充電器・モバイルバッテリー

【cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAh レビュー】3種類の充電(Qi・USB-C・A)が可能なモバイルバッテリー!

cheero Energy Plus mini Wireless

Qiワイヤレス充電・USB-A・USB-Cという、3種類の充電方法に対応するモバイルバッテリー「cheero Energy Plus mini 4400mAh」の使い勝手をご紹介します。iPhone全シリーズ満充電可能なモバイルバッテリーで、コンパクトな点がとくにおすすめです!

モバイルバッテリーといえば、10000mAhなどの大容量なものが人気ですが、私は容量よりもコンパクトなサイズを重視して選んでいます。

スマホを1日使い倒すのに、1回満充電できれば十分ですね。

cheero Energy Plus mini 4400mAh」は、iPhoneを満充電するのに十分な容量でコンパクト!ライトユーザにぴったりなモバイルバッテリーなので移動の多い方は是非お試しあれ!

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhの外観

カラーはホワイトのみです。

cheero Energy Plus mini Wireless

表面にはワイヤレス充電パッドと共に、ゴム製のリングが装着されています。0.2mmくらい厚みがあるので、スマホ本体を傷つける心配がありません。

cheero Energy Plus mini Wireless

ここに、Qi規格のワイヤレス充電に対応したデバイスを置くことで充電可能になります。

cheero Energy Plus mini Wireless

本体上部には、各種ポートが並んでいます。左から、LEDライト、USB-A、USB-Cポートです。USB-Cポートは給電にも、充電にも使用できます。

cheero Energy Plus mini Wireless

サイズは約105 x 64 x 15mmとコンパクト&スリムなサイズです。iPhoneXSと並べると小ささがわかります。

cheero Energy Plus mini Wireless

重量は116gとモバイルバッテリーの中では軽量です。

cheero Energy Plus mini Wireless

ガジェットポーチにいれても重ばらないので持ち運びに役立ちます。

cheero Energy Plus mini Wireless

側面には残量確認もできる電源ボタンが付き、LEDインジケーター点灯で残量を確認することができます。

cheero Energy Plus mini Wireless cheero Energy Plus mini Wireless

残量チェック

  • LED付かない  0%
  • LED1個点滅  1〜5%
  • LED1個点灯  6〜25%
  • LED2個点灯  26〜50%
  • LED3個点灯  51〜75%
  • LED4個点灯  76〜100%

また、電源を長押しすることで、LEDライトを点灯させることができます。個人的には不要な機能です。

cheero Energy Plus mini Wireless
  • モバイルバッテリーCHE-05本体
  • USB Type-A to Type-Cケーブル

ケーブルは付属していますが、USBケーブルをコンセントと接続する充電器はついていないので別途用意しましょう。

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAhの特徴

cheero Energy Plus mini Wireless
  • iPhone11を1回以上充電可能な容量
  • 3種類の充電(Qi・USB-C&A)が可能
  • スマホと重ね持ち可能なスリムボディ

4400mhAの充電容量

cheero Energy Plus mini 4400mAh」は、4,400mAhのワイヤレスモバイルバッテリーです。

4,400mAhは、iPhone 11 だと計算上、約1.5回充電できるバッテリー容量です!

モデル名 バッテリー容量
iPhone11 3,110mAh
iPhone XR 2,942mAh
iPhone11 Pro 3,046mAh
iPhone XS 2,658mAh
iPhone11 Pro Max 3,969mAh
iPhone XS Max 3,174mAh
Pixel 4 XL 3,700mAh

 

iPhoneシリーズの全て、最新のGoogleスマホpixel4を1回以上満充電できるスペックです!

3種類の充電(Qi・USB-C&A)が可能

目玉機能はやはり、Qiの非接触充電です。最大5Wの出力で充電が可能です。

cheero Energy Plus mini Wireless

接触位置の認識がかなりシビアです。少しでもずれると充電が開始されないことがあるので、上の画像のようにぴったりと沿わして使うことをおすすめします。また、充電時間は、かなりかかります。4時間とか…。

USB-CとUSB-Aの2種類のポートを搭載していて充電に利用可能です。Qiと合わせると3台同時に充電することができます。

cheero Energy Plus mini Wireless

驚いたのが、かなり分厚い部類にはいる「iPhoneケース「Otter + Pop SYMMETRY」を装着したままでもQi充電ができました!普段から堅牢な保護ケースを使っている人でも活用できますね!

USB-Cはモバイルバッテリー本体の充電に利用でき、およそ3時間で満充電が可能です。

USB-Cは最大15W出力のデバイス充電が可能で、実測は約10W前後の出力でした。10Wもあれば十分です。

cheero Energy Plus mini Wireless
USB-Aは最大12W出力でなのですが、実測は約6~7Wの出力でした。

cheero Energy Plus mini Wireless

同時充電の際は最大15Wに制限されるので充電速度が落ちてしまいます。

スマホと重ね持ち可能なスリムボディ

Qi充電時の悩みの種である、充電しながらスマホを使うという点もコンパクト&スリムボディによって解決されています。

スマホと重ね持ちしても十分に利用できる薄さなのでQi機能も実用性ばっちりです。

cheero Energy Plus mini Wireless

cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAh|まとめ

以上、モバイルバッテリー「cheero Energy Plus mini 4400mAh」のレビューでした。

  • Qiワイヤレス充電とUSB-C・USB-Aの3種類の充電方法使える
  • コンパクト&スリム設計でQi充電しながらスマホを使える

ヘビーユーザーでない限り、これ1台あればいざという時に役立つはずです。値段も手ごろで手が出しやすいので、バッグに忍ばせる1台に是非どうぞ。

After Story|長期使った感想

何度か使っていての感想がいくつか出てきたので追記します。

以下の通り。

  • 充電をするとめちゃくちゃ熱くなる
  • 重ね持ちは使いづらい
  • コード不要・置くだけ充電はやっぱり便利
  • 軽くて携帯性抜群

良いところも悪いところも感じることができた。

ワイヤレス充電を何度か行ってきたが、その度にめちゃくちゃ熱くなりましたcheeroはモバイルバッテリーや充電器での販売実績がたくさんあるので不具合が起こることについては心配していませんが、思わず「あつ!」と思うような熱を感じます。

また、Qi機能とゴムのおかげで、重ねもちで利用可能ですがやっぱり分厚いと使いづらいです。充電しながらスマホの利用はやっぱりコードの方が便利かなと思いました。

ただ、やっぱり置くだけで充電ができるのはとても便利です。

特にショルダーポーチのような小さなバッグに入れる際にコードがないだけで荷物が減るので携帯性にかなり優れています。重量も軽いので荷物が重いと感じることもないです。

  • コードを持ち運びたくない人にはめちゃくちゃ良い!
  • 充電しながらスマホを使いたい人にはちょっといまいちかも!
    (→コードを持ち歩けば普通にモバイルバッテリーになります。)

以上、何度か使った追記レビューでした。

いずれにせよ、おすすめ商品ですので是非お試しください。

ABOUT ME
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
TP-Link 10年連続世界シェアNo.1キャンペーン

キャンペーン詳細はこちら

<キャンペーン概要>

期間中に税込5,000円以上のTP-Link製品を購入した人の中から、抽選で合計100名にUCギフトカード10万円分やスマートホームセットなど豪華賞品がプレゼントされます。

<応募受付期間>

2021年7月2日(金)~2021年9月30日(木)23:59



<当ブログのレビュー記事>