Apple

【比較】Apple Watch SEとApple Watch 6はどっちが良い?【結論「SE」推し】

2020年のApple Watchは「Series 6」と価格を抑えた「SE」が発売されました。

Apple Watch Series 6は、2020年の最新モデルで「血中酸素濃度の計測」ができるなど新機能が使える魅力があります。

一方で、Apple Watch SEは、これまでのAppleWatchシリーズの総まとめのような機種で、Series 6より価格が13,000円も安くコスパが良いのが特徴です。

Apple Watch SEの個別レビューはこちら

この記事では、Apple Watch 6とApple Watch SEの違いについて比較しつつ、どちらがお買い得かを紹介していきたいと思います。

比較用のApple Watch 6は友人から借りてきました。

Apple Watch 6とSEのどっちを買うべきか?

Apple Watch SEApple Watch SE

この記事の結論としては、次のとおりです。

おすすめはApple Watch SE!

  • LINEの通知をApple Watch で受け取りたい人
  • Suicaで駅の改札をスマートに通過したい人
  • Apple PayをApple Watchで利用したい人
  • ランニング の測定に利用したい人
  • など…。

このような、従来からあるApple Watchの魅力的な機能を使いたい人は「Apple Watch SE」で十分満足できるはず

2020年発表のApple Watch 6はチップ性能の向上やU1チップという新しい無線通信チップが搭載されましたが、体感できる差はほとんどないというのが私の意見です。

Apple Watch 6でしか使えない機能も一部ありますが、私にとってはそれほど必要性を感じるものではないので、過去最高のコスパを誇る「Apple Watch SE」を選びました。

ささやん
ささやん
血中酸素濃度を計測して活用する場面がないんだよな…。

発表日にApple Watch SEを注文して以来、毎日使っていますが不満に思ったこともは一度もありません。

健康志向が高い人や、高級感のある素材を求める人は、Apple Watch 6を買うべきですが、従来からあるApple Watchの機能に興味がある人はApple Watch SEで十分満足できるはずです。

以下、違いを説明していくので細かく見ていきましょう。

Apple Watch 6とSEの機能比較を見る

Apple Watch 6かSEのどっち?左:SE|右:6

まずは、Apple Watch を選ぶ上で気になる性能差をみてみましょう。

一覧表にすると以下のとおりです。

機種 Apple Watch 6 Apple Watch SE
処理チップ S6プロセッサ S5プロセッサ
ワイヤレスチップ W3 W3
バッテリー性能 最大18時間
(常時表示)
最大18時間
GPS
コンパス
気圧高度計
耐水性能 50m 50m
血中酸素濃度センサー
電気心拍センサー
心拍センサー 第2世代搭載 第2世代搭載
加速度センサー
コンパス
ジャイロスコープ series 3より性能up series 3より性能up
スピーカー series 3より性能up series 3より性能up
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
マイク 搭載 搭載
Apple Pay 対応 対応
ストレージ 32GB 32GB

Apple Watch 6は、2020年モデルの最高スペックのシリーズです。そのため、Apple Watch SEにはない新機能が使えます。

Apple Watch 6だけの機能と性能

  • 血中酸素濃度の測定
  • 画面の常時表示機能
  • 最新S6チップ搭載
  • バッテリー性能アップ(主に充電速度)
  • 電気心拍機能搭載(心電図の測定用)
    ※日本では現在使用不可
  • U1チップ搭載

血中酸素濃度の測定を使ってみた

今回のApple Watch 6の目玉機能である「血中酸素濃度の測定」を使ってみました。

Apple Watch 6 血中酸素濃度

計測方法は、手動で開始するパターンとバックグラウンド計測の2種類があります。

手首を安定させた状態にして15秒待てば完了しますが、エラーになることが多いので静止することを心がけましょう。

Apple Watch 6 血中酸素濃度

計測が完了すると、画面に数値が表示されます。

Apple Watch 6 血中酸素濃度
ささやん
ささやん
正常値は「99~96%」なので、ギリギリな数値でした(汗)

この機能を魅力に感じるかどうかは人によりますが、これらが医療分野で活用されるようになるのは、時間の問題でしょう。

私のように喘息を罹患している人にとっては、効果的に活用できる場面が出てくるかもしれないので、今後の活用法に期待したいと思います。

常時表示機能って必要?

常時表示機能は、Apple Watch Series 5から搭載された機能です。Apple Watch 6では、明るさがアップしより見やすくなったようです。

これは、Apple Watch SEには搭載されていない機能です。

Apple Watch 6 常時表示機能左:SE|右:6

常時表示機能は、視線を落とせば情報を確認できるので、The時計としての機能を期待する人には魅力的な機能です。

一方で、私のようにApple WatchをiPhoneのサブ機として使う人にとっては、無くても不自由はありません

私がApple Watchに求める機能

  • LINEの通知
  • リマインダーの通知
  • スケジュールの通知
  • Apple Payの利用
  • 計算機
  • ランニングのタイム計測や心拍計測
ささやん
ささやん
時間確認のために、あまり利用していませんね。

チップ性能を体感できる?

