MacBook

【手順】BootCampでMacにWindows10をインストールしてみた。簡単すぎてびっくりした。

友人から「インストールタイプの弥生会計をMacで使いたい」という要望があったので、BootCampを使って、Windows10をMacにインストールしてみました。

とても簡単な作業だったので手順を紹介しておきます。

【手順1】Windowsが対応しているか確認

Windows10をサポートしているMacの型式(モデル)をまずは確認しましょう。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204990

BootCampはMacに最初から入っているソフトウェアなので用意する必要はありません。

また、インストール過程でWindowsの正式ライセンスが必要になるのでAmazonなどで購入しておきましょう。

【手順2】WindowsのiSOファイルを用意しておく

WindowsをインストールするMacに「WindowsのiSOファイル」をダウンロードしておきましょう。

Windowsの公式サイトで簡単にダウンロードできます。

Microsoft から Windows 10 ディスクイメージをダウンロード

保存先は、デスクトップやダウンロードなど自分のわかりやすい場所でOKです。

【手順3】Bootcampを使ってインストールしていく

iSOのファイルが準備できたら実際にインストールしていきましょう。

手順通りにやっていけば誰でもできます。

①「Launchpad」→「その他」→「Boot Campアシスタント」を探す

②「Boot Campアシスタント」を起動して「続ける」をクリック

③準備しておいたWindows10のiSOファイルを選択しておく。

④パーテーションのサイズを選択します。

MacとWindowsの間の「・」付近をドラッグするとサイズを変更できます。

macOSの保存領域は「128GB以上」確保しておくことをおすすめします。

パーテーションのサイズが決まったら「インストール」ボタンをクリックしてください。

⑤ダウンロードやディスクの設定が始まるので待ちましょう。

⑥途中で認証を求めてくるので「Touch IDを使用する」か「パスワードを入力」をしてください。

⑦Windowsのインストール開始

ここまで来ればあとは、Windowsのインストール画面が出てくるので画面の指示にしたがって入力していくだけです。

⑧Windowsを開くとBoot Campのインストーラーが表示されるので「次へ」を押して画面の通り進めてください。

【完成】

以上で、MacにWindowsを簡単にインストールすることができました。

特別な技術やツールは必要なく、Windowsのライセンスキーさえ事前に用意しておけば、誰でも簡単にMacへWindowsをインストールできます。

Macを使っているけど、Windows専用のアプリケーションを使いたいという人にはおすすめなのでぜひ試してみてください。

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする