ガジェット

【レビュー】もう鞄を探る必要はない!電池交換できる紛失防止タグ「Tile Mate」で失くしものゼロに。!

「あれ?家の鍵どこに入れたっけ・・・。」

こういうシーンが私の場合、頻繁にあります。

今回は、スマホアプリで無くしたものを探せる紛失防止タグ「Tile Mate」をレビューします。

Tile Mate(電池交換版)の外観

今回購入した紛失防止タグのTile Mate(電池交換版)は、米国シェアNo1の紛失防止タグです。

キーホルダーのように家や車の鍵に取り付けておくと、スマホで探し出すことができます。

パッケージの中身は、正方形のタグ本体と使用方法の説明書(日本語)のみです。

「Tile」と書いてある部分は機能を使うためのボタンとなっています。

裏面には電池交換をするためのカバーがあります。電池の種類は「CR1632」のボタン電池です。

他の紛失防止タグは電池交換ができないものが多く、一度電池切れになると使えなくなるので「Tile mate」の電池交換式はありがたい仕様です。

カバーはスライドさせると取り外せます。また、「Tile mate」の本体から音を出すためのスピーカー穴も裏面にあります。

防水仕様ではないので水没には気をつけましょう。

「Tile mate」はキーホルダーのように色々なものに取り付けるので、携帯性が重要です。

サイズは、35ミリ×35ミリ(厚さ6.2ミリ)と小型なので邪魔にならない大きさです。

重量はたったの「7g」です。

キーケースに取り付けても重さの変化は感じられませんでした。

Tile Mate(電池交換版)の使い方・できること

「Tile mate」でできることは次の通り。

  • Tile mateの位置情報をスマホアプリから確認する
  • Tile mateスマホを鳴らす
  • スマホからTile mateを鳴らす
  • クラウドトラッキング

詳しい使い方は説明書を見ればわかるので、何ができるのかにポイントを絞ります。

Tile mateの位置情報をスマホアプリから確認する

「Tile mate」は、設定したスマホから60m以上離れて、Bluetooth接続が切れると、接続が切れた場所がアプリで記録されるようになっています。

Google マップのような地図で位置を確認できるので、見当違いの場所を探すことが無くなります。

「スマホ→Tile mate / Tile mate→スマホ」を呼び出す

Tile Mateの通信距離は最大60mとなっており、範囲内であれば音で位置を知らせることができます。

この機能のおかげで、

  • 家の中でスマホどこに置いたっけ?
  • 家の鍵をどこに置いたっけ?

ということが、どちらか一方手元にあれば解決することになります。

Tile mateからスマホを呼び出すときは、Tile mateの中央ボタンをダブルクリックするだけです。

クラウドトラッキング

「Tile mate」はリアルタイムにGPS機能を使って位置情報を確認できるわけではありません。基本的には、Bluetooth接続が最後に切れた場所を記録して、落とした場所を把握することになります。

クラウドトラッキングとは、Tileの製品を持っている人が自分の紛失したタグの近くを通れば、タグの位置情報を更新してアプリに通知してくれるというものです。

これにより、もしも紛失後にTile mateが何かしらの理由(電車内で落としたなど)で移動してしまっても、最新の位置情報を取得できるようになっています。

Tile mateとMamorioの比較

紛失防止タグで有名どころと言えば、今回レビューしている「Tile mate」と「Mamorio」です。

どちらを選択するか、私も購入する時に悩んだので違いをまとめておきます。

Tile mate Mamorio
サイズ 35mm×35mm×6.2mm 35.5mm×19mm×3.5mm
重さ 7グラム 3グラム
価格 1,970円前後 2,670円前後
電池交換 ×
音を鳴らす機能 ×
アラート機能 ×
紛失時の位置情報更新
公共交通機関との連携 ×

Tile mateの特徴は「音を鳴らせる」「電池交換可能」

私の場合、自分の身の近くで物を紛失することが多いです。完全に出先で置き忘れなどはほとんどありません。

そのため、近くで探す機能に重点を置いて選択しました。

Tile mateはMamorioと違って、Tile mate本体から遠隔で音を鳴らすことができるのでうってつけでした。

また、せっかく2000円近くを支払って、電池切れで使えなくなっては悲しいので、電池交換可能なことも後押ししました。

アラート機能は必要か?

Tile mateとMamorioの比較で「アラート機能」に違いがあります。

アラート機能とは、装着した物から一定距離離れるとスマホに通知がくる機能です。

この機能はTile mateには実装されていません。

ですが、離れる度に毎度スマホに通知がきては鬱陶しくないですか?

紛失する頻度よりも、一定距離離れる頻度の方が圧倒的に多いので、その都度通知がくるのはしんどいですね。

紛失に重点をおく人に撮っては、Mamorioのアラート機能は役に立つと思うので、目的に応じて選択しましょう。

Tile Mate(電池交換版)|レビューまとめ

以上、「紛失防止タグ Tile mate」のレビューでした。

「Tile mate」は「Mamorio」とよく比較される商品です。

こんな人におすすめ
  • 電池交換をして長く使いたい
  • 音で位置を確認したい

私は鍵をどのカバンに入れたかわからなくなることが多くあります。

そんな時は、「Tile mate」の音を鳴らせば色々なカバンを探る必要もありません。

当然GPSでの位置確認もついているので、万が一どこかに置き忘れても安心です。

いますぐは必要ないけれど、いざと言う時のために一つ用意しておくと役に立つかもしれませんね。

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする