MacBook

【MacBook Air 2020 バッテリー持ちの検証】1日使い倒して、バッテリー残量はどうなったのか?

MacBook Air は、MacBookシリーズの中でも薄型でモバイルPCとしての位置付けです。

私はこのMacBook Air 2020をメインPCとして毎日利用しています。

主な用途

  • Officeソフト(Excel / Word)
  • (仕事で)ウェブサービス
  • 画像編集やプチ動画編集
  • ブログ執筆

コンセントが1日中ない状態に陥ったことがないので、どれくらいバッテリーが持つのか不明だったので検証してみることにしました。

今回は、MacBoo Air 2020を1日充電せずに利用したときに、どれだけ持つのか確かめてみたいと思います。

私のMacBook Air 2020の設定や条件

具体的な検証の前に、
簡単に私のMacBook Airの設定条件や常時起動していたアプリを確認します。

  • ウイルス対策ソフト常時稼働(eSET)
  • ディスプレイの輝度:終日70%程度
  • キーボードのバックライト点灯
  • Wi-Fi / Bluetoothマウス 常時使用
  • 自動スリープまで10分で設定
  • Dropbox / OneDrive常時起動
  • Popclip / CopyPasta / Magnet / FirstSpeed Calender / タブメモ

作業内容に関係なく、バックグラウンドで稼働していたアプリはこれくらいです。

MacBookを使う人ならばどれもメジャーなものだと思うので参考にしてみてください。

MacBook Air 2020を1日使ったバッテリーの減り具合

それでは、実際に1日作業をしたバッテリーの減り具合を時系列にみていきましょう。

(1)12時53分 喫茶店到着【残量:100%】

自宅でMacBookを満充電にして外出です。

移動中にMacBook Airの電源は落とさず、スリープ状態にしています。
スリープ状態の移動で、バッテリー残量が減ることはほぼないので、現地に到着した時の残量も100%のままでした。

ここから、まずはブログ執筆の作業を開始していきます。

作業後のバッテリー状況
経過時間 0時間
減量 0%
残量 100%

(2)15:06 ブログ執筆作業(前半)終了【残量:84%】

作業開始から、約2時間後。
休憩なしでひたすらWordpressを使ってブログ執筆をしていました。

この間、5分ほどAffinity Designer を使いましたが、それ以外はウェブブラウジングと文字入力のみです。

2時間ぶっ続けで作業をして「16%減」は優秀と言えると思います。

それから、スリープモードにして別の場所へ移動しました。

ちなみに、普段は喫茶店やオープンスペースで充電ができるときは必ずコンセントにつないで作業をしています。
いざというときに、バッテリー切れになると大変なので、できるときに充電をモットーにしています。

持ち運び用の充電器でお勧めなのが「Anker Anker PowerPort Atom III Slim」や「RAVPower RP-PC120」が小型でApple純正よりも小型で軽量なのでおすすめです。

作業後のバッテリー状況
経過時間 2時間
減量 16%
残量 84%

(3)17:55 ブログ執筆作業(後半)終了【残量:39%】

場所を移動して、またまたブログ執筆です。

今回は、トイレ休憩やコーヒータイムを挟みながら、約3時間の作業です。
この間、別件でExcelとwordを使った作業を1時間ほど行っていました。

バッテリー減量は「61%(残量は39%)」と半分以上を消費。
そろそろ残量を気にしながら作業をする必要がありますね。

改めて、
これまでの約5時間は、

  • ブログ執筆
  • ウェブブラウジング
  • Excelとword

の3つをメインに作業を行ってきました。

ひとまず、ブログ執筆を中心とした、文字入力作業は終わりです。

作業後のバッテリー状況
経過時間 5時間(合計)
減量 61%
残量 39%

(4)22:10 本業の仕事終了【残量:5%】

本業の仕事が夕方から開始されて、おおよそ2時間が経過した頃。

ついに、バッテリー残量が「5%」となりました。

残量39%の18時ごろからは、ずっとブラウザベースのシステムを利用した作業を行っていました。実際、ウェブブラウジングと同じようなものです。

また、作業をせずに待機させていた時間が半分くらいあったかと思います。

0%までやり切ろうかとおも思いましたが、本業に差し障りが出るので、検証はここまでで充電器に接続しました。

ここまでの経過時間は「7時間」。
個人的には十分な時間ですね。

作業後のバッテリー状況
経過時間 7時間
減量 95%
残量 5%

【MacBook Air 2020】1日充電せずに使ったまとめ

以上、MacBook Air 2020を充電せずにどれだけ使用できるかの検証でした。

経過としては、

  1. 作業2時間(残量84%)
  2. 作業3時間(残量39%)
  3. 作業2時間(残量5%)

合計7時間で95%消費

ということで、おおよそ7時間程度充電せずに利用することができました。

作業内容としては、

  • ウェブブラウジング
  • ブログ執筆(文字入力作業)
  • wordとExcel資料作成

といった軽めの作業がほとんどです。

Youtubeなどの動画を視聴したり、動画編集を行えばもっと消費電力は大きくなるので、外出時に高負荷の作業をする人は、モバイルバッテリーや高速充電器を持っておくことをお勧めします。

モバイルバッテリーでは、MacBook Air 程度のノートPCならば、RAVPowerが販売している「RAVPower RP-PB186」がおすすめです。

割と柔軟に色々と作業をしたい人は、バッグに1台装備しておきましょう。

【レビュー】ミドルクラスの決定版!10000mAhで世界最小軽量クラスのモバイルバッテリー RAVPOWER RP-PB186モバイルバッテリーといえば、今では1人1個は持っているくらい人気のアイテムです。 今回は、性能とサイズのバランスがとれたモバイルバ...
Anker PowerPort Atom III Slim
【レビュー】MacBookも充電可能。超コンパクト充電器「Anker PowerPort Atom III Slim 」GaN採用で世界最薄の最大30W出力USB-C対応こんにちは!最近Apple製品の良さを痛烈に再認識し始めたささやんです! 今までは、小型で2ポート搭載の高速充電「RAVPower...
MacBookにお勧めの厳選アイテムをチェック
MacBookおすすめグッズ
【2020年まとめ】MacBook Air(Pro)におすすめの周辺機器&アクセサリ|厳選10アイテムこんにちは。Macユーザーに7年ぶりに返り咲いたささやんです。 現在使用しているMacBookは、2020年3月に発売されたMac...
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする