【iPad Pro】MacbookやWindowsPCの代わりにはならないという話

ipadパソコンの代わり

こんにちは!ささやんです!

「iPad Pro 2018」が発売された時は、誰しもがそのスペックに驚愕しましたよね。

私もその一人で「パソコンよりもハイスペック」ならば「パソコンとして使える」のではないかと期待に胸を膨らませました。

ですが、結果としてiPad Pro 2018はそのスペックの高さと裏腹に、所詮iPadとしての役割から脱却することはできませんでした。

この記事は「私の場合」という話を書いています。ただ、結構いろいろな人に当てはまるんじゃないかなと個人的には思っています。

MEMO
私はiPad Pro 2018を購入して全く後悔していません!使い方によっては最高のデバイスだと思います。ただ、私の想定していた使い方にはほど遠かったというだけの話です。

「ノートパソコンと同等のパワー」に疑問をもつべきだった

ipadパソコンの代わり本文

私が「iPad Pro 2018 11インチ」の購入を決意したのは「Apple penclieの高性能化」と「充電時の便利性アップ」が決め手でした。

また、購買意欲をそそる紹介ページを見ていると、どんどん妄想が膨らんでいきました。

その辺のノートパソコン以上の性能があるなら、パソコンとして使える?便利な生活が俺を待っている!でも、iOSだよな?大丈夫かな。まぁいっか!かっこいいし!

と、こんな感じで購入しました(笑)

私の場合は、SIM対応がどうしても欲しかったので、公式のappleストアで購入しました。iPad Proは海外輸送で送られてくる&在庫が薄かったので、到着までに3週間ほどかかりました。

胸膨らむ3週間に考えたことは、これから届く宝物iPad Pro 2018で「何をするのか」です。

私はクリエイターではないので、絵や画像処理はしないので一般的なビジネスユースな内容だと思います。

  • 手帳&メモを全てiPad Proに統合する。
    (どうやら、Goodnoteやnoteshelfとやらで手書き手帳が作れるらしいじゃないか!)
  • 資料のペーパレス化をする。
    (スキャンして自動でPDFつくれるんだろ?)
  • プロジェクターで画面投影をして、資料の手書き説明をする。
    (Apple pencilって、すごいんだろ?めっちゃ滑らからしいし。)
  • メール作成を全てiPad Proで行う。
    (サクサク動くなら余裕だろう。)
  • Googleスプレッドシートで資料作成をする。
    (いつでもどこでも作業ができてめっちゃ便利やん!)
  • 株式チャートを見る。
    (後に7桁の敗北を食らって貯金ゼロになるとは…この時のささやんは知らない。)

こんな感じです。

さぁ、この中でどれだけのことが実践できたのでしょうか。

【結論】iPad Pro 2018はやっぱりiOSデバイスだった

ipadパソコンの代わり本文2

出来たことはノートの電子化がメイン

iPadの機能を左右するOSは、iPhoneと同じ「iOS」が使われています。シンプルで優れたosであることは間違いないのですが、所詮iPhoneでできることと同じ域なんです。

私はこの点を舐めていました。ハード的なスペックが高性能なら、漠然と出来ることも増えていそうな気持になっていたんです。(汗)

結果的には、パソコンライクの使い方はほとんどできませんでした。

結局、上記の中で満足にできた項目は、

  • 手帳&メモを全てiPad Proに統合する。
  • 資料のペーパレス化をする。
  • プロジェクターで画面投影をして、資料の手書き説明をする。

だけです。

これらに共通する項目は紙ベースでも出来ることなんですね。

つまり、iPad Proは「紙でできる作業を電子化して便利にする」ことに関してはかなり活躍してくれるということです。

iPad Pro 2018がパソコンの代わりにならなかった2つの問題

なぜ、Photoshopですらサクサク動く性能を誇っているiPad Pro 2018がパソコンの代わりに使えなかったのか?

それは、

  • マウスが使えないこと。
  • フォルダの管理方法がパソコンとは違う

この2点が、大きく影響しています。

マウスが使えない問題

皆さんは、パソコンの画面から「マウスカーソルの矢印」が無くなったときの事を考えたことがありますか?普通ないですよね(笑)

普段何気なく使っているマウスが、こんなにも使い勝手のいいものだなんて私は想像もしていませんでした。

画面上にカーソルがないだけでめちゃくちゃ操作性が落ちるんです。

iPad Pro 2018では、画面上の操作をすのに、正攻法では画面タッチしか術がありません。

タッチでのドラッグやカーソル移動はかなりしづらいため、パソコンと同じ作業はするのは難しいと私は思います。

はっきりいって、表計算ソフト系は正直使い物にはなりません。作業効率が極端に落ちますよ。

文章の執筆系については、キーボードさえ確保すればタイピングは問題ないのですが、ちょくちょく「マウスポインタが欲しいな」と思うことがあったので結局使わなくなりました。

iOSバージョンアップのうわさ

もしかするとiPadでマウスが使えるようになる!?という噂がります。iPadでマウスが使えるようになれば、上記のような問題はかなり解決するので今後のアップデートに期待です!

ファイル管理の問題

iPadってファイルの保存するときアプリ単位で管理しているそうなんです。

私は開発者ではないので詳しいことはわかりませんが、イラストで描くと下のような感じ。

ipad保存

だから、Aアプリで作成した資料とBアプリで作成した資料は、パソコンのように同じフォルダに収納することができないんです!(ファイル管理アプリを使えば似たようなことはできますけど。)

この点が、パソコンの代替機としてiPad Proを使うと考えた時に困るポイントです。「ファイルを集めておく共通のフォルダ」がないことで大量の資料を扱いづらいんです。

また、USB-Cが搭載されていますが、OSの問題でファイルを取り込むことができないのでデータのやり取りに苦労する場面も出てきます。

ただ、これはファイル管理で自分なりのルールを作って行えば解決できるんですけどね。

iPad Pro 2018はこんな人におすすめできる

私は、iPad Pro 2018を発売されてからずっとノートの代わりとして使っていますが、正直なところ性能を持て余していると感じています。

ですから、月並みではありますが、

  • イラスト制作
  • 音楽制作
  • 写真家
  • 漫画家

など、クリエイティブな作業や仕事をする方こそがiPad Pro 2018を最大限に活用できると感じました。

これまで書いてきた通り、普通のビジネスマンでパソコン代わりにするのには酷がありますし、動画視聴や漫画閲覧だけのコンテンツ消費でiPad Pro 2018を使うのはコスパが悪すぎますからね。

これから、iPad Pro 2018を買おうか悩んでいる方は、ご自身の活用法を一度見直してみてiPad Pro 2018で何をしたいのかを考えてみてください。

ipadセルラー理由iPadをセルラーモデルにするか?Wi-Fiモデルにするか?もちろんセルラーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です