スマートホーム

【TP-Link Tapo L530Eレビュー】マルチカラー対応のスマートLEDランプ|アレクサ音声操作にも対応

どうも、スマートリモコンスマートプラグをいろいろな場所に取り付けているささやんです。

スマートホーム化には欠かせないアイテムのひとつがスマートランプ

自宅にある普通の電球と交換するだけで簡単に自宅をスマートホームにしてくれる便利アイテムです。

実は、わたしはこれまで使ったことがなかったのですが、使ってみるとびっくり。

ささやん
ささやん
スマートリモコンで照明制御をするよりもこっちの方が断然ラク!

今回は、そんな手軽にスマートホーム化を実現できる「マルチカラー対応 TP-Link Tapo L530E」を紹介していきます。

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

TP-Link Tapo L530Eの特徴

TP-Link Tapo L530E 特徴

  • E26のソケットに装着可能な多機能ランプ(Wi-Fi環境必須)
  • スマホから全ての操作ができる。
  • 必要な物はWi-Fi環境とスマホだけ。
  • 明るさや色温度を細かく調整できる。
  • マルチカラーで好みの色に変更できる。
  • 音声操作に対応。
  • タイマーやスケジュールを設定可能。
スペック
口金サイズ E26
寸法 114 × 60 mm
寿命 22.8年(例:1日3時間利用)
明るさ 806ルーメン
色温度 2,500 K~6,500 K
Wi-Fi 2.4 GHz Wi-Fi
その他 調光対応、マルチカラー対応、音声操作対応

↑目次へ戻る

TP-Link Tapo L530Eの外観

TP-Linkの「Tapo L530E」は、マルチカラー対応のスマートLEDランプです。

スマートランプというと何やら良くわからないものに聞こえますが、多機能なE26型電球のことです。

特別な電源やデバイスは必要なくE26に対応したソケットに挿入すれば使うことができます。ただし、Wi-Fi環境だけは必要なので注意。

↑目次へ戻る

TP-Link Tapo L530Eの初期設定

Tapo L530Eは、Wi-Fi環境さえ整っていれば専用のスマホアプリだけで設定と操作ができます。

ささやん
ささやん
スマートハブや特別なパーツは必要ありません!
TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

TP-LINK無料posted withアプリーチ

設定の手順を簡単に紹介しておきます。

Tapo L530Eの初期設定
  • STEP1
    デバイスを選ぶ

    まずは、Tapoアプリをインストールしてデバイスの選択をします。

  • STEP2
    Tapo L530Eを設置する

    下のような画面が表示されたあと、Tapo L530Eを設置し「次へ」をタップします。

  • STEP3
    電源をつける

    「Tapoデバイスの電源を入れます」と表示されますが、照明のスイッチをオンにすればOKです。

  • STEP4
    Tapo L530EにWi-Fiで接続する

    スマホのWi-Fi設定から「Tapo_Bulb_◯◯」に接続します。

  • STEP5
    自宅のWi-Fiに接続する

    自宅のWi-Fiに接続します。

  • STEP6
    デバイスに名前をつける

    デバイスの名称をつけます。ここで設定した名前が「音声コントロール」の呼びかけに使われるので、シンプルな名前にしましょう。

  • STEP7
    設定完了

    以上で設定完了です。

初期化方法

設定を最初からやり直したい時は、照明の電源を「3回連続オン・オフ」繰り返して下さい。3回目のオンでTapo L530Eが点滅すれば再設定できます。

↑目次へ戻る

TP-Link Tapo L530Eを使ってみた

明るさと色温度の調整はお手の物

Tapo L530Eは「明るさ/色温度/カラー/タイマー」など、普通の電球では出来ない操作をスマホアプリから行えるので、それぞれチェックしていきましょう。

ささやん
ささやん
わたしは吊り下げ型のライトに取り付けてみました!

全ての操作は「スマホのTapoアプリ」から行います。

明るさを変えたいときは、アプリの電球部分を上下にスライドします。

0〜100%まで調節できるので、ライトがまぶしくて困るなんてことはありません。

また、色温度も調整でき、リビング・書斎・寝室など空間に合った色温度にできます。

明るさは最大806ルーメンなので、廊下やトイレほどの広さであれば申し分ない明るさです。また、リビングのような広い部屋で全体を照らすことはできませんが、ポイント照明としては十分な光量でした。

寿命に関してはLEDで長寿命です。メーカー仕様では22.8年(例:1日3時間利用)とのこと。

計算してみると「3時間×365日×22.8年=24,966時間」の点灯が可能ということですね。

ささやん
ささやん
点灯時間を気にする必要はなさそうです。

多彩なカラーバリエーションを実現

Tapo L530Eは、マルチカラーに対応しているので明かりを好みの色に変更することができます。

アプリにはプリセットで5つのカラーが設定されているので、タップして色を変えます。

それぞれ試してみると、色鮮やかな発色で幻想的な空間を演出できました。

一般家庭でカラフルなライトを使うか?と言えば、そうそう使わないと思いますが、誕生日会やパーティーなどのイベントで使うには、非日常感を演出できておもしろいですね。

ささやん
ささやん
子供が喜びそう!

