iPad

【レビュー】Logicool K380 iPadに最適なコンパクトなおしゃれなBluetoothキーボード

Logicool K380

こんにちは。キーボード作業が多すぎて腱鞘炎になっている、ささやんです!

私はipadと合わせて購入した折り畳みのキーボードを持っていますが、キー配置が私に合わなくて結局使っていませんでした。

そこで、ipadやスマホでも柔軟に使える「Logicool K380」を購入してみました!

仕事でもブログでも、毎日がっつり使っていますが、大量タイピングにも十分使えるキーボードです!

今回はLogicool K380をレビューしていきます!

Logicool K380の最大の特徴

Logicool K380

Easy-Switchで3台の切り替えができる

Logicool K380を検討している方のほとんどが、3台のBluetooth対応デバイスの切り替えについて魅力を感じているかと思います。

この機能は確かに便利で、3つのデバイスをキーボードに登録することができて、左上の黄色いボタン「Easy-Switch」を押せば、数秒で接続されているデバイスを切り替えることができます。

私は、仕事場でデスクに「デスクトップPC」「タブレット」「スマホ」を置いているので、キーをそれぞれに割り当てています。

黄色いボタンを押して、3秒もすれば接続されるので割と頻繁に切り替える事が可能です。

Bluetooth接続

接続はBluetooth接続です。黄色いボタンを押すだけで接続先を自由に変更することができます。Logicool K380の最大の特徴ですね。

接続のためには、最初に黄色いボタンに接続先を登録する必要があります。

接続方法

  1. 接続先のデバイスのBluetooth接続画面を開いてください。
  2. Logicool K380の123の中で割当てたい番号のボタンを長押ししてください。
  3. 接続デバイスでLogicool K380 が表示されるので接続して下さい。

Logicool K380の外観

279×124×16㎜のサイズです。コンパクトですが実用的なサイズです。

iPad pro 2018 11インチと並べても違和感のない大きさです。

Logicool K380

エレコムのTK-FDM078TBKと比べると、Logicool K380の方がかなりコンパクトです。

Logicool K380

キーボードの中では薄型ですが、タイピングによるたわみは全く感じません。

Logicool K380

重さは423g あるので、それなりの重量感は感じます。正直、持ち運び専用なら200g以下のキーボードが希望ですが、私は毎日ipadと共に鞄に入れています。

リュックなら背負ってしまえば気になりません。

余談ですが、私のお気に入りのiPad 2018 pro 11インチがちょうど入るNOVOOのスリーブに入れることはできませんでした。スリーブは別途購入の必要があります。

Logicool K380

裏面には滑り止めのゴムがついています。

ですが、角度調整用のスタンドが搭載されていません。私はキーボードには絶対に傾斜を求めるタイプなのでこの点は非常に残念でした。

Logicool K380
Bluelounge
【使用レビュー】Mac使いが絶賛するスタンドはホントに便利なのか。Bluelounge KickFlipでノートPCに傾斜をつける。こんにちは!Macbook Air 2020で手首がもげそうになってた、ささやんです! 皆さんノートパソコンを使うときに、スタンド...

Logicool K380の使用感

静音性

音を出さないように意識すればほとんど無音でタイピングが可能です。

キーの音の種類としては、パシパシとキーを指でハタくような音が出ます。

キーピッチによる打感

キーピッチは18mmあるので、フルサイズのキーボードに慣れている人でもギリギリ違和感なくタイピングできると思います。

Logicool K380

私が普段使っている(いた)キーボードは、

  • Macbook pro 13.3 Retina Late2013
  • エレコムのTK-FDM078TBK
  • Logicool K270

主にこの3種類です。

それを踏まえて、Logicool K380を使った感想は「若干ピッチが狭い」でした。ほんとに少しだけという感覚です。

ですが、1時間程度タイピングをすれば慣れてきました。感覚レベルの話なのでご参考までに。

キーストロークによる打感

Logicool K380キーストロークは1.5㎜と浅めなので最近のノートパソコンのようなペタペタ感の強いキーボードです。

また、ひとつひとつのキーが横ぶれせずにまっすぐ沈み込む感覚を覚えます。キーの反発は強めで、打鍵感をしっかりと感じれます。

キートップ「丸」による打感

Logicool K380はなんと、キートップが丸いんです。はっきりいって賛否両論となること必至です。正直なところ「丸」だから打ちやすいわけでも、打ちにくいわけでもありません。キーの真ん中が凹んでいるので、指がフィットする感覚を覚えます。

Logicool K380

キー配列

JIS配列キーボードです。「Enterが2列」使われているのでかなり押しやすいです。(個人的にかなり大切)

  • Mac&Windowsの両方用に印字されている
  • 上下右左キーが小さい点
  • iOSやandroid用のショートカットキーを搭載
Logicool K380

バッテリーと電源スイッチ

Logicool K380は単4電池×2個で動きます。充電式が良かったですが「2年持つ」らしいので良しとしましょう!

Logicool K380

電源スイッチは本体の左サイドについています。

Logicool K380

Logicool k380の残念なポイント

このキーボードにも問題点があります。

それは、iOSを使う人にとっては、まぁまぁ致命的な問題で、実はLogicool k380はJIS配列でキーが印字されているせいで、iOSでは印字と出るキーが異なります。

特に困るのが、(かっこ)…。

JIS配列では、8、9とシフトを同時押しで(かっこ)がでますが、このキーボードでは、9、0をシフト同時押しする必要があります。

じゃあ、US配列買えばと思ったのですが、残念ながらJIS配列しか販売されていません。

今ではすっかり慣れましたが、なれるまではタイプミスが出ると思うので覚悟しましょう!

そんな不便があっても、持ち運びをしやすいし、iPadとの親和性も高いので私は満足しています。

タイピングなんて慣れれば手元を見る回数は減るので問題ありません!

Logicool K380レビュー|まとめ

以上、Logicool K380のレビューでした!

正直、買う前は「3つも接続切り替え」が出来なくていいかな?と思っていましたが、結果的に便利でした。

無くても支障はないけれど、あったらすごく便利という感じです!

特にスマホで効果を発揮していて、今まではLINE返信などはフリックで打ち込んでいましたが「キーボードがあるならこっちで打とう」という気持ちになります。

ボタンを押すだけでつながるので面倒くささもありません。

デスクに置いてもコンパクトで邪魔にならないので、複数端末を使いたい人は試す価値のある製品だと思います!

エレコムTK-FDM078TBK
【レビュー】エレコムのワイヤレスキーボード(TK-FDM078TBK)激安でサブ機におすすめこんにちは。ささやんです! パソコンを使う上で、最も大切とも言える入力装置といえばキーボードですよね。 私は普段、デスクトッ...
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

Amazonチャージ

現金でチャージするたび「チャージ額×最大2.5%」のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

Amazonギフト券をチャージする