ガジェット

【SoundLiberty S10 Pro レビュー】近未来デザインでAIノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤホン!

どうもささやんです。

コロナ発生から1年が経ちましたが世の中まるで変わっていませんよね。在宅勤務、在宅ワーク、在宅授業など在宅作業がこれからどんどん増えていくでしょう。

そんなときに役立つのがワイヤレスイヤホンです。

ささやん
ささやん
テレビ会議や授業視聴ではイヤホンがあったほうが確実に便利!

以前、当ブログでは「TaoTronics SoundLiberty 97」というオールラウンダーなワイヤレスイヤホンを紹介しました。

それも十分快適なワイヤレスイヤホンですが、今回はさらにハイグレードなモデル「SoundLiberty S10 Pro 」をメーカー様から提供いただいたので商品レビューしていきます。

TaoTronics ワイヤレスイヤホン SoundLiberty Pro S10
TaoTronics

ワイヤレスイヤホンSoundLiberty S10 Proの特徴

ささやん
ささやん
まずは、主な特徴を箇条書きでチェックしましょう。

SoundLiberty S10 Pro 特徴

  • Qualcom 3020チップ搭載
  • CVC8.0 AIノイズキャンセリング搭載
  • 12mm径のHiFiダイナミックドライバー搭載
  • aptXとAAC対応で高音質・低遅延
  • 5分で最大1時間再生できる急速充電
  • 充電ケースで合計最大20時間バッテリー
  • 片耳モード搭載で片耳だけの使用が可能
  • 自動耳検知で自動的に一時停止と再開
  • 自動ペアリングで蓋を開けるだけでOK
  • 音声やタッチで操作が可能
  • IPX7防水対応で浸水しても大丈夫
  • Bluetooth5.0

あとで詳しく説明しますが、実際に使ってみた感想は「便利機能がおもしろいワイヤレスイヤホン」だなと思いました。

個人的に音質という点では、カナル型のTaoTronics SoundLiberty 97の方が好みだったので、その他の機能で差別化していくべき商品かなと思っています。

便利だなと思った機能
TaoTronics ワイヤレスイヤホン SoundLiberty Pro S10
TaoTronics

↑目次へ戻る

ワイヤレスイヤホンSoundLiberty S10 Proの外観

では、SoundLiberty S10 Proを詳しく見ていきます。

ケースの素材はプラスチックですが、表面はさらさらとしたマット加工が施してあります。プラスチックむき出しではないので高級感を感じることができます。

ささやん
ささやん
ケース表面の手触りは柔らかいので、他のガジェットに傷をつけることはなさそうです!

背面にはペアリング設定をリセットするためのボタンが搭載されています。

ささやん
ささやん
このボタンでペアリング状態を即座に解除できるので、複数デバイスを切り替える際に役立ちますよ。

充電は嬉しいUSB-Cタイプです。5分の充電で1時間の動作が可能なので急いでいるときも安心です。

蓋の開閉はしっかりしているので、いつの間にか開いていたなんてことはありません。

イヤホンは、独特なカラーで好みが分かれそう。

ささやん
ささやん
ジャージなどの少し派手な色味のコーディネートに合いそうです。

形状はインナーイヤータイプで左右の指定があります。

↑目次へ戻る

実際に使ってみた感想

音質はインナーイヤータイプの良し悪しがある

ちょっと酷評な部分もありますが、リアルをお届けします。

SoundLiberty S10 Proはインナーイヤータイプです。そのため、音質はゴムのイヤーチップで密着させるカナル型と比べると落ちるように感じました。

このタイプは耳に完全フィットしないので、ノイズキャンセリング性能を求める人には欠点になります。そのため「音楽の世界観に浸りたいんだ!」という人には合わないでしょう。

そういう人は、同社のカナル型 SoundLiberty 97をチェックしてみると良いですよ。

ささやん
ささやん
SoundLiberty 97もS10ProもQualcom 3020チップなので性能は同等クラス!
【TaoTronics SoundLiberty 97 レビュー】コスパが最強の完全ワイヤレスイヤホン!2020年ベストバイか!?最近では、ワイヤレスイヤホンの技術が進歩し価格も落ち着いてきたので、ワイヤレスイヤホンに初挑戦!という人が多いのではないでしょうか。 ...

一方で、完全に耳を塞いでしまうイヤホンだと、周りの環境音が聞こえづらくなり、来客のインターホンや子供の呼び声に気づけないこともあるので、ある程度周りの環境音が必要な人はSoundLiberty S10 Proがベストです。

音質については、Qualcom社 3020チップを搭載しているので基本的にバランスがとれていますが、どちらかと言えば低音が強めだと感じました。

また、クリア感も少々弱いので、音質面で絶賛できるイヤホンではないかなというのが本音です。

ささやん
ささやん
ただし、ちょっとおもしろい機能もあるのでこの下の記事も読んで下さいね!

