スマートホーム

【TP-Link Tapo P105レビュー】アレクサと相性抜群!家電を遠隔&スケジュール操作できるスマートプラグ

本記事は、TP-Linkのスマートプラグ「Tapo P105」のレビューを書いています。Amazon Alexa(アレクサ)と相性が抜群で設定がとても簡単。Tapoアプリも直感的に操作できるので手軽にスマートホームを導入したい人におすすめです。

ささやん
ささやん
Tapo P105はコンセントからの給電をスマホから管理できるようにするデバイスです。

スマートプラグは他社の製品を比較しても出来ることに大差ありませんが、TP-Link P105を選ぶべき理由はいくつかあります。

スマートプラグ選びに困っている人は、是非参考にして下さい。

こんな人におすすめ!
  • 家電を遠隔で操作したい人
  • 家電をタイマーで自動ONやOFFしたい人
  • スケジュール機能で家電の操作を生活スタイルに合わせたい人
  • Amazon Alexaでスマートプラグを操作したい人
あてはまる人は要チェック!

本記事はメーカー様から製品を提供していただき作成しています。

TP-Link Tapo P105の外観

Tapo P105」は、最もコンパクトな部類に入るスマートプラグです。

本体の前面には、差込口とLEDランプ(左上)があり、差込口の左側には極性を表す「N」という文字が印字されています。

ささやん
ささやん
LEDはTapoアプリで消すことができますよ!

左側には、電源(リセット)ボタンがあります。

プラグはブレードの幅が左右で異なっています。(極性を意識した設計)

そのため、極性に対応していないマルチタップへの挿し込みはできないので注意が必要です。

実際に壁のコンセントに設置してみました。

スマートプラグの中ではコンパクトな設計で、コンセントカバーよりも幅が小さいことに驚きました。

コンパクト設計なので、もう一方のコンセントも使用可能です。

サイドの電源ボタンを押せば、スマホがなくてもスマートプラグのON/OFFを切り替えれます。

付属品は説明書と本体のみと非常にシンプル。

本体をコンセントに差し込むだけなのでケーブルはありません。

TP-Link Tapo P105のスペック

わたしが持っている他社のスマートプラグ「SwitchBotプラグ」と比較してみました。

左:Tapo P105|右:SwitchBotプラグ
Tapo P105 SwitchBotプラグ
本体サイズと重量

少し小さい

「60 × 38 × 33(mm)」でコンセントを2口使える寸法。

少し大きい

「76 x 47 x 38(mm)」でコンセントを2口使える寸法。

無線通信

Bluetooth+Wi-Fi対応

初期設定時にスマホとWi-Fi接続が不要のためスムーズ。

Wi-Fiのみ対応

初期設定時にSwitchBotプラグ本体とWi-Fi直接続が必要。

最大負荷

1000W

1000Wを超えるドライヤーや炊飯器で使えないことがある。

1500W

高出力ドライヤーや炊飯器などの生活家電が使える。

消費電力モニター

なし

あり

Amazon Alexaとの連携

可能

Alexaアプリのセットアップで「Tapo」の専用設定があるので簡単。

可能

Alexaアプリの設定ではひと手間必要。(スキルの設定)

操作方法

専用アプリ

専用アプリ

価格

1400円

Amazonで見る

1980円

Amazonで見る

Tapo P105は、比較対象のSwitchBotプラグに対して最大負荷W数は小さいですが「コンパクト」「Bluetooth搭載」「Amazon Alexaとの相性抜群」「価格が安い」という点が強みとなっています。

ささやん
ささやん
特にBluetooth搭載とAlexa連携はわたしの一押しポイント。

Bluetoothの何が良いのかというと、スマホとの連携がとても簡単になるという点です。

他社製品でWi-Fiのみを搭載している製品だと「スマホのWi-Fi接続を解除→再度スマートプラグとWi-Fi直接続」という面倒な作業が必要になります。

一方で、Tapo P105はBluetooth経由でスマホと接続するので、そういった面倒なことを意識せずに設定を行うことが出来ます。

また、Amazon Alexaとの連携ではスキルの設定が必要ないので、すぐに設定を完了できました。詳しくは「Amazon Alexaと連携してみた」で。

↑目次へ戻る

TP-Link Tapo P105の使用感

操作アプリは使い勝手抜群

スマートプラグは操作するアプリによって使用感が左右されます。

TP-Linkのアプリは「Tapoシリーズ」を一括管理できるので、Tapo P105だけでなく、スマートカメラを使いたい人にも最適です。

TP-Linkの「Kasaシリーズ」は別アプリの管理となるので注意。

ささやん
ささやん
スマートホームガジェットはメーカーを絞ったほうが良いよ!

