Wi-Fiルーター

【1万円以下はズバリこれ!】2021年おすすめのWi-Fiルーターはどれ?選ぶポイントもチェック!

どうも、ささやんです。

ささやん
ささやん
この記事では「1万円以下」をテーマに、おすすめのWi-Fiルーターを紹介しています。

スペックは価格に比例するので、性能が高いほどよいとは言い切れません。

予算に合わせて、コスパのいいWi-Fiルーターを選定したので参考にしてください。

1万円以下のWi-Fiルーターを選ぶポイント

Wi-Fiの種類を選ぶ

自宅の光回線用Wi-Fiルーターを選ぶ際は、主に以下の3種類から選ぶことになります。

  • Wi-Fi6ルーター
  • Wi-Fi5ルーター
  • メッシュWi-Fiルーター

自分にあったWi-Fiルーターを選択する必要があるので、まずは特徴をざっくりチェックしてみましょう。

Wi-Fi6(11ax)
  • 通信速度:9.6bps(理論値)
  • 周波数:2.4GHzと5.0GHz
  • MU-MIMO:8ユーザー
  • 対応端末が少ない
  • 値段が高い傾向
Wi-Fi5(11ac)
  • 通信速度:6.9Gbps(理論値)
  • 周波数:5.0GHz
  • MU-MIMO:4ユーザー
  • 対応端末が多い
  • コスパが良い
ささやん
ささやん
メッシュWi-Fiルーターは、もう少し予算を出して買うことをおすすめしたいのでここでは割愛しますね。

Wi-Fi6(11ax)ルーター

2019年に登場したばかりの次世代通信規格Wi-Fi6に対応したWi-Fiルーターです。

最近では、iPhoneSE(第2世代)、11、12やMacBook Air(M1チップ)が対応したこともあり注目されはじめています。

Wi-Fi6の特徴
  • 従来の1.4倍にもなる超高速通信を実現
  • 新MU-MIMOによる多台数接続の強さ
  • 2.4GHz対応による障害物への強さ

一方で、Wi-Fi6を利用するには、ネットを利用する側のスマホやパソコンもWi-Fi6に対応している必要があります

設置したWi-FiルーターだけWi-Fi6に対応しているのでは意味がないので注意しましょう。

Wi-Fi5(11ac)ルーター

2021年1月現在もWi-Fiルーターの主流となっている製品です。

Wi-Fi6が2019年に登場した最新の無線通信規格に対して、Wi-Fi5は従来型の無線通信となります。

ですが、Wi-Fi6対応デバイスの普及率はまだまだで、値段も高めの傾向があるためWi-Fi5のルーターが市場の中心となっています。

Wi-Fi6対応の端末をもっていないならば、低価格で高機能の製品を選べるのでコスパが良いと言えます。

Wi-Fiルーターの機能を知る

Wi-Fiルーターのレビュー記事を見ていると、呪文のような言葉がたくさんでてきます。

ここでは、それぞれの用語の意味を簡単に紹介しておきます。

ささやん
ささやん
言葉の意味がわかると比較しやすくなるよ!
簡単用語チェック!
下りと上り
  • 下り=ダウンロードの速度
    動画視聴・ネット閲覧・ストリーミング音楽再生
  • 上り=アップロードの速度
    LINE送信・メール送信・データアップロードの速度
2.4GHzと5.0GHz
  • 電波の通り道(周波数)の種類
  • 2.4GHz→速度は遅いが障害物に強い
  • 5.0GHz→速度が速いが障害物に弱い
デュアルバンドとトライバンド
  • 電波の通り道(周波数)の本数のこと
  • デュアルバンド→2つの周波数を使う(2.4GHと5GHz)
  • トライバンド→3つの周波数を使う(2.4GHzと5GHz×2)
  • トライバンドの方が多台数接続に向いているが価格が高い
ストリーム数
  • 搭載されているアンテナの本数のこと
  • ストリーム数が多いほど通信速度が向上し、同時接続したときにも安定した通信が期待できる
ビームフォーミング
  • スマホなどの位置を推測し電波を束にして強くする機能
  • 通信を使用する側も対応する必要あり(iPhone6以降であれば利用可能)
MU-MIMO
  • Wi-Fiルーターが複数のデバイスと同時に通信できる機能
  • Wi-Fi6で性能アップ(同時通信台数が4台→8台)
  • 通信を使用する側も対応する必要あり(iPhone6以降であれば利用可能)
WPA2とWPA3
  • セキュリティ規格のこと
  • WPA2の弱点を克服したのがWPA3
  • 通信を使用する側も対応する必要あり(iPhone11以降であれば利用可能)

1万円以下で狙っておきたい機能

Wi-Fiルーターには初心者にとって難しい機能がたくさんあります。

1万円以下のWi-Fiルーターでも快適にインターネットを使いたい人向けに、必須機能をまとめたので購入の参考にしてください。

ささやん
ささやん
1万円Wi-Fiルーターの目安にしてください!
1万円以下で狙いたい機能(性能)
通信速度(目安) 【Wi-Fi6対応ルーター】
5.0GHz:1200Mbps/2.4GHz:574Mbps
【Wi-Fi5対応ルーター】
5.0GHz:1700Mbps/2.4GHz:574Mbps
周波数帯 デュアルバンド
アンテナ 4ストリーム
対応技術 ビームフォーミング、MU-MIMO
セキュリティ WPA3、WPA2(妥協もあり)

1万円という予算で考えた場合、Wi-Fi5対応のWi-Fiルーターの方が単純な最大通信速度は速くなる傾向があります。

それは、Wi-Fi6が最新規格ということもあり、通信速度あたりの単価が高くなっているためです。しかし、MU-MIMOのように同じ名前の技術でも性能がアップするメリットがあります。

  • Wi-Fi5のコスパをとるのか?
  • 最新通信規格Wi-Fi6のメリットをとるのか?

このあたりを吟味する必要がありますね。

【1万円以下】おすすめのWi-Fi6ルーター

Wi-Fi6ルーターでは「TP-Link Archer AX20」がおすすめ。

Archer AX20は、4ストリームで「5.0GHz帯:最大1201Mbps」「2.4GHz帯:最大574Mbps」の通信速度に対応しています。

注目すべきはWi-Fi6によるメリット。

Wi-Fi6の恩恵で性能アップ(従来の2倍)したMU-MIMOを活用でき、より多くの端末と待機時間無しで通信できるようになりました。さらにWi-Fi6の2.4GHz障害物にも強く離れた場所でも通信速度が落ちにくい点が優れています。

ささやん
ささやん
iPhoneSEや11、12がWi-Fi6に対応しているよ!

通信速度は5GHzの下りで約390Mbpsもの数値を計測できました。

また、タブレットやPCなど11台接続した計測では約270Mbpsを計測できたので、多台数の接続でも問題ありません。

5GHzで測定した通信速度
11台接続した通信速度

さらに、TP-Link OneMeshに対応しているので、ルーター設置後に電波の悪い場所を見つけても簡単にネット環境を拡張できる点も魅力です。(別途OneMesh対応機器が必要)

Archer AX20 まとめ

  • Wi-Fi6対応で1201(5GHz)+574(2.4Ghz)Mbpsの高速通信
  • Wi-Fi6の恩恵で障害物に強い電波を供給
  • Wi-Fi6のMU-MIMOでより多くのデバイスと同時通信可能
  • 合計4本のアンテナとビームフォーミングで安定通信
  • OneMesh対応でWi-Fi電波の拡張が可能
【TP-Link Archer AX20 速度計測レビュー】Wi-Fi6対応の低価格、高機能な高速Wi-Fiルーター!本記事は「TP-Link Wi-Fiルーター Archer AX20」の「通信速度」を実際に検証し「特長」をレビューしています! ...

【1万円以下】おすすめのWi-Fi5ルーター

Wi-Fi5ルーターでは「TP-Link Archer A10 Pro」がコスパ抜群でおすすめ。

ささやん
ささやん
この価格帯で欲しい性能全部取り!?というような、コスパ最強Wi-Fiルーターです!

Archer A10 Proは、4ストリームMU-MIMOに対応し「5.0GHz帯:最大1733Mbps」「2.4GHz帯:最大800Mbps」の通信速度に対応しています。

また、接続しているデバイスに電波を集中させるビームフォーミング機能を搭載し、より広範囲で安定した通信を実現しています。

本体のサイドには外付けHDDを接続するためのUSB3.0が搭載されており、大容量の写真や動画・音楽をかんたんにシェアすることができます。

ささやん
ささやん
USB3.0は旧2.0の10倍も転送速度が向上しているよ!

通信速度は5GHzの下りで約400Mbpsもの数値を計測できました。

また、タブレットやPCなど12台接続した計測でも約360Mbpsを計測。多くのデバイスを接続する人でも安心して利用できます。

5GHzで測定した通信速度
12台接続した通信速度

さらにIPv4とIPv6の両方に互換性があるのでIPoE接続でインターネットを接続したい人にもおすすめできます。

IPv6に対応引用:TP-Link公式

Archer A10 Pro まとめ

  • 1733(5GHz)+800(2.4Ghz)Mbpsの高速通信
  • 外部3本、内部1本の合計4本のアンテナで安定通信を実現
  • MU-MIMOで待ち時間なしの通信が可能
  • USB3.0接続で簡易高速NASとして利用可能
  • IPoE対応(IPv6+、transix、フレッツ光ネクスト対応)
【TP-Link Archer A10 Pro 速度計測レビュー】多台数でも安心!コスパ抜群の高速Wi-Fiルーター!本記事は「TP-Link Wi-Fiルーター Archer A10 Pro」の「通信速度」を実際に検証し「特長」をレビューしています! ...

おすすめのWi-Fiルーター|まとめ

以上、1万円以下で買えるおすすめWi-Fiルーターの紹介でした。

まとめ
  • Wi-Fi6対応のスマホやパソコンを使っている人は「Archer AX20
  • コスパ最高を求める人やWi-Fi5対応の端末をしばらく使う人は「Archer A10 Pro

Wi-Fi6対応のスマホは、iPhoneSE(第2世代)や11、12が挙げられますが、家電製品等では普及していないのが現状です。

これら2つの選択はWi-Fi6対応スマホ(パソコン)の所持数や購入予定を考えるとGood。

ささやん
ささやん
自分にあったWi-Fiルーターを選んで、快適なネット環境を楽しんでいきましょう!

以上、参考になればうれしいです。

紹介した機種の詳細レビュー
この記事で出てきた製品まとめ
ABOUT ME
ささやん
ささやん
国内大手PCメーカーに就職後脱サラ→現在は学習塾を2教室経営しています。主にAppleやスマートホーム関連のガジェットレビューを書いてます。スペック大好き人間でモノを買う時はいちいち比較表を作る変な奴。Twitterでは更新情報や雑感を呟いています。
Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。
Amazonギフト券でお得に買物をする

Apple製品でもポイント還元!

詳しくはこちら