ガジェット

【スマートホームへの道】SwitchBot Hub Miniで赤外線リモコン統一。リモコンがある家電をスマホ操作できるぞ。

「アレクサ 電気消して」
「OK Google、エアコンをつけて」

と、家電を音声で操作するシーンを良くCMで目にしますよね。

すごく便利そうだけど、どうやってやるの?という方は多いのではないでしょうか。私もその一人でした。

今回は「SwitchBot Hub Miniを使って「家電の赤外線リモコンをスマホに統一」に挑戦してみました。

外出先から操作をするためには、Google Assistant、Amazon Alexa、IFTTTへの連携が必要です。

スマートリモコン「SwichBot Hub Mini」

SwichBot Hub Miniは、スマホから家電をコントロールできるようにするデバイスです。

switchbot hub mini

赤外線リモコンの赤外線を記憶して、同じ赤外線を出せるのがスマートリモコンの特徴で、登録さえすればスマホから家電を操作できるようになります。

Wi-Fiに接続してスマホから操作をするので、必ず自宅のネットワークWi-Fi環境を整えましょう。

SwichBotシリーズに、スマートリモコンは2機種あります。

実はこの2機種の機能は同じで、発光するかしないかだけの違いのようです。

私は発光しない「SwitchBot Hub mini(ハブミニ)」を購入しました。

switchbot hub mini

サイズはとても小さく、手のひらサイズです。

壁面に画鋲か両面テープで設置します。

switchbot hub mini

要注意ポイントとして、同梱物にケーブルはあるのですが充電機が付属していません。事前に準備しておきましょう。

使い勝手のいいAUKEYのUSB充電器も安くておすすめ。

switchbot hub mini

micro-USB端子の「5V-1A」で動作するので、古いスマホ用の充電器でも問題ないでしょう。

switchbot hub mini

私はiPhoneの純正充電器を接続しました。

switchbot hub mini

本体には上部にひとつボタンがあるのみで、スマホに接続後は全てスマホアプリで操作を行います。

SwichBot Hub Miniで設定した家電たち

さて本題です。さっそく家電を接続してみましょう。

わが家では寝室に設置しました。

設定した家電は以下の通り。

  • シーリングライト(照明)
  • 加湿器
  • エアコン
  • テレビ
  • 扇風機

登録後は、アプリ上で一覧表示されます。

switchbot hub mini

名前は自由にカスタマイズすることができるので、同じような家電が増えた場合も問題ありません。

switchbot hub mini

操作したい場合はタップすればそれぞれのリモコンが表示されます。

存在しない機能も表示されていますが、その部分はタップしても反応しません。

switchbot hub mini

これで、ごろごろしながらスマホから

「照明を消すこと」「加湿器をつけること」「エアコンをつけること」などを行うことができるようになりました。

登録は少し面倒

家電をアプリに登録する際は、

  • メーカーを選んで家電の型名を選択
  • リモコンの赤外線を個別に記憶

から、選択して行います。

全メーカーに対応しているわけではないのでその場合はリモコン学習をさせて赤外線を記憶させなければいけません。

設定方法は公式ページが詳しく書いてくれているので、購入後はこちらからご覧ください。

SwitchBot公式サポートぺージ

温室度計と連携も可能

SwitchBot Hub miniにはセンサーがついていません。

別売りのSwitchBot温湿度計と連携すると、温度・湿度をトリガーにして家電を操作できます。

アレクサ、Googleアシスタント、Siri対応

音声操作との連携ももちろん可能です。

今回は、音声連携しませんでしたが、今後はAmazonのalexaシリーズと連携していく予定です。

SwichBot Hub Miniを設置しての感想

スマートホーム計画

とにかく便利の一言に尽きます。

スマホ依存症の私は、家の中のどこへいくにもスマホ片手に移動をします。

どこにいても家電を操作できるので、小さな面倒を何度も解決してくれています。

リビングから寝室の電気を消したり、消し忘れたエアコンを消すことだけで、劇的に生活が変化するわけではありませんが、

満足1+満足1+満足1…=大満足

という感じで、積み重ねで満足度が上がっている感じです。

SwichBot Hub Miniでスマートホーム化|まとめ

以上、家電をスマホで操作できるようになるスマートリモコン「SwitchBot Hub mini(スイッチボット ハブミニ)」の紹介でした。

switchbot hub mini

赤外線リモコンは家電に赤外線が届くところに置く必要がありますが、SwitchBot Hub Miniはシンプルなデザインなので、どんな部屋でも自然に設置できます。

これ1台あれば、様々な赤外線リモコン対応の家電をスマホから操作することができるようになります。

値段も安いので是非お試しください。

Echo Show 5
【スマートホームへの道】Amazonエコーショーが想像以上に賢かった。もう手放せない朝の相棒になりました。スマートホーム化にむけて、今更ですが、Amazonの「エコーショー5」を購入しました。 これが思った以上に便利だったので技術の進化...
switchbot プラグ
【スマートホームへの道】SwitchBot プラグでコンセントを遠隔操作!コンセントさすだけの簡単設置。 皆さんは、こんな不安がよぎったことはありませんか? 玄関を出てから、1度、2度と戻って確認しています。 私ほど心配性...
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする