【Soundcore miniレビュー】大音量・高音質のコンパクトBluetoothスピーカー

soundcoremini

こんにちは!ささやんです!

皆さんは持ち運びできるスピーカーを持っていますか?

私は普段は使わないんですが、いざという時に活用できるので1つだけ持っています。

Anker SoundCore miniを買って半年がたったので良いところ悪いところのレビューをしていきます。

SoundCore miniの外観

見て分かる通り、艶のない黒で包まれています。

soundcoremini 上

上部は完全アルミでロゴ文字が入っています。かなりスタイリッシュに仕上がっています。

裏面はゴムの滑り止めがついています。重量も215gあるので安定しておくことができます。

soundcoremini-1

接続方法は4種類

SoundCore miniには4つのモードがあり、電源を入れたあと、切替ボタンを押すことでモードの選択ができます。

soundcoremini 接続

モード切替順序

AUXとSDカードの利用状態によってモードのループ順番が変わります。

  • AUX非接続+SDなし
    ループ順:Bluetoothモード→FMラジオモード
  • AUX接続+SDなし
    ループ順:Bluetoothモード→AUXモード→FMラジオモード
  • AUX接続+SDあり
    ループ順:Bluetoothモード→AUXモード→FMラジオモード→SDカードモード

Bluetooth接続

SoundCore miniはBluetooth 4.0接続です。約20mの距離まで接続が可能であり、またノイズキャンセル機能のついたマイクを内蔵しているので、スピーカーを通じて通話することもできます。

一度ペアリングしたら次回からはスマートフォンのBluetoothをオンにしておけばSoundCore miniの電源をオンにすると同時にペアリングしてくれます。ちなみに、ペアリング時は「ポロリン」と音が鳴ってくれます。

AUXで優先接続

3.5mmの一般的なイヤホンジャックを接続することで音声を流すことができます。Bluetooth非搭載の機器と接続する場合は必須ですね。

SDカードモード

マイクロSDカードに保存されているmp3形式の音楽ファイルを流せます。

FMラジオモード

単独でラジオ受信が可能です。アンテナ感度が良くないので場所探しは必要です。(USB充電ケーブルがアンテナ代わりになるそうです。)

FMラジオモードの使い方
  1. FMラジオモードにします。(ザーと砂嵐音がなります)
  2. 受信しやすい場所で、再生ボタン(正面の▶)を長押しする。
  3. 「ポポン」と電子音がしてオートスキャンが開始されるのでしばらく待ちます。
  4. スキャンが完了すると周波数の一番低い局が再生されます。
  5. 音量調節ボタンを長押しして前後の局にスキップできます。

色のバリエーションが多い

SoundCore miniは4色から選ぶことができます。すべてアルミ素材なので高級感ばっちりです。

SoundCore miniの音質

コンパクトなのに大音量

soundcoremini 斜め

音質を左右するポイントとして「ステレオ」か「モノラル」かがありますが、SoundCore miniはモノラルなのでその点では物足りなく感じるかもしれません。

しかし、サブウーファーを搭載しているので、パワフルなサウンドは堪能でき「音がしょぼい」と感じることはないです。

また、中域音はかなりすっきりと聞こえて、ボーカルは少し立体的に聞こえます。ホールで聴いているような感じかな。

音量に関しては、BBQでも聞こえるとお伝えした通り、めちゃくちゃ大音量がでます。

電源ON時の音量が大きい

起動音の音量調整ができます。

  1. SoundCore側で音量調節をする。
  2. 他の入力モードに切り替える。
  3. 電源を切る

3つの手順で、次回電源投入時に音量レベルを記憶しているので、起動時の音が大きいという問題を解決できます。

SoundCore miniは、スマホやタブレットのスピーカーでは物足りないと感じる場合に使う人が多いと思います。

ですが、MicroUSBとAUXでパソコンとつなげば、常に充電されたまま使用することが可能です。その点を活かして、私はパソコンのメインスピーカーとして利用していました。

ただ残念なところとして、電源がスイッチ式なのでON/OFFの使い分けが面倒くさいです。

soundcoremini AUX接続

野外での利用が便利

SoundCore miniは、その名の通りめちゃくちゃ小さいです。約67×67×67 mmなのでポケットに入ります。

しかも、内蔵バッテリーで約15時間の再生が可能です!

その利便性から、

  • アウトドアでBGM再生用に持ち出し
  • 車の中でiPadの音声出力
  • 車に忍ばせておいて、必要な時だけ取り出す

のように室内だけではなく、野外や出先で使うことが可能です。

音量も大きくしても音割れしないので、河川敷でBBQしながら使用できますよ!

防水機能はナシ

SoundCore miniは、防水機能がないので水辺での使用はおすすめしません。新型のSoundCore mini 2には防水機能搭載しています。ただし、お値段が少し上がります。

Soundcore miniレビュー | まとめ

パソコンとの使用、車の運転中、アウトドアなど様々な場面で活躍してくれるスピーカーです。

  • コンパクトが良い
  • でも、音質も求めたい
  • バッテリー内蔵がいい
  • 大音量が良い
  • FMラジオをクリアな音で聞きたい

という方にはSoundcore miniは十分おすすめできる商品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です