iPad

【レビュー】Logicool K380 iPadに最適なコンパクトなおしゃれなBluetoothキーボード

Logicool K380

iPadOSが公開されスマートキーボードやマジックキーボードが使えるようになりましたがが、高価すぎて手が出せないってことありませんか?

  • マジックキーボード 31,800円(税別)
  • スマートキーボード 19,800円(税別)
ささやん
ささやん
いや、さすがに高すぎるでしょ…。

では、携帯性の優れた「折り畳みキーボード」はというと、小さ過ぎて使いづらいの一言。

そんな悩みをもっている人におすすめなキーボードがあります。

持ち運びもできて、最低限のタイピング性能の「Logicool キーボード K380」です。メイン機には及ばぬところもありますが、薄型でバッグにも入れておけるサイズ。

iPadと持ち運ぶにもぴったりだと思うので是非チェックしてみてください。

今回は「Logicool キーボード K380」をレビューしていきます!

Logicool K380の最大の特徴

Logicool K380

Easy-Switchで3台の切り替えができる

Logicool キーボード K380」を検討している方のほとんどが、3台のBluetooth対応デバイスの切り替えについて魅力を感じているかと思います。

この機能は確かに便利で、3つのデバイスをキーボードに登録すると、左上の黄色いボタン(Easy-Switch)を押せば、接続されているデバイスを数秒で切り替えることができます。

私は、仕事場で使うときに、以下の3つを切り替えて使っています。

  • デスクトップPC(Windows)
  • iPad Pro 11
  • iPhone XS

黄色いボタンを押して、3秒もすれば接続されるので割と頻繁に切り替える事が可能です。

ささやん
ささやん
スマホはともかく、WindowsPCとiPadの切り替えはとても便利です!

Bluetooth接続

接続はBluetooth接続です。
黄色いボタンを押すだけで接続先を自由に変更することができます。

接続のためには、最初に黄色いボタンに接続先を登録する必要があります。

接続方法

  1. 接続先のデバイスのBluetooth接続画面を開いてください。
  2. Logicool K380の123の中で割当てたい番号のボタンを長押ししてください。
  3. 接続デバイスでLogicool K380 が表示されるので接続して下さい。

Logicool K380の外観

279×124×16㎜のサイズです。コンパクトですが実用的なサイズです。

Logicool K380

「iPad pro 11インチ」と並べても違和感のない大きさです。

Logicool K380

 

超激安キーボードの「エレコム TK-FDM078TBK」と比べると、Logicool K380の方がかなりコンパクトなことがわかります。

Logicool K380

キーボードの中では薄型ですが、タイピングによるたわみは全く感じません。

重さは423g あるので、それなりの重量感は感じますが、タイピングのしやすさを犠牲にしてまでコンパクトなキーボードを持つ必要はないと思っています。

ささやん
ささやん
リュックなら背負ってしまえば気になりません。
Logicool K380

余談ですが、私のお気に入りのiPad Pro 11インチがちょうど入る「NOVOOのスリーブ」に入れることはできませんでした。スリーブは別途購入の必要があります。

Logicool K380

裏面には滑り止めのゴムがついています。

残念な点として「Logicool キーボード K380」には、角度調整用のスタンドが搭載されていません。
私はキーボードにはある程度の傾斜を求めるタイプなので非常に残念でした。

私が現在メイン機として使っている「Bluelounge KickFlip スタンド」は、サイズさえ合えばキーボードに直付けすることもできますよ。

Bluelounge
【使用レビュー】Mac使いが絶賛するスタンドはホントに便利なのか。Bluelounge KickFlipでノートPCに傾斜をつける。こんにちは!Macbook Air 2020で手首がもげそうになってた、ささやんです! 皆さんノートパソコンを使うときに、スタンド...

Logicool K380の使用感

静音性

音を出さないように意識すればほとんど無音でタイピングが可能です。

キーの音の種類としては、パシパシとキーを指でハタくような音が出ます。

キーピッチによる打感

Logicool K380

キーピッチは18mmあるので、フルサイズのキーボードに慣れている人でもギリギリ違和感なくタイピングできると思います。

ささやん
ささやん
男性からすると狭く感じるかもしれませんが、慣れで私は解決しました!

キーストロークによる打感

キーストロークは1.5㎜と浅めなので、最近のノートパソコンのようなペタペタ感の強いキーボードです。

一方で、ひとつひとつのキーが横ぶれせずにまっすぐ沈み込む感覚を覚えます。
キーの反発は強めなので、打鍵感をしっかりと感じれます。

キートップ「丸」による打感

Logicool K380はなんと、キートップが丸いんです。

Logicool K380

「丸」だから打ちやすいわけでも、打ちにくいわけでもなく、この点は好みかなと思います。また、キーの真ん中が凹んでいるので、指がフィットする感覚を覚えます。

キー配列

キーレイアウトは、JIS配列です。

Logicool K380

USタイプのキーボードを好んで選ぶ人もいますが、私は「エンターキー」が大きい方が好みです。

そのため、「Logicool キーボード K380」のJIS配列はプラスポイントですね。

バッテリーと電源スイッチ

Logicool K380は単4電池×2個で動きます。

Logicool K380

充電式の方が好みですが「単4電池2本で2年持つ」みたいなので、頻繁に電池切れになる印象はありません。

Logicool K380

電源スイッチは本体の左サイドについています。

Logicool K380レビュー|まとめ

以上、Logicool K380のレビューでした!

正直、買う前は「3つも接続切り替え」が出来なくていいかな?と思っていましたが、使ってみると活用の幅を感じることができました。

ささやん
ささやん
無くても支障はないけれど、あったら便利という感じです。

特にスマホで効果を発揮していて、今まではLINE返信などはフリックで打ち込んでいましたが「キーボードがあるならこっちで打とう」という気持ちになります。

ボタンを押すだけでつながるので、切り替えの面倒もありません。

iPadなどのタブレットと使うも良しですが、デスクに置いてもコンパクトで邪魔にならないので、複数端末を使いたい人は試す価値のある製品だと思います!

その他のキーボードレビュー

【レビュー】バックライト付きでBluetooth接続可能!ロジクール ワイヤレスキーボード KX800を購入した。1年以上前にコンパクトなキーボード「ロジクール K380」を購入して使っていたのですが、フルサイズのキーボードが欲しくなり「ロジクール ...
エレコムTK-FDM078TBK
【レビュー】エレコムのワイヤレスキーボード(TK-FDM078TBK)激安でサブ機におすすめこんにちは。ささやんです! パソコンを使う上で、最も大切とも言える入力装置といえばキーボードですよね。 私は普段、デスクトッ...

MacBookのおすすめアイテムまとめ

MacBookおすすめグッズ
【2020年まとめ】MacBook Air(Pro)におすすめの周辺機器&アクセサリ|厳選10アイテムこんにちは。Macユーザーに7年ぶりに返り咲いたささやんです。 現在使用しているMacBookは、2020年3月に発売されたMac...
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする