充電器・モバイルバッテリー

【RAVPower RP-PC144 レビュー】スマホとタブレットを同時充電!30WのUSB-C & USB-A充電器

どうも、充電器を10個以上持っているささやんです。

「みなさんは充電器のポートが2つあればなぁ〜」って思ったことありませんか?

ささやん
ささやん
わたしは何度もあります(汗)

充電が必要なデバイスを複数持ち運ぶ人にとっては、バッテリー切れは死活問題ですよね。

充電器に求める要望
  • iPhone+「なにか」を同時に充電できる。
  • MacBook Airも充電したい。
  • コンパクトで軽量である。
  • 見た目もかっこいい。
  • そして、安い。

これら全てを満たしてくれる充電器がRAVPowerから発売されました。

今回は2ポート搭載で汎用性の高い充電器「RAVPower RP-PC144」を紹介していきます。

当サイト限定の割引クーポン!【3/13-3/15】

PC144HGB

購入ページで入力するだけで表示からさらに10%OFFになります!

Amazonの購入ページ

本記事はメーカー様から製品を提供していただき作成しています。

RAVPower RP-PC144の特徴

ささやん
ささやん
まずはRAVPower RP-PC144の特徴をチェックしましょう!

RAVPower RP-PC144 特徴

  • 最大30Wで2台同時充電が可能
  • USB-CとUSB-Aの2ポート搭載
  • 80gでコンパクト
  • 電力配分機能を搭載
  • PPS対応で最適化された充電を供給
  • 最大30ヶ月の製品保証

RAVPower RP-PC144は最大30W出力2ポートUSB充電器です。

iPhone(スマホ)+「なにか」を充電したい人にとって最適なバランスになっています。

さらにUSB-C単体で充電する場合、MacBook AirなどのノートPCも急速充電できます。

サイズは2ポートを搭載していながらもコンパクトで軽量。

ささやん
ささやん
全体的に「ちょうどいい塩梅」に仕上がっています。

ちなみに、RAVPower製の充電器の中では以下のような位置づけです。

RAVPower 2ポート搭載USB充電器

  • 【90W】RP-PC128
  • 【65W】RP-PC133
  • 【61W】RP-PC105
  • 【30W】RP-PC144
  • 【18W】RP-PC108

ささやん
ささやん
この表を見ると低スペックに見えますが、これでも十分なシーンが日常ではほとんどです。
製品スペック
入力 AC 100~240V 50/60Hz 1A
出力
  • USB-C単独:30W
  • USB-A単独:18W
  • 2ポート同時使用:20W+10W
PD規格 PD3.0
サイズ 49 x 49 x 29 mm
重量 80g

↑目次へ戻る

RAVPower RP-PC144の外観

外観デザインは丸みを帯びた四角形。

PD対応のUSB-CポートUSB-Aポートが搭載されています。

折りたたみ式プラグで持ち運びに便利です。

サイズは2ポートながら「49 x 49 x 29 mm」というコンパクトサイズにおさまっています。

ささやん
ささやん
クレジットカードと同じ幅だった!
ささやん
ささやん
30Wで2ポートながら、これだけのサイズにまとめられているのはGoodです。

↑目次へ戻る

RAVPower RP-PC144の充電速度・出力

充電出力を以下の組み合わせで計測してみました。

  • MacBook Air
  • MacBook Air + iPhone
  • iPhone
  • Amazon Fire HD 8
ささやん
ささやん
それでは、順番にチェックしていきましょう。

まずは、MacBook Airで充電性能をチェック。

RAVPower RP-PC144とMacBook Air 2020MacBook Air(24.825W)

結果は、25W前後を推移していました。

計測から5時間ほど使い続けましたが、不自由なく作業を行えました。最大出力としては28W程度を記録していたと思います。

MacBook Airに付属している純正充電器も30Wの出力性能なので、今回記録した数値も遜色ないものですね。

次にMacBook AirとiPhoneを充電してみました。

RAVPower RP-PC144 2ポート同時充電2ポート同時:MacBook Air側(17.01W)

結果は、USB-Cが「17W前後」、USB-Aが「5W前後」でした。

どちらも問題なく充電できましたが、MacBook Airは高負荷な作業をすると出力不足になるかもしれないので注意が必要です。

では、iPhone単体だったらどうか。

RAVPower RP-PR144とiPhoneiPhone(11.218W)

iPhoneで10W超えしていれば個人的には満足。

公式販売ページには充電時間の目安が書かれているので参考にしてください。

充電時間の目安
  • iPhone12 Pro Max:約1時間46分
  • iPhone12 pro:約1時間45分
  • iPhone12:約1時間50分
  • iPhone12 Mini:約1時間35分
  • Galaxy S20: 約63分間

※メーカーホームページ参照

最後に、QC非対応のFire HD 8インチタブレットを充電してみました。

RAVPower RP-PC144とFire HD 8Fire HD 8(10.935W)

こちらも、10W前後を推移

このあとしばらく様子をみていましたが、同じ数値で推移していたので、QC非対応機では平均10W前後の出力になるかと思います。

今回の計測を簡単にまとめておきます。

充電速度の計測結果まとめ
MacBook Air 20W〜28W程度
MacBookAir + iPhone MacBook Air:17W前後
iPhone:5W前後
iPhone 10W前後
Amazon Fire HD 8 10W前後

単ポート使用でこれだけの充電速度が出れば、特に不自由に感じることはないはずです。

ただし、MacBook Airとの併用を主に考えている人は、最大60W前後の2ポート充電器(RAVPower RP-PC133 65Wを選択するほうがベターです。

ささやん
ささやん
スマホ + タブレットであれば十分な性能で、持ち運ぶ充電器を1つにできるのは大きなメリットだと感じました。

↑目次へ戻る

RAVPower RP-PC144の使用感

RAVPower RP-PC144使い勝手

尖った性能を持った充電器ではありませんが、無難なスペックと携帯性に優れているという点で「とりあえずこれでいいんじゃね?」と思う充電器でした。

出力方式にいろいろな組み合わせができる点が魅力で、

  • USB-C単ポート:MacBook Air、iPad ProやAir、iPhoneの急速充電
  • 2ポート同時:iPhone + Apple Watch、iPhone + Air Pods、iPhone + iPad

というように、Apple系のデバイスだけでも、かなり多くのパターンで充電可能です。

おすすめ使用シーン
  • iPhone + 小型のデバイス
  • MacBook Airを単ポートで充電

このような組み合わせを想定する人は、買いの充電器かと思います。

↑目次へ戻る

RAVPower RP-PC144|レビューまとめ

以上、「RAVPower 30W急速充電器 RP-PC144」のレビューでした。

RAVPower RP-PC144は、2ポート搭載で30W、そして安いというUSB充電器です。

2台同時に充電したい場合や、様々なシーンで汎用的に使いたいという人におすすめできる製品です。

その中でも、コンパクトさを求めるニーズにマッチする点も見逃せません。

複数デバイスを持ち歩く人は、使い勝手が良いと思うので是非試してみてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

RAVPower様から当サイト限定の割引クーポンを発行してもらいました。

Amazonの購入ページでクーポンコードを入力するだけ!

期間は【3/13-3/15】だけなのでお早めに!

Amazon購入ページでクーポン入力

PC144HGB

購入ページで入力するだけで表示からさらに10%OFFになります!

Amazonの購入ページ

ABOUT ME
ささやん
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。
Amazonギフト券でお得に買物をする

Apple製品でもポイント還元!

詳しくはこちら