Apple Watch 6は最新チップ、Apple Watch SEはApple Watch Series 5で使われていた1世代前のチップが使われています。

  • Apple Watch 6「S6チップ」
  • Apple Watch SE「S5チップ」
    =Apple Watch 5と同じ

処理性能は、S5からS6のチップで約20%高速になったそうです。

ただ、Apple Watch 6とSEを比較してみてもアプリ起動や画面切り替えで、大きくは性能の違いを体感できませんでした。

ささやん
ささやん
チップ性能で、どちらを買うか悩む必要はありませんね。

余談ですが、以前使っていたHUAWEI Watchと比較すると、その差は歴然…。Apple Watchのヌルヌルを体感すると他の機種には戻れません。

バッテリーの充電速度が違う

バッテリーに持ちに関しては、Apple Watch 6もSEも「約18時間」で同じです。

ですが、Apple Watch 6は、従来より20%速く充電できるようになったので「約2時間→約1.5時間」に短縮されています。

Apple Watch SEよりも30分程度早く充電が完了します。

ここで、充電タイミングを考えてみましょう。

寝ている間は装着しないパターン

  1. 朝起きる。
  2. Apple Watch を装着する。
  3. 1日を過ごす。
  4. 寝る前に充電する。(2時間充電→MAX)

寝ている間も装着しているパターン

  1. お風呂(充電1時間)
  2. ゴロゴロする(充電1時間→MAX)
  3. 寝る前に装着する。
  4. 朝起きる。
  5. 1日を過ごす。

寝ている間に装着しないタイプの人は、充電時間を気にする必要はありません。
一方で、睡眠トラッキングを使う人は、寝る前や朝の準備中に充電するはずなので、充電時間は早い方が便利です。

ちなみに、私も睡眠トラッキングを使用していますが、寝るまでに2時間以上余裕があるので充電に困ったことはないです。

よほど忙しい人ではない限り、Apple Watch 6とSEの30分の差は不便に感じないのではないでしょうか。

ささやん
ささやん
不安な人はApple Watch対応のモバイルバッテリーを用意しましょう!

Apple Watch 6とSEのモデルを見る

Apple Watch 6とSEでは、選べる本体素材が異なります。

機種 Apple Watch 6 Apple Watch SE
モデル GPS+
セルラー
GPS GPS+
セルラー
GPS
素材 ステンレス
チタン
アルミ アルミ アルミ

アルミ素材は、Apple Watch 6のセルラーモデルでは採用されていません。

よって、ステンレスやチタンが欲しい人は、Apple Watch 6のセルラーモデルを選択する必要があります。

ささやん
ささやん
アルミは最軽量でとても軽い!けど、ステンレスやチタンの方が高級感がありますよ。

確かにアルミよりもチタンの方が重厚感が増します。

Apple Watch SEApple Watch 6

比較に使ったApple Watchは、「44mmのチタン」と「40mmのアルミ」だったので素材の違いによる比較はできませんでしたが、やはり最軽量素材の「アルミ&40mmのApple Watch SE」の方が軽く感じました。

ささやん
ささやん
デザインそれぞれの好みなので、好きな方を選びましょう!

Apple Watch 6とSEの価格を見る

最後に、価格をチェックしていきましょう。
(一番安いモデルを掲載しています。)

機種 Apple Watch 6 Apple Watch SE
GPS+セルラーモデル 53,800円 42,800円
GPSモデル 42,800円 29,800円

やはり最新モデルはそれなりの価格です。
GPS+セルラーのチタン素材だと約9万円もします。

ささやん
ささやん
ここまで来るとMacBookも買えそうな勢いです。
  • GPSモデルでは、13,000円の差
  • GPS+セルラーモデルでは、11,000円の差

これまで紹介してみた機能とモデルの違いで、Apple Watch 6に魅力を感じなければ、Apple Watch SEを購入することをおすすめします。

Apple Watch 6とSEのどっちを買う?|まとめ

以上、Apple Watch 6とApple Watch SEの比較でした。

Apple Watch 6とSEの違いは次のとおりでした。

  • Apple Watch 6は、血中酸素濃度の測定ができる。
  • Apple Watch 6は、常時表示機能が使える。
  • Apple Watch 6は、ステンレスチタンの仕上げを選択できる。
  • Apple Watch SEは、従来の機能をすべて使えてコスパ抜群。
  • Apple Watch SEは、Series 5のチップと同じでSeries 6と動作の体感は変わらない
  • AppleWatch SEと6の価格差は、13,000円程度ある。

健康管理機能をとことん追求したい人や高級素材を使ったケースがいい人は、迷わず「Apple Watch 6」を選択しましょう。

ですが、Apple Watchを初めて買う人や、ガジェットのひとつとしてSuicaやApple Pay、LINE通知の活用を目的としているのであれば「Apple Watch SE」を選択したほうが明らかにコスパが良いいはずです。

是非、参考にしてみて下さい。

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonギフト券チャージAmazonギフト券付与ポイント

詳しい使い方はこちらをチェック!

Amazonギフト券の詳細

Apple製品でも最大2.5%のポイント還元!