Tapo P105の操作は、アプリ一覧のスマートプラグをタップするだけで切替可能です。

スマートプラグの機能では「遠隔操作」が注目されがちですが、わたしが最も気に入っているポイントは「スケジュール機能」です。

Tapo P105はスケジュール操作に対応しています。

「睡眠時間になると加湿器をONにする」「月〜金の朝は6:30に卓上ライトをつける(目覚まし代わり)」など、自分の生活スタイルに合わせて家電を操作したい人におすすめの機能です。

ささやん
ささやん
スケジュールは複数個作れて「曜日・時間・操作内容」を自由に決めれます!

また、スケジュール機能に似た「タイマー機能」も搭載しています。

これはタイマー機能のついていない扇風機や暖房家電で活躍します。

おでかけモード」はライトと連携しておけば「ランダムに電源をON/OFF」してくれるので防犯対策に活躍しそうです。

スマートプラグはシンプルな機能がゆえに、他の製品と違いが現れにくいですが、Tapoアプリはとても使いやすい仕上がりになっていました。

Amazon Alexaと連携してみた

TP-Linkのスマートガジェットは、Alexaとの相性が抜群良い点が魅力です。

Alexaのスマホアプリでデバイスの追加画面にいくと「Tapo」という項目が出てくるのでタップすると簡単に設定することが出来ます。

設定を進めていくと、自分のTP-Link IDに登録しているデバイスが表示されるので、Alexaで音声操作したいものだけ選びましょう。

あとは、お決まりのセリフを言うだけ。

「アレクサ、寝室のプラグつけて」

ささやん
ささやん
Alexaとの親和性が高く設定が簡単なのでスマートホーム初心者でも使いこなせるはずです!

最大負荷1000W&消費電力モニター非搭載

Tapo P105が利用できる家電の最大負荷数は「1000W」です。

ドライヤーや炊飯器では1500Wを超える製品があるので、利用シーンをイメージしてから購入するようにしましょう。

ただスマートプラグが活躍するのは主に「電源を抜き差しすればオン/オフの切り替えができる家電」です。そういった家電で消費電力が大きい製品は少ないと思うのであまり気にする必要もないかなと思っています。

また、消費電力を計測する機能がTapo P105にはついていません。

接続した家電の消費電力をモニターしたい人は、違うスマートプラグを選択する必要があるので注意。

↑目次へ戻る

TP-Link Tapo P105|レビューまとめ

以上、「TP-Link スマートプラグ Tapo P105」のレビューでした。

Tapo P105を使ってみて感じたメリットは以下のとおりです。

Tapo P105を使ったメリット

  • コンパクト設計でコンセントを圧迫しない
  • Bluetooth搭載で設定が簡単
  • Amazon Alexaの設定がとても簡単
  • TP-LinkのTapoシリーズをアプリで一括管理できる
  • 値段が安いので多台数導入しやすい

「Bluetooth搭載」で初期設定が簡単なうえ「Alexaの設定も簡単」というのは他社製品と比較して優れていると感じました。

一方で、最大負荷が1000Wまでなので高負荷家電では使えないデメリットがあります。

しかし、Amazon Alexaとの連携がめちゃくちゃ簡単なので、音声操作をしたい人はTapo P105を選ぶ価値が大いにあると思います。

ささやん
ささやん
Tapoシリーズは(米)Amazonでもかなり売れた製品みたいなので、製品に対する信頼感もありますね。

スマートプラグやスマートカメラを使ってみたい人は、TP-LinkのTapoシリーズで揃えてみてはどうでしょうか。

【TP-Link Tapo C200 レビュー】子供やペットの見守りにおすすめ。スマホで見れる高画質ネットワークカメラ!この記事はTP-Linkのスマートカメラ「Tapo C200」のレビューをしています。実際に撮影した映像で画質のチェック、各種機能の紹介と感想を書いているので購入を検討している人は是非チェックしてみてください!AmazonアレクサやSynology NASとの相性も抜群なのでスマートホーム化におすすめのカメラです!...
↑目次へ戻る

ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。