Apple

iPadで生活をしてみて、MacbookやWindowsPCの代わりにはならなかったという話

ipadパソコンの代わり

「iPad Pro 2018」が発売された時は、誰しもがそのスペックに驚愕しましたよね。

私もその一人で「パソコンよりもハイスペック」ならば「パソコンとして使える」のではないかと期待に胸を膨らませました。

ですが、結果としてiPad Pro 2018はそのスペックの高さと裏腹に、iPadとしての役割から脱却することはできませんでした。

この記事は「私の場合、iPadはPCの代わりにならなかった」という話を書いています。

ただ、結構いろいろな人に当てはまるんじゃないかなと個人的には思っています。

「ノートパソコンと同等のパワー」に疑問をもつべきだった

ipadパソコンの代わり本文

私が「iPad Pro 2018 11インチ」の購入を決意したのは

  • Apple pencilの高性能化
  • Apple pencilの充電方法の変更

の2点が大きな理由でした。

その辺のノートパソコン以上の性能があるなら、パソコンとして使える?便利な生活が俺を待っている!でも、iOSだよな?大丈夫かな。まぁいっか!かっこいいし!

と、こんな感じで購入しました。

私の場合は、SIM対応がどうしても欲しかったので、公式のappleストアで購入しました。

私はクリエイターではないので、絵や画像処理はしませんので一般的なビジネスユースな内容で考えています。

以下、私の利用場面の想定でした。

  • 手帳&メモを全てiPad Proに統合する。
    (どうやら、Goodnoteやnoteshelfとやらで手書き手帳が作れるらしいじゃないか!)
  • 資料のペーパレス化をする。
    (スキャンして自動でPDFつくれるんだろ?)
  • プロジェクターで画面投影をして、資料の手書き説明をする。
    (Apple pencilって、すごいんだろ?めっちゃ滑らからしいし。)
  • メール作成を全てiPad Proで行う。
    (サクサク動くなら余裕だろう。)
  • Googleスプレッドシートで資料作成をする。
    (いつでもどこでも作業ができてめっちゃ便利やん!)
  • 株式チャートを見る。
    (後に7桁の敗北を食らって貯金ゼロになるとは…この時のささやんは知らない

こんな感じです。

さぁ、この中でどれだけのことが実践できたのでしょうか。

【結論】iPad Pro 2018はやっぱりiOSデバイスだった

ipadパソコンの代わり本文2

出来たことはノートの電子化がメイン

iPadの機能を左右するiPadOSは、今となってはマウスが使えるようになりPCライクな使い方ができますが、ファイル管理の概念についてはやはりPCに劣ります。

ハード的なスペックが高性能なら、漠然と出来ることも増えていそうな気持になっていたんですが、そうではありませんでした。

結果的には、パソコンライクの使い方はほとんどできませんでした。

結局、上記の中で満足にできた項目は、

  • 手帳&メモを全てiPad Proに統合する。
  • 資料のペーパレス化をする。
  • プロジェクターで画面投影をして、資料の手書き説明をする。
  • Googleスプレッド シートの作成と編集

だけです。

iPadOSによって、Googleスプレッドシートが使いやすくなったのはものすごく良いんですが、ファイルとして保存するMicrosoft Officeシリーズについては、ちょっと使いづらいな感じました。

iPad Pro 2018がパソコンの代わりにならなかった2つの問題

なぜ、Photoshopですらサクサク動く性能を誇っているiPad Pro 2018がパソコンの代わりに使えなかったのか?

それは、

  • デスクトップがない
  • フォルダの管理方法がパソコンとは違う

この2点が、大きく影響しています。

デスクトップがない

皆さんは、パソコンからデスクトップがなくなることを想像できますか?

何気なく利用しているデスクトップがどれほど重要なものかがiPadを使ってみてわかりました。

一時的なファイルの保存場所やショートカット置き場として使われるデスクトップがあるのとないのとでは作業効率に大きな差がでます。

iPadではデスクトップがないので、開きたいファイルをアプリから直接探しに行く必要があります。

ですから、PCの代わりと考える上では、操作性に大きな違いが出てくるのです。

普段、PCでデスクトップを多く使う人は、iPadをPCに置き換えることを考え直した方がいいでしょう。

ファイル管理の問題

iPadってファイルの保存するときアプリ単位で管理しているそうなんです。

私は開発者ではないので詳しいことはわかりませんが、イラストで描くと下のような感じ。

ipad保存

だから、Aアプリで作成した資料とBアプリで作成した資料は、パソコンのように同じフォルダに収納することができないんです!(ファイル管理アプリを使えば似たようなことはできますけど。)

この点が、パソコンの代替機としてiPad Proを使うと考えた時に困るポイントです。「ファイルを集めておく共通のフォルダ」がないことで大量の資料を扱いづらいんです。

また、USB-Cが搭載されていますが、OSの問題でファイルを取り込むことができないのでデータのやり取りに苦労する場面も出てきます。

ただ、これはファイル管理で自分なりのルールを作って行えば解決できるんですけどね。

iPad Pro 2018はこんな人におすすめできる

私は、iPad Pro 2018を発売されてから、しばらくPCの代わりとして使っていましたが、正直なところ性能を持て余していると感じています。

iPadOSが配信された今でも、

  • イラスト制作
  • 音楽制作
  • 写真家
  • 漫画家

など、クリエイティブな作業や仕事をする方こそがiPad Pro 2018を最大限に活用できると感じました。

これまで書いてきた通り、普通のビジネスマンでパソコン代わりにするのには酷がありますし、動画視聴や漫画閲覧だけのコンテンツ消費でiPad Pro 2018を使うのはコスパが悪すぎます。

これから、iPad Pro 2018を買おうか悩んでいる方は、ご自身の活用法を一度見直してみてiPad Pro 2018で何をしたいのかを考えてみてください。

これからiPadを購入予定の人へ

iPadはとても高価なデバイスなので、少しでもお手頃に購入したいと思いませんか?

近くに電気屋の「ノジマ(Nojima)」があれば、かなりお得にiPadを購入する方法があるので下の記事を是非チェックしてみてください!

1円も出さずにiPadを購入することも可能なので使わなきゃ損ですよ!

【やらなきゃ損!】誰でもできるAppleWatchやiPadなどのApple製品を大幅に安く買う方法<ライフメディア編>Apple製品は割引が少ないことで有名ですよね。 割引があっても、Appleギフト券などのアプリなどを購入する電子マネーとして還元...
ビジネスマンにはMacBookがおすすめ
V.M MacBook Air用スリーブケース
【感想】MacBook Air 2020を仕事とプライベートで使い込んだ結果。仕事用=Windowsという必要はない。私は現在、仕事もプライベートも1台のMacBook Air 2020を利用しています。 ここ数年はずっとWindowsを使っていま...
MacBookAirキーイメージ
【2020年】メモリ増設するか?MacBook Air 2020モデル購入!「8GB」メモリを選択した理由を説明します。MacBookを我が子のように大切にしているささやんです。 と思ったものの「メモリの容量はどれにすれば良いんだ?」と思った...
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonギフト券チャージAmazonギフト券付与ポイント

詳しい使い方はこちらをチェック!

Amazonギフト券の詳細

Apple製品でも最大2.5%のポイント還元!