
3回目 417.6Mbps 275.2Mbps
平均 407.1Mbps 305.2Mbps

平均して250Mbpsくらいかな?と予想していたのですが、かなり上振れした結果を確認できました。

2階で計測(メッシュWi-Fiなし)

次に、1階に設置したDeco S7にスマホを接続し通信速度を計測してみました。

7年前に買ったバッファローのWi-Fiルーターだと圏外になる場所で計測しましたが、かなり奮闘した方かなと思います。

結果は、以下の通り。

ダウンロード アップロード
1回目 13.8Mbps 23.0Mbps
2回目 11.9Mbps 15.2Mbps
3回目 7.61Mbps 13.6Mbps
平均 11.1Mbps 17.2Mbps

数値的には厳しい結果ですが、スマホで動画再生もできたので、計測をしなければ速度については気づかないかもしれません。

ただしWi-Fi電波の受信が不安定だったので、この状態での運用は厳しいという印象です。

2階で計測(メッシュWi-Fiあり)

真打登場!ということで、2階にDeco S7を追加で設置し計測しました。

Deco S7はコンセントさえあれば、電波でメッシュWi-Fiを構築できますが、今回はイーサネットバックホール(有線接続)で環境を作りました。

では、結果をご覧ください。

ダウンロード アップロード
1回目 352.0Mbps 326.2Mbps
2回目 398.6Mbps 380.6Mbps
3回目 338.7Mbps 380.6Mbps
平均 363.1Mbps 362.4Mbps

メッシュWi-Fiのメリットは、まさにこれ!という感じで、劇的に環境が改善しました。

ささやん
ささやん
これで家中どこでも高速通信が可能になりました!

デバイスを23台接続して計測

最後に、合計23台のデバイスでYoutubeを再生した際の通信速度を計測しました。

結果はこの通り。

ダウンロード アップロード
1回目 282.3Mbps 255.1Mbps
2回目 358.8Mbps 255.1Mbps
3回目 348.7Mbps 259.9Mbps
平均 329.9Mbps 256.7Mbps

仕様では100台まで接続可能とのことなので、23台なんて余裕だったようです。

数値上の速度変化も誤差と言っていいレベルで、実際の動画再生でも遅延や停止することは一切ありませんでした。

通信速度計測のまとめ

Deco S7の通信速度計測結果
測定条件 計測結果(3回平均)
ダウンロード
1階 407.1Mbps
2階(メッシュWi-Fiなし) 11.1Mbps
2階(メッシュWi-Fiあり) 363.1Mbps
デバイス18台接続 329.9Mbps

Decoシリーズで実現できるメッシュWi-Fiは、Wi-Fi電波を拡張するにはもってこいの機能です。

Deco S7でもその性能を、如何に発揮できることが確認できたので、購入を迷っている人は是非参考にしてみてください。

また、通信の速度面でWi-Fi5って大丈夫?と思っている人でも、安心しておすすめできる製品です。

TP-Link Deco S7 に思うこと

実用性は十分あるDeco S7ですが、1点だけ気になるところがあります。

それは「IPv6 IPoEに対応していない」こと。

そろそろWi-Fi6Eが解禁され、数年後にはWi-Fi7か?と言われている昨今、Wi-Fi5の製品を出すなら是非!!対応して欲しかったというユーザーは多いと思います。

ささやん
ささやん
経験上、IPv6の効果は目を見張るものがあるので、これは欲しかったなぁというのが本音です。

とは言え、Deco S7を検討する人の多くは、広範囲のネットワーク環境が欲しいというのが最大の目的ですよね。

その点は十分に納得できる機種なので、安心して購入して良いでしょう。

TP-Link Deco S7|レビューまとめ

以上、TP-Link Deco S7のレビューでした。

まとめると、Deco S7はWi-Fi5対応のメッシュWi-Fiルーターです。

Deco M5の後継機種で、通信性能が大幅にパワーアップしました。

この記事で紹介した通り、通信速度は実用では十分な性能を誇り、Wi-Fi拡張の性能をピカイチです。

  • Wi-Fiエリアを大幅に拡張したい
  • Wi-Fi6が必須ではない

そして、コストをなるべく抑えたい人にとってベストバイなWi-Fiルーターだと思います。

TP-Linkの中でもDecoシリーズは、僕が最もおすすめしたい製品なので、ネット環境に困っている人は是非試してみてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

Decoシリーズの関連記事
【Deco X50レビュー】2022年最高傑作か!?LANポートが3つあるWi-Fi6対応メッシュWi-Fiルーター!どうも、ささやんです。 この記事では、TP-Linkから発売されているメッシュWi-Fiルーター「Deco X50」のレビューを書...
TP-Link Deco X20
【TP-Link Deco X20 レビュー】Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーターを徹底的に速度計測!【AX1800】本記事は「TP-Link メッシュWi-Fiルーター Deco X20」の特徴や通信速度を解説しています! 今まで...
Deco M5
【TP-Link Deco M5レビュー】低コストで買えるメッシュWi-Fiルーターのエントリーモデル!通信速度はどうか?こんにちは。ささやんです。 この記事では、いま話題のメッシュWi-Fiルーター「TP-Link Deco M5」についてレビューし...
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。