さらに、プリセット以外の色も「自由」に調整することができます。

色の変更は、プリセットのカラーをタップして、下のようなカラーチャートで変更します。

色の変化は自動切替えも可能なので、それこそパーティー仕様にすることもできますね。

ささやん
ささやん
パーティーピーポーの人は是非試して下さい!
Tapo L530E 自動切り替え(ゆっくり)ゆっくり色を切り替え
Tapo L530E 自動切り替え(瞬時に切り替え)1秒ごとに色を切り替え

音声コントロールが使える

さて、ここで話を変えて日常生活で便利な「音声コントロール機能」を紹介します。

Echo Show 5
【Amazon Echo Show 5 レビュー】1万円以下で買える液晶付きスマートスピーカースマートホーム化にむけて、今更ですが、Amazonの「エコーショー5」を購入しました。 これが思った以上に便利だったので技術の進化...
ささやん
ささやん
わたしはAmazon Echo showで設定してみました!
音声コントロールでできること
  • ライトのオン/オフ
  • 明るさの変更
  • 色の変更

明るさの調整をしたい時は「アレクサ、●●の明るさを◯%にして」といえば、好みの明るさに変更できます。

色の変更も同様で「アレクサ、◯◯を赤色にして」と言えばOK。

ささやん
ささやん
いちいち電源スイッチまで動かなくても、照明の操作ができるのでとても便利です!
アレクサの設定方法
  • STEP1
    ホーム画面

    ホーム画面から右下の「私」をタップ。

  • STEP2
    音声コントロール

    上のメニューから「音声コントロール」をタップ。

  • STEP3
    アレクサを選ぶ

    今回は「Amazon Alexa」を選択。GoogleHomeを使う人は「Googleアシスタント」を選びましょう。

  • STEP4
    アカウントの連携

    AmazonアカウントとTP-Linkアカウントを紐付けします。(TapoスキルをAlexaアプリで有効にしておく必要があります)

  • STEP5
    設定完了

    これで音声操作ができるようになりました。

細かな機能(スケジュール・タイマー・おでかけモード)

Tapo L530Eには、スケジュールやタイマー機能が搭載されています。

オン・オフの制御を細かく設定できるので生活スタイルに合わせることができます。

また、タイマー機能やランダムにオン・オフの制御ができる「おでかけモード」も搭載しているので、外出時の防犯に使うこともできます。

注意!

照明自体の電源スイッチを切ってしまうと、Tapo L530Eも切れてしまうので、これらの機能を使う場合は、大元の電源はオンのままで使いましょう。

↑目次へ戻る

TP-Link Tapo L530E|レビューまとめ

以上、「TP-Link マルチカラーランプ Tapo L530E」の使用レビューでした。

  • E26対応ソケットに装着可能な多機能ランプ(Wi-Fi環境必須)
  • 明るさや色温度を細かく調整できる。
  • マルチカラーで好みの色の明かりに変更できる。
  • アレクサやGoogleアシスタントの音声操作に対応している。
  • タイマーやスケジュールを設定可能。

ハブ不要でスマホとWi-Fiがあれば、E26対応ソケットに取り付けるだけでスマートホームが出来上がります。

普段は調光可能な多機能ランプとして使い、イベントのときはマルチカラー機能を存分に活用して、空間を非日常に変化させることができます。

遊び心をくすぶる面白いランプなので、是非試してみて下さい。

以上、参考になれば嬉しいです。

関連記事
【TP-Link Tapo P105レビュー】アレクサと相性抜群!家電を遠隔&スケジュール操作できるスマートプラグ本記事は、TP-Linkのスマートプラグ「Tapo P105」のレビューを書いています。Amazon Alexa(アレクサ)と相性が抜群...
【TP-Link Tapo C310レビュー】高画質で防水のネットワークカメラ|実際の映像・設置方法・注意点どうも。ささやんです。 みなさんはネットワークカメラを使っていますか? ヒーターの見える位置やエアコンの見える位置に...
【TP-Link Tapo C200 レビュー】子供やペットの見守りにおすすめ。スマホで見れる高画質ネットワークカメラ!この記事はTP-Linkのスマートカメラ「Tapo C200」のレビューをしています。実際に撮影した映像で画質のチェック、各種機能の紹介と感想を書いているので購入を検討している人は是非チェックしてみてください!AmazonアレクサやSynology NASとの相性も抜群なのでスマートホーム化におすすめのカメラです!...
【TP-Link Kasaカメラ Pro KC120 レビュー】滑らかな動画を撮影できる高性能スマートカメラKasa KC120は1万円を切る価格帯で、フルHD(1080p@30fps)で動画を記録できる他、ナイトビジョン、動体&音声検知、スケジュール機能など、スマートカメラに必要な機能を高水準な性能で備えています。首振り機能(パン・チルト)が非搭載な点は弱点ですが、カメラのデザイン性、30fpsのなめらかな映像、音声検知といったハイスペックなところに魅力を感じる人におすすめできます。...
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。