イヤホンの脱着で自動再生&自動OFF

SoundLiberty S10 Proは、イヤホンを耳から脱着するだけで音楽の再生や停止を自動で行ってくれます。

最初は「スマホで停止させればいいのでは?」と思っていましたが、使用して3週間…もはや必需品です。

例えるなら、ウォシュレットとでも言うべきか…いや、自動洗浄とでもいうべきか…、いやいや便座の自動開閉だ!(なぜトイレ縛り)

なくてもいいけどあったら便利という言葉がまさにぴったりな機能です。

ささやん
ささやん
使ってみるとクセになる便利さ!

この機能だけでSoundLiberty S10 Proを買っちゃうのもアリなほどおすすめの機能ですよ。

ちなみに、AppleWatchとの接続も問題ありません。

スライドタッチや音声で操作可能

SoundLiberty S10 Proは、音声またはイヤホン本体をタッチで操作できます。

音声操作はほとんど使っていませんが、スライドタッチでの操作は感度良好でストレスなく操作ができます。

操作アクション
再生 2回タップ
一時停止 イヤホンを耳から外す
音量調整 右イヤホンを上下にスライド
曲送り/戻し 左イヤホンを上下にスライド
電話を受ける 1回タップ
着信を拒否 2秒長押し

一方で、音声操作は英語の発音で各種操作が可能ですが、セリフを覚えなければいけないのでちょっと大変かなと。アレクサやSiriのように柔軟な対応はできません。

音声操作のセリフ
アシスタント起動 ヘイ、ティティ
再生 プレイミュージック
一時停止 ポーズミュージック
音量調整 ボリュームアップ(ダウン)
曲送り/戻し ネクストソング(プレビアスソング)
電話を受ける ピックアップ
着信を拒否 ハングアップ
ささやん
ささやん
音声操作は楽天Linkなどのアプリ通話に対応してないので注意!

IPX7防水とCVC8.0 AIノイズキャンセリング

SoundLiberty S10 Proは、IPX7の防水性能をもっているので、汗や雨などの水分を気にせず利用できます。

ささやん
ささやん
防水規格的には、水面下15cm~1mで、30分間沈んでいても大丈夫という性能です。

また、CVC8.0 AIノイズキャンセリングを搭載しているのでクリアな音でイヤホン通話が可能になります。

ノイズキャンセリングは「通話時に有効な機能」で、音楽再生時には無関係です。

実際に通話で使ってみた感想は「とてもクリア!」という一言に尽きます。スマホ越しに通話するよりもストレス無く会話ができること間違いありません。

一方で、相手側からすると大して変わらないという意見でした。

ささやん
ささやん
使用者側に大きなメリットがある機能だと感じました!
TaoTronics ワイヤレスイヤホン SoundLiberty Pro S10
TaoTronics

↑目次へ戻る

SoundLiberty S10 Pro レビューまとめ

以上、TaoTronics SoundLiberty S10 Proのレビューでした。

イヤホンの脱着で自動再生&自動OFF」は、本製品を使って最も便利だと感じたポイントです。

ささやん
ささやん
これから買うワイヤレスイヤホンには絶対にあって欲しい機能です!

音質については、低音が強いものの、Qualcom社 3020チップを搭載しているのでバランスのとれた音だと感じました。

また、形状はインナーイヤー型なので耳の圧迫感は少ない点がメリットですが、音楽にガッツリ浸りたい人はゴムチップのカナル型のほうが合うと思います。

おすすめできる人
  • 少し派手なデザインが好みな人
  • 自動ON/OFF機能に心惹かれた人
  • 低音強めの音質が好きな人
  • 通話品質にこだわりたい人

こんな人におすすめできるイヤホンかなと思います。

スマホだけでなくパソコンにもあると便利なワイヤレスイヤホンをこの機会に新調してみてはどうでしょうか。

以上、参考になれば嬉しいです。

TaoTronics ワイヤレスイヤホン SoundLiberty Pro S10
TaoTronics

↑目次へ戻る

関連する記事
【TaoTronics SoundLiberty 97 レビュー】コスパが最強の完全ワイヤレスイヤホン!2020年ベストバイか!?最近では、ワイヤレスイヤホンの技術が進歩し価格も落ち着いてきたので、ワイヤレスイヤホンに初挑戦!という人が多いのではないでしょうか。 ...
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
TP-Link 10年連続世界シェアNo.1キャンペーン

キャンペーン詳細はこちら

<キャンペーン概要>

期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品を購入した人の中から、抽選で合計100名にUCギフトカード10万円分やスマートホームセットなど豪華賞品がプレゼントされます。

<応募受付期間>

2021年7月2日(金)~2021年9月30日(木)23:59



<当ブログのレビュー記事>