充電器・モバイルバッテリー

【RAVPower 急速充電器RP-PC150】iPhoneにぴったりの急速充電器【20W+USB-Cタイプ】

どうも、ささやんです。

最新技術を使った急速充電器やモバイルバッテリーを多数販売しているRAVPowerから、iPhoneにぴったりな急速充電器が発売されました。

それが、この「RAVPower RP-PC150」です。

iPhoneの最大対応出力である18Wにマッチした20Wの急速充電器で他と比較しても圧倒的にコンパクトな充電器です。

iPhoneの純正充電器のように小さくて充電速度の早い充電器ないかな?

という人にピッタリといえるUSB充電器。

今回はメーカーさんからサンプルを送ってもらったので、実際に使ったレビューをしていきます。

RAVPower RP-PC150の特徴

RAVPower RP-PC150はUSB-Cタイプの1ポートを備えた最大20WのUSB充電器です。

RAVPower RP-PC150 特徴

  • 圧倒的な小ささ!とにかくコンパクト!
  • 最大20Wの出力でiPhoneにちょうど良い性能
  • 18WのQCにも対応
スペック
型番 RP-PC150
カラー ホワイト
出力 5V=3A / 9V=2.22A /12V=1.67A
PD規格 Power Delivery 3.0
サイズ 47 x 28 x 30 mm
重量 30g

20Wの出力を持っているにも関わらずめちゃくちゃ小さいのがこのRP-PC150の最大の特徴です。

それでは、RP-PC150について詳しくチェックしていきましょう。

↑目次へ戻る

RAVPower RP-PC150の外観

わたしが持っている急速充電器の中で最もコンパクトな製品がこのRP-PC150です。

そのサイズはiPhone純正の5W充電器とほぼ同等サイズ。

Amazonのダンボールを開けた瞬間「ちっせえ!」という声が出たほどコンパクトです。

ポートは20W出力のPD対応USB-Cが1つ

ささやん
ささやん
iPhoneの充電目的なら1ポートで問題なし!

残念ながらプラグの折りたたみはできませんが、それでも小さいという事実に変わりはありません。

良くも悪くも外観で紹介はこれくらいで「とにかく小さい充電器」の一言に尽きる製品です。

↑目次へ戻る

RAVPower RP-PC150の充電速度

RAVPower RP-PC150最大20W出力で、スマホやタブレットなどの小型デバイスが主な用途となる充電器です。

  • iPhoneの純正充電器のサイズとほぼ同じ
  • iPhoneの最大充電出力が18W

という点から、iPhoneを意識した製品だなと感じます。

ささやん
ささやん
製品ページもApple充電器と比較してるしね!

それを踏まえて、iPhoneでの充電性能をチェックしていきます。

今回はiPhoneXSを約1%から30分間充電してみました。

iPhoneXSを【30分】充電した結果
  • 1%→51%まで回復
  • 平均充電出力15W程度
ささやん
ささやん
14〜17Wの間を推移してiPhoneを充電できました!

この結果を元にiPhoneの各機種で「30分充電した場合」を超ざっくりの計算してみると以下の通りになります。

30分で充電できる容量(単純計算)
iPhoneSE 1,821mAh→72%
iPhoneX 2,716mAh→49%
iPhoneXS 2,658mAh→50%
iPhoneXR 2,942mAh→45%
iPhone11 3,110mAh→43%
iPhone11 Pro 3,046mAh→44%
iPhone11 Pro Max 3,046mAh→44%
iPhone12 2,815mAh→47%
iPhone12 mini 2,227mAh→60%
iPhone12 Pro 2,815mAh→47%
iPhone12 Pro MAX 3,687mAh→36%

※iPhoneXSの50%(1329mAh)÷最大バッテリー容量×100

ちなみに、iPhoneは18Wが最大の充電出力なので30Wや40Wの充電器を使っても充電速度に差がでません。

そのため、RAVPower RP-PC150はiPhoneを充電する上で必要十分な性能を持ち、サイズを極限まで小さくした充電器なので、iPhoneユーザーが選ぶ充電器としてベストな一台だと感じました。

尚、1ポートでは足りないという人は2ポートの「RAVPower RP-PC144」がコンパクトなのでおすすめです。

【RAVPower RP-PC144 レビュー】スマホとタブレットを同時充電!30WのUSB-C & USB-A充電器どうも、充電器を10個以上持っているささやんです。 「みなさんは充電器のポートが2つあればなぁ〜」って思ったことありませんか? ...

↑目次へ戻る

RAVPower RP-PC150|レビューまとめ

以上「RAVPower 急速USB充電器RP-PC150」のレビューでした。

20Wの出力なのでiPhoneだけを急速充電できればいいなら、この1台で十分です。

ただ、コンセントのプラグは折りたたみできないので注意。

また、ケーブルはPD対応のUSB-Cタイプが必要なので、持っていない人は事前に用意しておくようにしましょう。

とにかくコンパクトな充電器を探している人はベストバイな製品だったので是非チェックしてみてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

関連する記事
【RAVPower RP-PC144 レビュー】スマホとタブレットを同時充電!30WのUSB-C & USB-A充電器どうも、充電器を10個以上持っているささやんです。 「みなさんは充電器のポートが2つあればなぁ〜」って思ったことありませんか? ...
【レビュー】45W出力対応の小型・軽量の窒化ガリウムUSB-PD充電器「RAVPower RP-PC104」最近は純正の充電器を使う頻度が大幅に落ちてきています。 理由は単純で、純正品よりも性能が良い製品が多く発売されているからです。 ...
【レビュー】MacBook Pro 13におすすめ!61Wの高出力で小型・最軽量なUSB-C充電器|RAVPower RP-PC112今回のレビューは、MacBook Pro 13を持っているならば絶対にチェックしてもらいたい充電器「RAVPower RP-PC112」...
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
TP-Link 10年連続世界シェアNo.1キャンペーン

キャンペーン詳細はこちら

<キャンペーン概要>

期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品を購入した人の中から、抽選で合計100名にUCギフトカード10万円分やスマートホームセットなど豪華賞品がプレゼントされます。

<応募受付期間>

2021年7月2日(金)~2021年9月30日(木)23:59



<当ブログのレビュー記事>