【スマートホームへの道】Amazonエコーショーが想像以上に賢かった。もう手放せない朝の相棒になりました。

Echo Show 5

スマートホーム化にむけて、今更ですが、Amazonの「エコーショー5」を購入しました。

これが思った以上に便利だったので技術の進化に喜びを感じる日々です。

我が家での使い方と合わせてご紹介していきます!

スマートホームまでの道

スクリーン付きスマートスピーカー「Amazon Echo Show 5」

もはや説明する必要もないかと思いますが一応。

Amazon Echo Show 5は、小さな液晶がついたスマートスピーカーです。

Echo Show 5

スケジュールの管理や、音楽を楽しんだり、家族や友人とつながったり、日々の生活を便利にしてくれるデバイスです。

Echo Show 5

スマート”スピーカー”というくらいですから、とうぜん音楽再生もできます。

音質は…

音量を大きくしても音割れなく再生でき、低音がかなり効いた音質です。音楽再生のメイン機としては、ちょっと物足りないかなというのが印象です。

ささやん

ちょっと音楽でも聴きながら家事をする時には、音声操作できるので便利です!

Echo Show 5

なんと本体にはカメラも搭載しているので、ビデオ通話まですることができます。プライバシー保護のために、物理的にシャッターを閉められるので、利用しない人でも安心ですね。

Amazon Echo Show 5は単体でも利用できますが、別記事でご紹介している、SwichBotと連携することで生活をより一層快適にすることができます。

ささやん

音声操作の登場だ!

Amazon Echo Show 5 活用例

私の場合の活用例をご紹介します。

主な利用法は、4つです。

  • SwichBotハブミニと連携して家電を音声操作
  • SwichBotプラグと連携して電源ON/OFF
  • 目覚まし時計
  • ニュース

SwichBotとの連携は本当に便利なので、Amazon Echo Show を購入する場合は、是非合わせ買いをおすすめします!

では、ひとつずつ見ていきましょう。

SwichBotハブミニと連携して家電を音声操作

「SwichBotハブミニ」についてはこちらの記事を見てください。

【スマートホームへの道】SwitchBot Hub Miniで赤外線リモコン統一。リモコンがある家電をスマホ操作できるぞ。

「Amazon Echo Show 5」と「SwichBotハブミニ」では、

  • 部屋の電気
  • 空気清浄機

を音声操作できるようにしています。

「アレクサ 電気つけて(消して)」

「アレクサ 空気清浄機つけて(消して)」

と言えば、ともにON/OFF可能です。

また、Amazon Echo Show 5では、スキルを登録できるので、私は「おやすみ」という言葉をかければ「電気OFF、空気清浄機ON」を自動で行うように設定しています。

照明電気はリモコンを探さなくて良くなったのでかなり快適ですよ!

SwichBotプラグと連携して電源ON/OFF

「SwichBotプラグ」についてはこちらの記事を見てください。

switchbot プラグ【スマートホームへの道】SwitchBot プラグでコンセントを遠隔操作!コンセントさすだけの簡単設置。

「Amazon Echo Show 5」と「SwichBotプラグ」では、タコ足配線を利用して、

  • スマホの充電器
  • (冬)電気毛布
  • (夏)扇風機

を、「アレクサ プラグつけて(消して)」で操作できるようにしています。

SwichBotプラグは、スケジュール設定が可能なので、万一消し忘れても、朝の8時にはOFFになるようにしています。

目覚まし時計

今までは、スマホで目覚ましを設定していましたが、今はAmazon Echo Showのみで生活しています。

操作は、

寝る前に「アレクサ 7時に目覚ましかけて」と声をかけるだけ。

解除の時は、「アレクサ 目覚まし止めて」といえばOKです。

ささやん

目覚まし音は、不快な気分にならない低めの音がデフォルトで用意されていますよ。

一つ設定したあとに、追加で設定することも可能なので、必要なだけどんどん声がけをしましょう!

MEMO
AM、PMの認識もばっちりしてくれます。午前か午後の判断をアレクサができない場合は、きちんと確認してくれます!

また、目覚まし停止は、画面をワンタッチするだけでもOKです。この場合、スヌーズ機能で再度目覚ましを鳴らしてくれるので、うっかり止めてしまっても問題ありません。

さらに、目覚ましを止めた後のアクションも設定できるので、私は以下のように設定しています。

目覚ましOFFの動作をした後、すべて自動で、

  • 部屋の電気ON
  • 電気カーペットOFF
  • 空気清浄機OFF
  • 天気予報のお知らせ

をしてくれます。

この機能が最高に良くて、朝寝坊な私でも電気ONと天気予報の声でさすがに起きれるようになりました!

ニュース

朝起きた後、布団でもごもごしている間に、アレクサのニュースを聞いています。

「アレクサ 今日のニュースは?」と声をかければOKです。

Amazon Echo Showは液晶搭載なので、映像も流れますが、私は耳だけで聞いています。

テレビで十分ですが、空いた時間にちょっと確認するには便利ですよ。

(おまけ)YoutubeやSpotifyも利用可能

私は、利用しませんがYoutubeを再生することもできます。

Amazon Echo Show搭載のブラウザ(Firefox)で再生するので、全画面ではありませんが、卓上で見る分には十分なサイズです。

また、「アレクサ 音楽をかけて」というと、利用している音楽再生サービスを利用して、音楽再生させることも可能ですよ。

Amazon Echo Show 5 でスマートホーム化|まとめ

以上、Amazon Echo Show 5でのスマートホーム化の様子のご紹介でした!

我が家では、SwichBotシリーズと連携して、音声で家電を操作できるようにしています。

「アレクサ おやすみ」→家電一斉OFF&電気毛布と加湿器だけON

「アレクサ おはよう」→家電一斉OFF&照明だけON

など、自分の生活に合わせて自由に設定可能なので、カスタマイズを楽しむこともできます!

Amazon Echo Show単体でも、目覚まし機能やニュース機能で十分に利用できますが、スマートプラグやスマートハブと活用すると、活用の幅が大きく広がると思います。

オリジナルの使い方で是非生活を便利にしてみてください!

スマートホームまでの道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です