ガジェット

「Rakuten UN-LIMIT」を契約してみた。楽天エリア外の地方は恩恵を受けられないので注意。

先日、楽天のキャンペーンに乗っかって「本体代1円+手数料3000円」で楽天モバイルを契約してみました。

メインのiPhoneで、UQモバイルを利用しており、2台目を持つ必要性はなかったのですが、お試しで利用してみることにしました。

今回は、楽天モバイル「Rankuten UN-LIMIT」を利用する上での注意点をまとめておきます。


楽天モバイルのプランや通信料(簡易版)

プラン料金 月額2,980円(先着300万人無料)
通信エリア 国内全域(楽天回線エリア+au回線エリア)
データ通信容量
  • データ使い放題(楽天エリアに限る)
  • 5GB(楽天エリア圏外=auエリア)
  • 2GB(海外)
au回線の5GBを使い切った後は、1Mbpsの通信速度になります。

楽天モバイルのプランはこれ一つだけです。

詳しくみていきましょう。

月額料金は2,980円の1種類

まず、料金は「Rakuten UN-LIMIT」の月額2,980円で、先着300万人限定で1年間無料のキャンペーンを実施しています。

私はキャンペーンを活用して1年間無料でゲットしました。

楽天エリア限定とはいえ、データ無制限の使い放題で月額2,980円は破格の値段です。



先着300万人限定なので、とにかく急いで申し込みましょう。

通信エリア

楽天モバイルの通信エリアは、

  • 楽天モバイルエリア
  • パートナー回線エリア(au回線)
  • 海外

楽天回線エリアから外れた場合でも、au回線を利用した通信を行うことができるので、基本的に日本全国で利用可能です。

楽天モバイルも順次エリア拡大を行っているので、自身の地域がエリア内かどうかは公式サイトでチェックしましょう。

データ通信容量

一般的に携帯会社は、月間データ容量を「1GB〜10GB」などの中から選択して契約をします。

ですが、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」はデータ容量が無制限なのでデータ容量を気にすることなくスマホを使うことができます。

データ通信無制限は、他社が打ち出していない画期的なサービスです。

ただし、弱点もあるので注意。

データ無制限で利用できるのは「楽天回線エリア」に限られます。

2020年6月時点では、まだまだ主要都市圏が中心のため地方ではデータ無制限の恩恵が受けづらいです。

パートナーエリア(au回線)エリアでは、使用容量が月に5GBと定められているので、通信容量に注意しながら利用する必要があります。

楽天モバイルを利用する上での注意点

データ無制限は非対応エリアが多い

楽天モバイルは2020年4月にサービスが開始されたばかりです。

au、ドコモ、ソフトバンクなどの日本の3大キャリアと比べると歴史がありません。

開始されたばかりだからと言って、「悪いサービス」とは限りませんが他の会社よりも不具合などが起きやすいと思います。

楽天という会社は、かなり大きな力を持っているので「良いサービス」をお客さんに提供すると思いますがまだ始まったばかりなので「ドコモ、au、ソフトバンク」と肩を並べられるか分かりません。

au回線が5GBしか使えない

楽天モバイルは、楽天の通信エリア外の場合は、au回線を利用した通信を行います。

そして、au回線の利用は月に5GBまでと定められています。

この5GBは追加ができないのがかなりデメリットで、楽天エリア外に住む人は、原則5GBまでしか高速通信ができないと言うことになります。

5GBの通信容量を超えると通信速度が1Mbpsまで低下するので注意が必要です。

通信の安定性や速度が未知数

楽天モバイルは、2020年4月にサービスが開始されたばかりです。

最近では、ソフトバンクが大規模な通信障害が発生し問題になっていましたが、楽天モバイルでも同様の心配があります。

楽天モバイルは、最新技術の仮想化ネットワークと言う他社とは異なる技術でネットワークを構築しています。

他社が利用していない=実績が少ない

と言うことなので、今後大規模な通信障害が起こるかもしれないと言うことです。

スマホは今や、生活の中でかなり重要な部分を占めているので「通信障害があるかもしれない」と言うのはリスクになります。

まとめ

楽天モバイルにはメリットとデメリットが存在します。

メリットは、

  • 楽天エリアの場合はデータ無制限でインターネットが使えること
  • キャンペーンを適用すれば格安(無料)でスマホを利用できること
  • 楽天ポイントが「+1倍」 になること

などがありますが、

  • 楽天エリア外の場合は、データ通信が5GBになっていまう
  • 新技術が故に、通信障害の発生頻度が未知数

と言うデメリットもあります。

私のような、楽天エリア外の地方に住んでいる人の場合はあまりメリットを享受できないので注意が必要です。

しかし、楽天モバイルのエリア内に住んでいる場合は、楽天モバイルの恩恵を最大限に受けられ、テザリングを利用したパソコンでのインターネットもできるようになるので、即決の判断でいいかと思います。

まずは、ご自身の地域が楽天エリアに入っているかを確かめてから契約を考えてみるといいですよ。


Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonギフト券チャージAmazonギフト券付与ポイント

詳しい使い方はこちらをチェック!

Amazonギフト券の詳細

Apple製品でも最大2.5%のポイント還元!