【スマートホームへの道】SwitchBot プラグでコンセントを遠隔操作!コンセントさすだけの簡単設置。

switchbot プラグ

ささやん

あれ?
ヒーターの電源切ったかな…?
皆さんは、こんな不安がよぎったことはありませんか?

私は毎日あります(汗)

玄関を出てから、1度、2度、場所を変えて3度と戻って確認しています。

私ほど心配性な人は少ないでしょうが、出先で「電源」の切り忘れを心配することは少なくないはず。

今回は、そんな不安を一発で解決してくれるデバイスSwitchBot プラグ」の紹介です!

これで”電源不安”から間違いなく解消されますよ!

当ブログでは、スマートホーム化に向けて様々な取り組みをしています。

↓↓ほかの記事も是非ご覧ください!

スマートホームまでの道
注意
外出先から操作をするためには、Google Assistant、Amazon Alexa、IFTTTへの連携が必要です。

スマートプラグ「SwitchBot プラグ」

SwitchBot プラグは、電化製品のコンセントとつなぐことで、電源のオン/オフをスマホから遠隔操作できるようにするデバイスです。

本体とスマホがあれば、他の周辺デバイスなしで使用可能です。

switchbot プラグ

仕組みは単純で、スマホからオン/オフの操作をすると、物理的に電化製品に電気を流したり、または流れないように制御してくれます。

注意
Wi-Fiに接続してスマホから操作をするので、必ず自宅のネットワークWi-Fi環境を整えましょう。

これからWi-Fiの導入をするならメッシュWi-Fiがおすすめ!家中どこでもWi-Fiの接続先変更が不要です!

Deco M5【レビュー】Deco M5 実機レビュー!どこでも繋がるメッシュWi-Fiで快適ネット環境を構築!

サイズ(76mm×38mm×46.6mm)は、一般的なタコ足配線よりも横長タイプになります。

switchbot プラグ

設置はとても簡単で、コンセントにSwitchBot プラグをさすだけです。

switchbot プラグ

その後、スマホからWi-Fi設定を行い、家電のコンセントをさせば準備完了。

switchbot プラグ

スマートプラグは、様々なメーカーから販売されていますがSwitchBot プラグは横長なため、他のコンセントプラグと干渉しません

2口コンセントを無駄にせず利用できます。

switchbot プラグ

ささやん

他のコンセントと干渉しないデザインは、SwitchBot プラグの最大の特徴のひとつだね!

SwitchBot プラグの活用例

SwitchBot プラグは、活躍する場面と苦手な場面があります。

得意なシーン

SwitchBot プラグは、電源を単純にオン/オフするだけの家電の操作に非常に向いています。

我が家では、ヒーターと接続してスマホから消したりつけたりしています。

山善 遠赤外線ヒーターDBC-J122

使い方は、900Wや1200Wにスイッチをいれたまま、SwitchBot プラグ経由で電源をオン/オフさせます。

温度の変更はできませんが、遠隔でオン/オフできるので消し忘れ防止に役立っています!
山善 遠赤外線ヒーターDBC-J122【実機レビュー】速暖カーボンヒーター&遠赤外線シーズヒーター「山善 DBC-J122」最大1200Wでポカポカを実現!

その他には、

  • 電気毛布
  • スマホ充電器
  • 加湿器

などと繋がったタコ足配線と接続して、一括でオフにできるよう利用しています。

電気毛布は、時々消し忘れがあるので…。

ささやん

特にヒーター関係の家電と相性がいいですね!物理スイッチの扇風機も抜群に相性良し!
注意
最大消費電力は1500Wです。超えないように注意しましょう。

苦手なシーン

一方で、SwitchBot プラグは電源オン後に操作が必要な家電には不向きです。

あくまで、電源を「ONにするか」「OFFにするか」という操作のためです。

残念ながら、例えば「タッチ式のデスクライトと接続して操作をする」という事はできません。

Tao Tronics TT-DL13

また、

  • テレビに接続してチャンネル操作を…。
  • エアコンに接続して冷房を…。
  • 加湿器と接続して、風量や湿度調整を…。

なんてことはできません。

これらをしたい場合は、別売りの「SwitchBot Hub Miniを利用しましょう!

赤外線対応リモコン対応ならば、スマホから遠隔操作できますよ。

【スマートホームへの道】SwitchBot Hub Miniで赤外線リモコン統一。リモコンがある家電をスマホ操作できるぞ。

SwitchBot プラグの操作

設定後のSwitchBot プラグは、ワンタップで電源のONやOFF操作をすることができます。

switchbot プラグ

MEMO

アレクサ/Googleアシスタント/Siriを利用した音声操作との連携ももちろん可能です。

アプリのメニューからは、

  • スケジュールの設定
  • 遅延実行の設定
  • 消費電力の設定
  • クラウドサービスの設定

を操作することができます。

switchbot プラグ

スケジュールは、時間を分単位で設定することができます。

残念ながら日付指定できませんが、曜日単位の繰り返し設定を行うことができます。

私は寝室では、朝起きる時間に電気毛布がオフになるよう設定しています。

switchbot プラグ

ささやん

スケジュールは複数設定可能ですよ!

消費電力は、一覧表示や月ごとの詳細を確認できます。

何が電気代を食っているのかを確認するのに役立ちますね。

switchbot プラグ

SwitchBot プラグを設置した感想

switchbot プラグ

SwitchBot プラグを利用してみた感想は「これで安心」という気持ちです。

これひとつで家電を何でも操作!ということはできませんが、あればいざという時に役立つというデバイスです。

我が家では、冷暖房機器と接続する場面が多く、消し忘れ防止にかなり役立っています。

単純にコンセントを接続するだけの家電であれば問題ないので、利用の幅はかなり広いのではないでしょうか。

ささやん

一家に1台あれば、ちょっとしたときに役立つはずです!

SwitchBot プラグでスマートホーム化|まとめ

以上、電化製品をスマホからオン/オフできるデバイス「SwitchBot プラグ」のご紹介でした!

switchbot プラグ

SwitchBot プラグは、オンやオフをするだけで使える家電との相性が良く、

  • 扇風機
  • ヒーター
  • 電気毛布
  • タコ足配線の一括オフ

などの場面で我が家では活躍しています!

ネットワーク設定とか難しそう…という方でも、SwitchBot プラグは本体とスマホさえあれば利用できるので、ほとんど設定をすることなく利用できます。

また、

  • スケジュール設定
  • 消費電力の管理

までスマホで確認・操作することができます。

コンセントにさして、Wi-Fi経由でスマホと連携すれば利用できるお手軽なスマートデバイスなので、是非おためしください!

注意
外出先から操作をするためには、Google Assistant、Amazon Alexa、IFTTTへの連携が必要です。
SwitchBotシリーズ

数多くあるスマートリモコンの中で今回利用したSwitchBotシリーズは、

をシリーズとして発売しており、全て同じスマホアプリで管理ができる点が大きなメリットです。

製品をころころ変えると、管理するアプリが増えて逆に管理が面倒くさくなるかもしれないので注意が必要です。

SwitchBotシリーズは、そんな心配がないので、一括管理をしたい人には是非おすすめしたい商品です!



スマートホームまでの道【関連】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です