商品レビュー

コンセントの遠隔操作でヒーター(家電)の消し忘れが解決。「SwitchBotプラグ」をレビュー!

switchbot プラグ

外出した後に「ヒーターの電源きったかな?」と不安がよぎったことはありませんか?

私は、玄関を出てから1度2度…と戻って確認することが良くありました。

今回は、そんな不安を一発で解決してくれるデバイス「SwitchBot プラグ」の紹介です。

switchbot プラグ

家電を自動でONにしたい人」や「消し忘れが多い人」は、生活が快適になるデバイスなので是非チェックしてみて下さい。

他のスマートホーム関連の記事
created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

スマートプラグ「SwitchBot プラグ」ってなに?

SwitchBotプラグは、電化製品のコンセントとつなぐことで、電源のオン/オフをスマホから遠隔操作できるようにするデバイスです。

SwitchBotイメージ出典:SwitchBot公式ページ

SwitchBotプラグ本体とスマホがあれば、他の周辺デバイスなしで使用可能できます。

ただし、自宅にWi-Fi環境が整っていることが前提となります。

switchbot プラグ

電源ON/OFFの切り替えは、物理的に「電流を流したり」「止めたり」する制御をSwitchBotプラグがしてくれることで実現しています。

そのため、すべての家電に適しているわけではありません。

ささやん
ささやん
詳しくは次の見出しの「SwitchBot プラグの活用例」で紹介しますね。

SwitchBotプラグの外観デザイン

サイズ(76mm×38mm×46.6mm)で「横長タイプ」になります。

SwitchBotプラグ外観SwitchBotプラグ外観

設置はとても簡単で、コンセントにSwitchBotプラグをさすだけ

switchbot プラグ

取り付け後は、スマホからWi-Fi設定を行い、家電のコンセントをさせば準備完了です。

同じような商品は、様々なメーカーから販売されていますがSwitchBotプラグの特徴は、他のコンセントプラグと干渉しにくい点です。

switchbot プラグ

横長デザインは、SwitchBotを使うメリットのひとつでもあります。

ささやん
ささやん
2口のコンセントを無駄にせず利用できますよ。
created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

SwitchBot プラグの活用例

SwitchBot プラグは、家電によって目的が変わるデバイスです。

  • アナログ式の家電…ON/OFF両方の活躍に期待
  • デジタル式の家電…スケジュール設定を使ったOFF機能に期待

ON/OFF両方の活躍に期待

ダイヤルをひねるだけの家電」や「コンセントにさすだけの家電」は、SwitchBotプラグと相性バツグンです。

わが家では、ダイヤル式のヒーターと接続して活用しています。

ダイヤル式ヒーターの活用例

  • リビングに設置したヒーターを寝室からスマホで電源ONにする。
  • 寒いリビングを暖かくするために、朝6:30に自動ONにする
  • 消し忘れ防止のために、朝9:00になったら自動OFFにする
ささやん
ささやん
どうです?ヤバくないですか?(語彙力…)

このようなヒーターの場合、900Wや1200Wにダイヤルスイッチをいれたまま、SwitchBot プラグを接続していれば簡単に使えるようになります。

遠隔での温度設定はできませんが、ON/OFFできるだけでも十分に便利な生活を手に入れることができます。

その他、次のような家電と組み合わせると便利です。

ON/OFF機能を使えるおすすめ家電

  • 電気毛布
  • トースター
  • 簡易加湿器
  • 扇風機(ボタン式)
  • 卓上ライト
ささやん
ささやん
冬物家電とは相性が良い気がするので、生活スタイルに合わせて利用してみましょう!

山善 遠赤外線カーボンヒーター 最大1200Wオススメ!

スケジュール設定のOFF機能に期待

SwitchBotプラグは、デジタル式で操作する家電は少し苦手です。

例えば、「TaoTronics TT-DL13」という卓上ライトでは「自動OFF機能」に注目した使い方が中心となります。

Tao Tronics TT-DL13点灯させるためには操作が必要

このライトは点灯させるためには、コンセントに接続した後、タッチセンサー式のダイヤルを操作しなければいけません。

SwitchBotプラグの役割は「コンセントから家電に電気を流す」という所までなので、点灯までの制御は行なえません。

ささやん
ささやん
だから「OFF」の機能に注目ってことか〜。

その他だと、次のような家電はOFF機能に期待すべきです。

OFF機能で活躍する家電

  • テレビ
  • エアコン
  • デジタル操作の扇風機
  • 石油ファンヒーター
  • パソコン

長年SwitchBotプラグを使ってきた感想としては、スケジュール機能を利用した自動OFFはいろいろな場面で活躍します。

消し忘れ防止という目的ならほとんどの家電で利用できると思うので、是非使ってみて下さい。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

SwitchBot プラグの操作

それでは、SwitchBotプラグの利用シーンがわかったところで、使い方を紹介していきます。

Switchボットシリーズは、全て専用のアプリを利用して設定や操作を行います。

ささやん
ささやん
初期設定は、画面に従えば簡単にできるので省略しますね。

スマホからの手動ON/OFFは、次のようにアイコンをタッチするだけで行えます。

switchbot プラグ

また、この記事で繰り返し紹介してきた「スケジュール機能」もアプリから設定できるので「スケジュール」の文字をタップしてみましょう。

switchbot プラグ

すると、下のような画面が表示されるので、「時間」「繰り返す日付」「実行内容」を選択してください。

switchbot プラグ

スケジュール機能でできること

  • 何時何分に操作を行うか?
  • 実行する曜日はいつか?
    (日付指定はできません)
  • 操作はON?OFF?
ささやん
ささやん
私は、毎朝8:00に電気毛布がOFFになるよう設定しています。

OFFにした後→次はONにしたい」という場合は、複数のスケジュールを作っておけば対応できます

ONとOFFのスケジュールを入れる場合

  1. 【設定1つ目】朝8:00に電気毛布をOFFにする。
  2. 【設定2つ目】夜23:00に電気毛布をONにする。

これで「朝になると消し忘れ防止のOFFにが発動」し、「夜になると布団を温めてくれるONが発動」します。これを全部自動でやってくれるのですから感動です。

ちなみに、コンセントと接続するため、消費電力も計測してくれています。

switchbot プラグ
ささやん
ささやん
エコな生活を目指す人には嬉しい機能だね。
created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

家電の遠隔操作に最適「SwitchBotプラグ」|まとめ

以上、家電をスマホからON/OFFできるデバイス「SwitchBotプラグ」の紹介でした。

switchbot プラグ

SwitchBotプラグの活用シーンをまとめると次の通り。

  • 家電の消し忘れ防止のためOFF機能を使う。
  • 自分の生活スタイルに合わせてON機能を使う。

特に「消し忘れ防止」という点では、コンセントを使うすべての家電で活用することができます。

「手動で家電の操作が面倒な人」や「空調家電などの消し忘れ」が多い人は、生活が大きく変化するデバイスなので、使ってみてはどうでしょうか。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonギフト券チャージAmazonギフト券付与ポイント

詳しい使い方はこちらをチェック!

Amazonギフト券の詳細

Apple製品でも最大2.5%のポイント還元!