【レビュー】2ポート搭載なのにコンパクト!RAVPower 18W 高速充電器 RP-PC108 が使いやすい!

こんにちは。いまだに3年前のスマホの充電器を使っているささやんです!

皆さんは、

  • 出先でスマホのバッテリーがない!
  • 急ぎで充電したいけど、持っている充電器だと遅い!
  • サブ機で前のスマホの充電器を使っている。

なんてことありませんか?

特に、職場用として、以前使っていたスマホの充電器を使っている人が多いのではないでしょうか?

私も職場では有り合わせの充電器を使っていたのですが、あまりにも充電時間がかかるので外出用に1つ購入しました!

今回は、2ポート搭載の高速充電器「RAVPower RP-PC108」のレビューをしていきます!

↓候補にした他の充電器はコチラ!
高速充電器【2019年最新】持ち運びしやすいコンパクトな高速充電器を探してみた。

RAVPower RP-PC108はコンパクトなのに2ポート搭載

▼外観は真っ黒です。艶のないタイプですが指紋は多少つきます。「付きにくいですが付く」という感じです。カラーバリエーションは、黒と白があります。

RAVPower-RP-PC108

▼サイズは49x49x30mmです。購入前に数字では認識していましたが、想像していたよりもコンパクトでした。

Huawei P20 liteと比べると3分の1程度の大きさですね。重さは70gなので持ち運びは全く苦になりませんよ。

RAVPower-RP-PC108

▼ポートはUSB Type-CとType-Aの2ポート搭載しています。ここ点が、私の最も気に入っているポイントです。

  • 18Wの出力
  • コンパクト
  • 2ポート搭載

は、他の製品では中々無いので、RAVPower RP-PC108を選ぶ理由に繋がりました!

RAVPower-RP-PC108

▼コンセント部分は折りたたみ方式です。折り畳み時には、少しだけ金属部分が出ます。ただ、少し出なければコンセント部分を開閉できないので致し方ないところですね。

RAVPower-RP-PC108

▼差し込んでいるときには青のLEDが点灯。断線がないかはここでわかります。

また、壁面コンセントに差し込んでも、隣のコンセントに干渉しません。延長コードタイプのタコ足コンセントでも干渉しにくいはずです。

RAVPower-RP-PC108

RAVPower RP-PC108の充電性能

USB-TypeAとType-Cの2ポート

RAVPower-RP-PC108

見ての通りですが、RAVPower RP-PC108は2ポート搭載しています。

  • USB Type-CはPower Delivery3.0(PD)に対応しています。
  • USB Type-AはQuick Charger3.0(QC)に対応しています。
  • iSmart 2.0を搭載しています。

Power Delivery3.0とQuick Charger3.0は、USB Type-CとType-Aの充電規格のことで、いわゆる高速充電に対応していることを表しています。

iSmart 2.0は、接続したデバイスに応じて適切な出力を自動で選択してくれる機能です。

充電出力

RAVPower-RP-PC108

充電出力は、

  • PDまたはQCの単独充電で最大18W
  • 両ポート同時使用でそれぞれ最大9W

それぞれのポートを単独で利用した場合は、18Wの高速充電が可能です。最近のスマホは18WのPD充電対応が多いので、スマホ充電であれば十分な出力です。

ただ、両ポート同時使用の場合は出力が最大9Wになってしまうので充電速度は遅くなってしまいます。コンパクトで2ポート搭載である反面、同時使用の出力が落ちてしまうのは弱点ですね。

充電時間

Amazonの販売ページでは、

充電目安時間(0%→100%)
iPhone XR:約1時間44分(9V)
iPhone XS:約2時間3分(9V)
iPhone X:約2時間12分(9V)
iPadpro:約2時間50分(12V)
Galaxy S9:約1時間44分(9V)
Galaxy S8:約1時間45分(9V)
Galaxy Note 9:約1時間46分(9V)

と記載されています。

私の場合、

  • iPad pro 2018 11インチ:約2時間30分
  • Pixel3a:約2時間

で100%になりました。環境によってムラはあるみたいですね。

コイル鳴きや極度な発熱は今のところありません。ちなみに、18か月保証があります。

RAVPower RP-PC108のレビュー|まとめ

以上、RAVPower RP-PC108のレビューでした。

  • とにかくコンパクトである。
  • USB Type-AとType-Cの2ポート搭載されている。
  • PD、QC、iSmartの搭載(対応)している。

窒化ガリウムの高速充電器が話題になっていますが「1ポートタイプでも4000円近く」とまだまだロマン価格です。これからの窒化ガリウム製品の進化と低価格化を期待します!

パソコンの充電をする人には利用価値がありそうですが、スマホやカメラ、ゲーム機の充電目的の人は18Wタイプでいいというのが私の意見です。

RAVPower RP-PC108は1ポート並みの小ささで18W出力なので取り回しのしやすい充電器です。

スマホが高速充電できたらいい!という人にはおすすめな製品なので是非利用してみてください!

Anker PowerPort Atom III Slim【レビュー】Anker PowerPort Atom III Slim とにかく小さい!GaN採用で世界最薄の最大30W出力USB-C充電器 高速充電器【2019年最新】持ち運びしやすいコンパクトな高速充電器を探してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です