【土地の発見】あまりの立地の良さに、お気に入りのハウスメーカーを捨てて、関西住宅販売に連絡!

関西住宅販売との出会い

この「おうちを建てる」シリーズでは、管理人ささやんが、実際に新築物件を立てるリアルなストーリーを公開しています。

普段のレビューブログとは違って、柔らかい口調で読みやすくブログを書ければと思っているので気楽にご覧下さい♪

これから家を建てる方の少しでもお役に立てれば幸いです♪

家をたてようと思ったきっかけ

夢に終わった過去

実は、ささやんはちょうど半年ほど前・・・さかのぼる事、2019年春

ハウスメーカー巡りをしていました。

そうです。家を建てようとしていたのです。

このころは、賃貸に住み続ける無駄さに嫌気がさし早いうちに持ち家に切り替えようと躍起になっていたのですが、結果として流れてしまいました。

理由は、思い出したくもない、株価暴落(爆!!)

ということで、気持ちもお財布も意気消沈して、夢のマイホームはただの夢で終わっていたわけです。

親との同居が必要となった

経済的な面で、夢に終わっていたマイホームですが、必要に迫られる事態になってきました。

詳しく書くと、さすがに恥ずかしいので、

ちょーかみ砕くと、

看護師の母親が定年退職を迎えるにあたって、生活維持のための同居が必要となってきたからです。

正直なところ夫婦生活で不満はなく、順風満帆な生活を送っていたので、同居には躊躇していました。

でも、長い目で見ると、早く行動した方が経済的には大きなメリットがあったので行動に移すことに。

やっぱりマンションの維持って大変だなと感じる。

現状、母親はマンション住まいでした。

そのため、住んでいるだけ固定費ががっつりかかっていました。

管理費と駐車場代、共益費、固定資産税、修繕積立費・・・

積もればなんと、毎月28,000円もかかっているとのこと。

年金生活になる親がそんなお金を毎月払いながら、光熱費や食費を出していくのはかなり困難でした。

また、なんと65歳の定年を迎えてもローンが500万円ほど残るとのこと・・・。

どういう計算で住宅ローンを組んだんや!

ローンを払いきって住むか、中古売却するか悩む。

ささやんは一人っ子長男で、将来的には自分が相続するマンションだったので、自分で500万円だして残債を処理する考えもあったのですが、築30年近いマンションの価値が、さらにその先の30年先(築60年)にはどうなってるのかも不安だったので、中古売却をして差益(あれば‥)を新築に当てる算段で話を進めることにしました。

関西住宅販売との出会い

「斯く斯く云々で、母親と同居が必須だわ」と嫁やんに現実を伝えて、将来的には同居が必須になりそうだということを理解してもらっていた矢先。

外からの工事の音が騒がしい・・・。確実に、重機で何かを取り壊している音だった。

ふと「もしかして、土地売り出すのか・・・?と」気になったので、イヌッコロの散歩がてらに立ち寄ってみることに。

すると、古民家の取り壊しをしていました。

ささやん

え!?まじか!!!まさか、この土地あくの!?

と、若干、取り乱したささやん。

  • 土地面積45坪
  • 駅から徒歩9分
  • コンビニまで徒歩2分
  • スーパーまで自転車で5分
  • 日々の活動エリアの中心付近
  • 近隣民家は綺麗な家や外車が多く変わった人は少なそう
  • 高速道路へのアクセス良
  • 大きな道路には面していない

という、まさに自分たちの希望にばっちり合った土地だったのです。

懸念と言えば、隣が謎の空き地で、粗大ごみ?ではないが業者のゴミがあるくらい。(ってやばいか!?)(笑)

ということで、SUUMOで即チェック!

ある!!!!!

ということで、条件を確認すると、

建築条件付き土地「関西住宅販売」

これが、KANJUとの出会いでした。

スマイルハウスという名で、ささやんの地域ではめちゃくちゃ分譲地と家を売っている会社でした。

これまで、

  • へーベルハウス
  • 一条工務店
  • アキュラホーム
  • ミサワホーム

など、全国的に有名なハウスメーカーしか見てこなかったので、関西住宅販売と見た瞬間、正直な所不安しかありませんでした。

(一条工務店で、超高性能住宅をたてたかったなぁ)

しかも、これまでは、建築条件付き土地は基本的に除外してきていたので、その日はどうするか、めちゃくちゃ悩みました。

結果的に、ひとまず、話は聞きに行こうということで、翌日すぐに電話をかけることに。

次回に続く~

【初回アポ】KANJU(関西住宅販売)の営業所と営業さんの雰囲気はGOOD。ざっくりとした金額も聞いてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です