商品レビュー

【Google Pixel3a 実機レビュー】Pixel 3aでたくさん写真を撮ってきました。素晴らしい画質に感動。

pixcel3a-key

Google pixel 3aが届いたので早速写真をたくさん撮ってきました!

同時期のスマホ「Huawei P20lite」と比較しながら見ていきたいと思います。

Pixel 3a実際使った感想

pixcel3a-1

実際に購入して使ってみた感想としては、

  1. 高性能カメラで、素人でも綺麗な写真が撮れる
  2. 横幅が思ったよりスマートで持ちやすい。

この2点が、私にとってかなり印象的でした。

今のところ事前の評判通りで買って後悔なしのコスパ抜群スマホだと思っています!

Pixel 3aの写真ギャラリー

早速、実際にpixel 3aで撮影した写真をご覧ください。

クリックすれば拡大されます。

アップロードする際に写真は圧縮されています。
Pixel3a料理肉
Pixel3a料理魚
Pixel3a料理のり
Pixel3a料理うどん
pixcel3a-4
pixcel3a-6
pixcel3a-10
pixcel3a-2

Pixel 3aのざっくり特徴

Googleによると、Pixel 3の最大のウリだった「AIを使ったカメラ」は、Pixel 3aでもほぼ変わらないとのこと。

ざっくり特徴をまとめると、

  • pixel3の廉価版で価格が約半額4万8600円(しかも、税込み)
  • アウトカメラでPixel3aと同じセンサーやレンズを使用
  • バッテリー性能アップ
  • 液晶サイズ0.1インチアップ
  • お財布携帯あり
  • イヤホンジャックを搭載
  • 画像処理エンジンのPixel Visual Coreチップは非搭載
  • フロントの広角カメラはなし
  • プロセッサはSnapdragon 670にダウングレード
  • プラスチックボディ、ワイヤレス充電なし、完全防水性能なし

やっぱり、カメラの性能が気になりますよね。

「本家Pixel3」を買って比較するほど我が家に経済的な余裕はないので、「Huawei P20lite」との比較でどれだけ差がでるのか楽しみです。

Huawei P20liteってめっちゃ売れたらしいので、みなさんの参考になれば幸いです。

Pixel 3aの外観

外観は、ガラスではなく「ポリカーボネイト」という素材です。
プラスチック感はありますがチープ感はありません。

昔のMacbookの白いプラスチックのボディを触った人がいれば「それと同じ」と思ってもらえればOKです。

pixcel3a-back

外観で最も気に入ったのが、横幅がスマートな点です。

  • Google Pixel 3a 約70.1mm
  • Huawei P20 lite 約71mm

数値的にはほとんど変わりませんが、持った感触や見た目では、pixel 3aの方がスマートで持ちやすいです。親指だけで操作する際に楽になりました。

pixcel3abotton

また、さっと左手で持った時に「人差し指」の所にちょうど電源ボタンがくるので押しやすく感じました。私の場合、常時マナーモードで音量ボタンはあまり使わないのでGoodです!

Pixel3a-side

Pixel 3aで撮った写真たち(HuaweiP20liteを添えて)

[ 画像の圧縮について ]
フルサイズで画像をアップすると重くて仕方なかったので、70%ほど圧縮しています。オリジナルより画質は劣化しているのでご注意ください。ごめんなさい。

標準モードで撮影した写真

[twenty20 img1=”806″ img2=”802″ offset=”0.5″ before=”Pixel 3a” after=”P20 lite”]

(右)Huawei P20liteも十分綺麗ですが、太陽の光が明るすぎてか白く飛んでます。一方で(左)Pixel3aは暗く見えますが、Pixel3aの方が実際の景色の色見に近いです。

[twenty20 img1=”777″ img2=”819″ offset=”0.5″ before=”Pixel 3a” after=”P20 lite”]

(左)pixel3aは水滴一粒一粒が綺麗に映っていますね。

[twenty20 img1=”782″ img2=”795″ offset=”0.5″ before=”Pixel 3a” after=”P20 lite”]

少し薄暗い場所だったのですが、pixel3の方が明るく撮影できました。

拡大すると分かりますが、壁の質感がpixel3aの方が綺麗に撮影できています。

pixel-p20-wall左:pixel 3a 右:P20 lite

P20liteは、レンガの質感がのっぺりとしていますね。

ポートレートで撮影した写真

まるで一眼レフ…じゃないか!というのが初印象でした。

私のような素人でも

何も設定せず
何も意識せず

に素晴らしい背景ぼかしをいれてくれます。

pixcel3a-3

憧れの「ぼかし」がばっちり入ってます。

[twenty20 img1=”784″ img2=”809″ offset=”0.5″ before=”Pixel 3a” after=”P20 lite”]

(右)Huawei P20liteのポートレートは「え?ぼかしあるの?」って感じだったのでこの差には驚きましたね。(P20liteは私の設定の問題もあると思います)

カメラ初心者でも、それなりの写真がとれるというAIカメラの進化を感じる事が出来ました。

ポートレートモード撮影直後は、撮影した画像の処理が行われるようです。撮影画像をすぐにチェックすると、少しぼやけた写真が表示されて「2秒~3秒後」に美しい写真が表示されます。

  1. 撮影
  2. レビューを見る
  3. 2秒~3秒待機
  4. 美しい写真

という感じです。

イラつきを感じるほどのラグではないので、私には全く問題ではありませんでした。自分でぼかしなどの編集をいれるより圧倒的に早いですからね。

夜景モードで撮影した写真

夜景モードでは、明らかな性能差が現れました。
Pixel3aはフラッシュもたかずに「驚くほど明るい写真」を取ることが出来他のでチェックしていきましょう。

[twenty20 img1=”783″ img2=”813″ offset=”0.5″ before=”Pixel 3a” after=”P20 lite”]

(左)Pixel3aは、ちょっと画質が悪いかな?と感じますが、実は電気を消して真っ暗な状態で撮影したものです。(右)P20liteの写真を見てもらえばわかりますが周りは闇です。

P20 liteは、暗さの程度を表現するために通常モードで撮影していますが、Pixel3aの凄さは、比較せずともわかるレベルです。

Google Pixel3a 実機レビュー|まとめ

以上「Pixel 3a」の写真チェックでした。

スマートフォンにカメラ性能を求める人ってかなり多いはず。

CPUの性能が今ではかなり進化して、ある程度のスマホならさくさく動く時代です。そんな中でカメラって大きな差別化ポイントになるんだと思います。

ですが、カメラ性能がたかいスマホって、10万円クラス…。

そんな超ハイスペックスマホと同レベル、いやそれ以上のカメラ性能を誇るpixel3aって本当に買いのスマホだなと感じました。

こんな人におすすめ
  • 防水機能いらない
  • プラスチックでもそれなりの高級感があればいい
  • ワイヤレス充電が無くてもいい
  • CPUは別に最高スペックではなくていい

安価で高性能な、スマホを探している人がいれば、ごり押しできるスマートフォンです。私は、スペックダウンよりカメラ性能と価格の方に圧倒的な魅力を感じました!

関連商品
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする