Wi-Fiルーター

【Archer AX23レビュー】コスパ最強クラス!IPv6 IPoE対応のWi-Fi 6ルーター

どうも、ささやんです。

この記事では、TP-Linkから発売されているIPv6対応のWi-Fi6ルーター「Archer AX23」のレビューを書いていきます。

Archer AX23は、様々なWi-Fiルーターがある中で、高コスパの代表格と言えるモデルです。

既に発売されているArcher AX55との違いにも触れているので、どちらを買おうか悩んでいる人も参考にしてみてください。

archerax23-4
Photo taken with Focos
Photo taken with Focos
archerax23-7
archerax23-5
archerax23-6

previous arrow
next arrow

※本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
※本記事で掲載している価格表記は2022年2月6日時点のAmazon販売価格(7,800円)を参考にしています。→Amazon販売ページはこちら

TP-Link Archer AX23の特徴

TP-Link Archer AX23 特徴

  • Wi-Fi6対応で最大1201Mbps(5GHz)&574Mbps(2.4GHz)の通信が可能
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
  • コスパに優れたモデル
  • TP-Link OneMeshに対応

TP-Link Archer AX23」は、Wi-Fi6IPv6 IPoEに対応したWi-Fiルーターです。

通信性能は、5GHzで1201Mbps、2.4GHzで574Mbpsに対応するデュアルバンド「AX1800」クラスに属しています。

先日発売された、Archer AX55よりも更に安価なモデルなので、お財布に優しい点が注目ポイントです。

スペック表
通信速度 5GHz:1201Mbps(802.11ax)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
ワイヤレス規格 Wi-Fi 6対応
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
プロトコル IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
IPv4
アンテナ 固定アンテナ×4
プロセッサー デュアルコアCPU
ポート ギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
暗号化 WPA/WPA2/WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
サイズ 260.2 × 135.0 × 38.6mm

 

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX23の外観

TP-Link Archer AX23」は、Wi-Fi6に対応したデュアルバンドのWi-Fiルーターです。

光沢がある部分とマットな部分にメリハリがあり、スタイリッシュな外観に仕上がっています。

本体から出ているアンテナは、それぞれ角度調節が可能で配置場所によって自在に向きを変えることが出来ます。

背面には各種インターフェースが搭載されており、左からWPS/Wi-Fiボタンとリセット、LANポートとWANポート、電源スイッチと電源アダプタ端子があります。

簡易NASを構築するためのUSB端子は搭載されていないので注意が必要です。

各種インターフェース
  • WPS/Wi-Fi
  • Reset
  • 最大1Gbps対応WANポート×1
  • 最大1Gbps対応LANポート×4
  • 電源スイッチ
  • 電源アダプタ端子

同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブル、説明書等です。

上位モデルのArcher AX55と比較してみると、ほんの少しだけArcher AX23の方がコンパクトですが大差ないという印象でした。

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX23の通信速度

Wi-Fiの通信速度を計測したので結果を載せておきます。

測定条件は以下の通りです。

  • 使用端末:iPhone SE(第2世代)
  • 回線環境:Nifty光1Gbps(IPv6)

通信速度の測定結果

わが家はコンパクトな2LDKのRCマンションです。

ささやん
ささやん
とは言え、電波の届きづらい魔のゾーン(No4)もあります^^;

ということで、場所を変えて通信速度を計測してみました。

Archer AX23 場所による通信速度計測計測した場所(1〜4)
測定結果
測定場所 ダウンロード アップロード PING
No.1 406.8Mbps 265.5Mbps 11
No.2 384.6Mbps 325.6Mbps 11
No.3 283.4Mbps 170.4Mbps 11
No.4 69.7Mbps 72.5Mbps 11

※数値はぞれぞれ7回計測した中央値を採用しています。

見てのとおり、比較的近距離(No1〜2)で通信する場合、上位機種のWi-Fiルーターに遜色ないほどの通信速度を保っていたので非常に快適にネットを使うことが出来ました。

近距離で使うなら、わざわざ高価なWi-Fiルーターを買わずとも、Archer AX23で十分と言える通信速度ですね。

一方で、他の記事でも書いていますが、1台構成のWi-Fiルーターでは、遠距離の速度減衰は弱点となります。そのため、No4では通信が少し不安定でした。

本体から遠い場所や電波障害が多い場所で通信する人は、メッシュWi-FiルーターやWi-Fi中継機の購入を検討した方が良いでしょう。

おすすめのメッシュWi-FiルーターはDeco X20です。

TP-Link Deco X20
【TP-Link Deco X20 レビュー】Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーターを徹底的に速度計測!【AX1800】本記事は「TP-Link メッシュWi-Fiルーター Deco X20」の特徴や通信速度を解説しています! 今まで...

Wi-Fi中継機なら、後付けで通信範囲を拡大できます。

【Wi-Fi中継器RE600Xレビュー】Wi-Fi電波の拡張で高速通信を実現!ブリッジモードならもっと爆速!TP-Linkから最新機種のWi-Fi中継器「RE600X」がリリースされました。 Wi-Fi性能を表すクラスは、昨年発売されたR...

Archer AX23とAX55を比較してみた

Archer AX55が手元にあるので、同環境で通信速度を比較してみました。

速度を計測した場所は、上記と同じです。

測定結果
測定場所 機種 ダウンロード アップロード
No.1 AX23 406.8Mbps 281.3Mbps
AX55 463.9Mbps 354.3Mbps
No.2 AX23 384.6Mbps 325.6Mbps
AX55 390.8Mbps 309.3Mbps
No.3 AX23 283.4Mbps 170.4Mbps
AX55 180.9Mbps 183.8Mbps
No.4 AX23 69.7Mbps 72.5Mbps
AX55 65.3Mbps 18.1Mbps

※数値は7回計測した中央値を採用しています。

どうでしょう。

Archer AX55の方が格上ですが、全体的にArcher AX23も善戦していると感じました。

スマホで動画視聴するという点で言えば、No.1で計測した「(AX23)406.8Mbps」と「(AX55)463.9Mbps」の差を感じることは、まずないはずです。

ささやん
ささやん
Youtubeはソッコーで再生できました!

また、距離が離れると(僕の環境では)何故かAX23の方が通信状況が良かった気がします。遠くなるほど性能差は小さくなるということかな〜と感じました。

いずれにせよ、通信エリアを考慮しないなら、Archer AX23は快適な通信環境を提供してくれることがわかったので良かったです。

↑目次へ戻る

Archer AX23を選ぶメリットとデメリット

価格が安い。Amazonで7,800円!

当ブログでは、様々なWi-Fiルーターを紹介してきましたが、その中でもArcher AX23は、最安値に分類される製品です。

2022年2月6日時点のAmazon販売価格は7,800円とお手頃価格になっています。

ささやん
ささやん
この値段なら、Wi-Fiルーターに予算をかけれない人でも、手が出しやすいのではないでしょうか。

ちなみに、TP-Linkのメーカー保証は3年あります。

つまり、単純計算で「本体7,800円÷保証期間36ヶ月=約216円/1ヶ月」で使うことができます。

プロバイダから旧式のWi-Fiルーターをレンタルしている人なら、通信速度でもコスト面でもArcher AX23に乗り換えたほうが良いので、購入を検討してみてはどうでしょうか。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応

以前まで、IPv6に対応したWi-Fiルーターというのは高価な製品が多かったのですが、今では安価なモデルでもバッチリ対応してくれています。

ささやん
ささやん
Archer AX23もその1つです!

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応することで、回線が混雑しやすい時間帯でも、その影響が少なくなり、常に安定した通信速度を保てるようになります。

簡単に理由を説明すると、IPv4で使うPPPoE方式では、網終端装置を経由するので時間帯によって極端に通信速度が落ちることがあります。しかし、IPv6(IPoE方式)では、網終端装置を経由せずに直接インターネットに接続できるため大幅に通信速度を改善するメリットがあります。

IPv6ではVPNが使えない!?対策あり。

リモートワークでVPN接続する場合に、v6プラスではうまく接続できない場合があるそうです。(僕はVPNを使わないので未検証です…)

以下、TP-Link公式サイトからの引用です。

インターネット接続タイプをv6プラスおよびDS-Liteに設定している場合、一部のVPNサービスに接続できません*。TP-Linkルーターを初期化してPPPoE接続で再設定を行ってください。
*今後の対応は現状ありません。
TP-Link 公式HP

見ての通り、VPNを使いたい場合はPPPoE接続が必要みたいなので注意しておきましょう。

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX23|レビューまとめ

以上、TP-Linkから発売された「Archer AX23」のレビューでした。

TP-Link Archer AX23は、手頃な価格帯でYoutubeなどの動画視聴をするには十分な性能をもったWi-Fiルーターです。

実際の通信速度の計測でも、最大406Mbpsもの高速通信ができたので間違いありません。

「予算をかけずにYoutubeなどの動画を快適に楽しみたい」と思っている人には、Archer AX23はおすすめですね。

また、標準でメーカー保証が3年もついてくるので、長く使いたい人も安心してください。

Amazonでは、タイミングによって10%OFFクーポンも配布しているので、是非チェックしてみてください!(2022年2月6時点で10%OFFあり)

以上、最後お読み頂きありがとうございました。

ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
《TP-Link》 新生活応援キャンペーン

期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品をご購入のうえご応募いただくと、抽選で合計200名様にギフトカード1万円分等が当たります!

<キャンペーン概要>

期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品をご購入いただいた方の中から、抽選で合計200名様にギフトカード1万円分等をプレゼント。

<応募受付期間>

2022年2月25日(金)~2022年5月8日(日)23:59

詳細はキャンペーンページで確認!