Wi-Fiルーター

【メッシュWi-Fiとは?を丁寧に解説!】ネットが繋がりやすくなる?メリットは?買い換えるべき?おすすめルータも紹介!

メッシュWi-Fiとは

メッシュWi-Fiとは?

メッシュWi-Fiとは簡単に言うと、

「本体のルータ」と「複数のサテライトルーター」を組み合わせて、家の隅々まで安定したWi-Fi環境を作れる機能のことです。

ささやん
ささやん
ルーターを1台ではなく複数使うところがポイントです。

イメージはこんな感じ。

メッシュWi-Fiイメージ

複数のルーターを使うため、家全体を覆ったようなWi-Fi環境を構築できます。

そのため、今までWi-Fi電話が届かなかった部屋でも快適にインターネットを使えるようになるのが最大のメリットです。

では「メッシュWi-Fi機能を搭載したルーター」と「今までのルーター」では何が違うのか詳しくみていきましょう。

今までの1台で使うWi-Fiルーター

今までのルータでは、1台のWi-Fiルーターにスマホやタブレット、パソコンがつながる形でした。

従来型Wi-Fi

この場合、1台のルーターに接続が集中するので、台数が増えるほど速度低下する傾向がありました。また、電波を発するルーターが1台しかないため、距離が遠い場所ではネットがつながらないという弱点がありました。

ささやん
ささやん
今の時代は多接続が増えているので、従来型のルーターでは辛いかも。

メッシュWi-Fi対応ルーター

一方で、メッシュWi-Fiに対応したルーターでは、以下のように複数台でWi-Fi環境を構築するようになります。

メッシュWi-Fi対応ルータの構成

  • 本体ルーター 1台
  • サテライトルーター 1台以上
使うルーター 合計台数
今までのルータ 本体ルーター × 1台
メッシュWi-Fi対応ルータ 本体ルーター サテライトルーター 2台以上

本体ルーターに加えて、本体と同じ機能をもったサテライトルーターを配備することで、網目状のネットワークを形成することから「メッシュWi-Fi」と呼ばれているわけです。

このように、複数台のルーターを使うおかげで、通信を分散させることができ1台のルーターにかかる負荷を抑えられるようになります。

ささやん
ささやん
サテライトルーターはコンセントさえあれば設置可能です!

Wi-Fi中継機(リピータ)との違い

ここで、詳しい人なら知っている「Wi-Fi中継機(リピータ)」との違いに触れておきます。

これまでの1台で構成するWi-Fiルーターの場合、距離が離れると電波が届かないことがありました。

そんな時に、使ったのがWi-Fi中継機です。

このWi-Fi中継機を使うことで、本体ルーターから離れたところでもWi-Fi電波が届くようになります。

しかし、メッシュWi-Fiのサテライトとはその役割が違います。

Wi-Fi中継機とサテライトルーターの役割

  • 【Wi-Fi中継機】
    電波を中継するだけで、後は本体に任せる
  • 【サテライトルーター】
    電波を中継してネットに接続する作業をする

つまり、中継機では「大変な作業を本体ルーターに任せる」ため、台数が増えれば本体ルーターへの負荷が増えます。

一方で、サテライトルーターは、本体ルーターと同じ機能を持っているため、負荷を分散しながらインターネットへ接続できるわけです。

実生活で考えても「仕事もらってきたから後よろしく!」と言われるのと「仕事もらってきて、出来ることは済ませておいたよ!」では、こっちにかかる負担が違いますよね。

ささやん
ささやん
中継機を使うくらいなら、メッシュWi-Fi機能付きルーターを使ったほうが断然イイってことです!

メッシュWi-Fiのイメージを、ここまででつかめたと思うので、次にメッシュWi-Fiを使うメリットとデメリットを見ていきましょう。

メッシュWi-Fiのメリットとデメリット

【メリット①】電波が届きにくいところまでカバーできる

例えば、こんな悩みありませんか?

1階に置いたWi-Fiルーターに、2階にある自分の部屋から繋がりにくい!

こんな場合でも、1階に本体ルーターを置いて、2階にはサテライトルーターを設置すれば、場所を選ばずに快適なインターネット環境を手に入れることが出来ます

また、サテライトルーターは「コンセントさえあれば設置可能」なので、2階にLANポートが無くても大丈夫です。

【メリット②】どこでも強く安定したネット環境にできる

メッシュWi-Fiの強みは、本体ルーターとサテライトルーターが同じ役割を果たせる点です。

これによって、本体のルーターとサテライトのルーターで同じネットの強さを維持できるので、家中どこでも安定してインターネットを楽しむことができます。

「場所によって電波の強さが違う…」ということから解消されます。

【メリット③】SSIDが1つになって手間が減る

SSIDというのは「Wi-Fiルーターの名前」みたいなものです。

Wi-Fiルーターに接続する時に表示されるアレですね。

SSID

「1階にいるときはSSID:◯◯◯につないで、2階にいる時はSSID:△△△につなぐ。」

このように、SSIDは、Wi-Fi中継機を使った環境だと、場所に応じてWi-Fiを接続し直す必要がありました

ですが、メッシュWi-Fiだと、本体ルーターもサテライトルーターもSSIDが共通で1つしかないため、いちいち場所に応じてつなぎ直す必要がありません

そのため、どこにいても常に快適なネットを意識すること無く楽しむことができます。

【メリット④】後からサテライトを増やせる

さらに、メッシュWi-Fiのサテライトルーターは、後から追加することができます。

例えば、こんな時に活躍します。

3階建てでメッシュWi-Fiルーターを2台買ったけれど、3階でのネットが弱い。

こんなときは、もう1台後からサテライトルーターを追加することができます。

サテライトルーターを追加するほどネットがつながるエリアが増えるので、生活環境の変化に応じて、自由にWi-Fi環境を作ることが出来ます。

ささやん
ささやん
わたしは、2台のメッシュWi-Fiルーターを使っていますが、将来的には3台に増やす予定です。

【デメリット】ルーターの値段が少し高い

従来型のルーターと比べた場合、機能面でいうデメリットは無いと言えます。

ですが、高機能であるがゆえルーターの価格が割高になってしまいます。

ワンルームや平屋建てのコンパクトな家に住んでいる人は、あまりメリットを感じないと思うので、そういった人は「メッシュWi-Fi機能付きルーター」ではなく「Wi-Fi6対応のルーター」をおすすめします。

「Wi-Fi6とは?」を丁寧に解説!

コスパの良いメッシュWi-Fiルーター

メッシュWi-Fi機能のルーターを使うべき?

これからWi-Fiルーターを買い換えようと思っている人は、メッシュWi-Fi機能が付いたルーターにすべきです。

ただし、ワンルームなどのコンパクトな場所で使う場合に限っては、メッシュWi-Fi機能が必要ないので、それよりも「Wi-Fi6対応のルーター」を選択したほうがベターです。

  • リビングでは快適だけれど、2階の寝室にいくとネットが繋がりにくい。
  • 2階のためにWi-Fi中継機を買ったけれど通信速度が遅い。

これらを解決してくれるのがメッシュWi-Fiルーターです。

今の時代は、家族全員スマホ時代になり、さらに家電IOT化が進んでいます。

様々なデバイスがWi-Fiルーターに接続されるようになっているからこそ、負荷を分散して安定したインターネット接続が重要になっています。

使ってみると明らかに今までの通信環境から進化するので、戸建ての人や面積の広い家に住んでいる人は、是非メッシュWi-Fi機能つきのルーターを使ってみて下さい。

おすすめメッシュWi-Fiルーター
ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
TP-Link 10年連続世界シェアNo.1キャンペーン

キャンペーン詳細はこちら

<キャンペーン概要>

期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品を購入した人の中から、抽選で合計100名にUCギフトカード10万円分やスマートホームセットなど豪華賞品がプレゼントされます。

<応募受付期間>

2021年7月2日(金)~2021年9月30日(木)23:59



<当ブログのレビュー記事>