Wi-Fiルーター

【Archer AX55レビュー】1万円以下でも十分な性能!コスパ抜群のWi-Fi6ルーター!IPv6にも対応。

どうも、ささやんです。

この記事では、TP-Linkから発売されているIPv6対応のWi-Fi6ルーター「Archer AX55」のレビューを書いていきます。

IMG_9136
IMG_9144
IMG_9139
IMG_9138
IMG_9140
IMG_9141
IMG_9142

previous arrow
next arrow

実際に2週間使ってみて、ネットや動画をサクサク楽しめるコスパ抜群のWi-Fiルーターでした。

僕自身、色々な性能のWi-Fiルーターを使ってきましたが『これで十分じゃない?しかも、1万円以下でしょ?』と思えるような製品だったので、コスパ優先でWi-Fiルーターを探している人は是非チェックしてみてください。

ささやん
ささやん
記事では、Archer AX55の特徴や実際に測定した通信速度を書いていきます。

※本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
※本記事で掲載している価格表記は2021年12月17日時点のAmazon販売価格(9,800円)を参考にしています。→Amazon販売ページはこちら

TP-Link Archer AX55の特徴

TP-Link Archer AX55 特徴

  • Wi-Fi6対応で最大2402Mbps(5GHz)&574Mbps(2.4GHz)の通信が可能
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
  • とてもコスパに優れたモデル
  • TP-Link OneMeshに対応
スペック
通信速度 5GHz:2402Mbps(802.11ax、HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
ワイヤレス規格 Wi-Fi 6対応
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
プロトコル IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
IPv4
アンテナ 固定アンテナ×4
プロセッサー デュアルコアCPU
ポート ギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
USB 3.0ポート×1
暗号化 WPA/WPA2/WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
サイズ 261.1 × 134.5 × 41.0mm

TP-Link Archer AX55」はWi-Fi6IPv6 IPoEに対応したWi-Fiルーターです。

通信性能は、5GHzで2402Mbps、2.4GHzで574Mbpsに対応するデュアルバンド「AX3000」クラスに属しています。

最新のハイスペックWi-Fiルーターと比べると性能面では控えめですが、その分、価格が安くなっているのが特徴です。

ささやん
ささやん
1万円で買えるのでコスパ抜群ですね!

現在販売されているWi-Fiルーターの中では、スペック・価格ともにミドルユーザー向けの製品なので「スマホとパソコンをハーフ&ハーフで使うよ」といったユーザーに向いています。

実際に速度検証した結果も、十分な性能を発揮していたので、安心してYoutubeやNETFLIXを楽しむことが出来ます。また、環境にもよりますが、ネットゲームも問題なくできる性能です。

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX55の外観

TP-Link Archer AX55」は、Wi-Fi6に対応したデュアルバンドのWi-Fiルーターです。

外観は僕が普段使っているArcher AX73よりもコンパクトでした。

本体から出ているアンテナは、それぞれ角度調節が可能で配置場所によって自在に向きを変えることが出来ます。

背面に各種インターフェースが搭載されており、左からWPS/Wi-Fiボタン、USB3.0、WANポートとLANポート、電源スイッチと電源アダプタ端子があります。

各種インターフェース
  • WPS/Wi-Fi
  • Reset
  • USB3.0×1
  • 最大1Gbps対応WANポート×1
  • 最大1Gbps対応LANポート×4
  • 電源スイッチ
  • 電源アダプタ端子

正面には、状態を知らせてくれるランプが搭載されているので「なんだかネットがおかしいぞ?」といったときに活躍します。

Wi-Fiルーターは、排熱をしっかりと行う必要があります。Archer AX55は、上面パネルがメッシュ状になっているので、熱い空気を外へ効率的に逃がす構造になっています。

同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブル、説明書等です。

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX55の通信速度

結論から言うと、Archer AX55は『平均326Mbps』の通信速度がでました。

ささやん
ささやん
ウチの環境はNifty光1Gbps(IPv6)です。

普段使っていたArcher AX73と比べて、どれくらい性能差があるか気になったので、それぞれの通信速度を比較をしてみました。(性能面ではAX73の方が格上です)

通信速度の測定結果
Archer AX55 Archer AX73
15時に測定 329.0Mbps 340.0Mbps
16時に測定 328.1Mbps 346.5Mbps
17時に測定 329.1Mbps 345.0Mbps
18時に測定 321.5Mbps 340.5Mbps
19時に測定 326.3Mbps 339.2Mbps
平均 326.4Mbps 342.2Mbps

結果は、Archer AX55よりも上位機種であるArcher AX73に軍配があがりましたが、Archer AX55も十分な通信速度を測定できました。

使用感についても、この記事執筆時点で約2週間使用していますが、特にトラブルなく安定して動作しています。先週の土日にはYoutubeを8時間も見ていましたがサクサク通信していました。(令和のトラにハマって毎日見てますw)

また、両機種の平均差「約15Mbps」は、普通にインターネットを使っていて体感できる程度ではないので、コストを抑えたモデルを探している人は、Archer AX55で満足できると思います。

ただし、たくさんのデバイスを接続する場合や、複数台での同時通信が多い人は、もう少し予算を捻出してスペックの高いWi-Fiルーター選んだほうが良いかもしれません。(Archer AX72やAX73がおすすめ

ささやん
ささやん
これらの機種には、通信速度だけじゃない部分にもスペック差があるので注意!

このクラスのWi-Fiルーターの役割としては、

  • Youtubeなどの動画コンテンツを不自由なく見れるか
  • パソコンでのweb検索はスムーズに行えるか

この2点が大切だと思いますが、Archer AX55は、これらを十分こなしてくれるルーターでした。少なくともweb検索や動画視聴を中心とした生活で不自由に感じることは無いでしょう。

↑目次へ戻る

Archer AX55を選ぶメリット・デメリット

価格が安い

Archer AX55を選ぶ最大のメリットは『価格』だと僕は思います。

2021年12月17日現在、Amazonでの販売価格は9,800円となっています。さらに、今なら5%OFFクーポンまで付いています。

1万円以下で手に入るので、Wi-Fiルーターにこだわりが無い人でも、気軽に高性能なWi-Fiルーターが購入できるのは大きなメリットです。

安かろう悪かろうではなく、最新のWi-Fiルーターを買うにあたり、欲しい機能は一式揃っているので、よくわからなくても安いならコレでいいやって思えるような製品です。

ArcherAX55の特徴一覧Archer AX55の特徴(Amazon販売ページより)

ほとんどの人はWi-Fiルーターのコストをできるだけ下げたいはずなので、必要な機能を網羅し通信性能もソコソコなArcher AX55は、ちょうどいい塩梅のWi-Fiルーターと言えます。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応

僕がWi-Fiルーター選びをするにあたり、今、最も重視しているのが『IPv6 IPoE』に対応しているかどうかです。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応することで、回線が混雑しやすい時間帯でも、その影響が少なくなり、常に安定した通信速度を保てるようになります。

簡単に理由を説明すると、IPv4で使うPPPoE方式では、網終端装置を経由するので時間帯によって極端に通信速度が落ちることがあります。しかし、IPv6(IPoE方式)では、網終端装置を経由せずに直接インターネットに接続できるため大幅に通信速度を改善するメリットがあります。

IPv6のイメージIPv6とIPv4のイメージ図
ささやん
ささやん
IPv6の威力は数々のWi-Fiルーターを通して体感しています!

Archer AX55は、このIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応しているので時間帯を気にせず快適にインターネットを使うことが出来ます。

※IPv6を使うにはプロバイダ側の契約も確認してください。

電波強度は普通

Wi-Fiルーターにとって、電波強度は非常に大切な要素です。

Archer AX55はというと、使ってみた限り『普通』というのが正直な印象です。

僕の経験上、Archer AX55に限らず、アンテナがたくさんついた1台設置型のWi-Fiルーターでは、通信範囲に限界があると感じています。

そのため、戸建て住宅等の広い家で使う場合は、Wi-Fi中継器が必須です。

TP-Linkからは簡単に設定できる「Wi-Fi中継器RE600X」が販売されているので、電波の弱い所があれば設置しましょう。

ささやん
ささやん
後追いで設置できるので、もしもの時に使えばOKです。

中継器の詳細レビューもしているので、気になる人はチェックしてください。

【Wi-Fi中継器RE600Xレビュー】Wi-Fi電波の拡張で高速通信を実現!ブリッジモードならもっと爆速!TP-Linkから最新機種のWi-Fi中継器「RE600X」がリリースされました。 Wi-Fi性能を表すクラスは、昨年発売されたR...

また、Wi-Fiエリア拡大を重要視する人には、ちょっとコストがかかりますが「Deco X20」のような、メッシュWi-Fiルーターがおすすめです。

TP-Link Deco X20
【TP-Link Deco X20 レビュー】Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiルーターを徹底的に速度計測!【AX1800】本記事は「TP-Link メッシュWi-Fiルーター Deco X20」の特徴や通信速度を解説しています! 今まで...

↑目次へ戻る

TP-Link Archer AX55|レビューまとめ

以上、TP-Linkから発売された「Archer AX55」のレビューでした。

TP-Link Archer AX55は、1万円を切る価格帯で、最大通信速度2402Mbps(5GHz時)と、ヘビーではないけどそこそこネットを使う人にとって、ジャストフィットなWi-Fi6対応ルーターです。

仮に、僕の親が「Wi-Fiルーター欲しい」と言ってきたら「とりあえずこれ買えば?」と、おすすめできるような製品なので、予算は1万円以下で過不足の無いスペックを求める人は是非使ってみて下さい。

以上、最後お読み頂きありがとうございました。

TP-LinkおすすめWi-Fiルーター
関連記事
【Wi-Fi中継器RE600Xレビュー】Wi-Fi電波の拡張で高速通信を実現!ブリッジモードならもっと爆速!TP-Linkから最新機種のWi-Fi中継器「RE600X」がリリースされました。 Wi-Fi性能を表すクラスは、昨年発売されたR...
【Archer AX4800レビュー】AX73との違いは?デザインや速度を比較してみた。どうも、最近、Wi-Fiルーターの購入相談をめちゃくちゃ受けるささやんです。 この記事では、TP-Linkから販売されているIPv...
【Archer AX73レビュー】速さ検証!IPv6が使えるTP-LinkのWi-Fi6ルーター!IPv4との差は歴然だった。どうも、ささやんです。この記事では、TP-Linkから発売されたIPv6 IPoE対応のWi-Fiルーター「Archer AX73」につ...
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
関連記事