【レビュー】車の急なバッテリー上がりにおすすめ!Anker 自動車用ジャンプスターターROAV Jump Starter Pro

ROAV Jump Starter Pro

自動車のバッテリー上がりでヒヤヒヤしたことはありますか?経験したことのある人ならわかりますよね。あの絶望感(笑)

私は、先月だけで3回もやらかしています…。去年は、保険のサポートで助けられました。バッテリー上がり常習犯です。

そんな私が愛用している、神アイテム「Anker Jump Starter Pro」のご紹介です!

これさえあれば、万一のバッテリー上がりでも、数分もあれば簡単にエンジン始動が可能となります!1台車に常備していて損なしのアイテムです!

ROAV Jump Starter Proのスペックと使い方

ROAV Jump Starter Proは、フル充電状態で6.0Lまでのガソリンエンジン車3.0Lディーゼル車をジャンプスタートすることが可能です。

ROAV Jump Starter Pro

使い方は、とても簡単で、附属のケーブルを車のバッテリーの「+」と「-」につなぐだけ。あとは、いつも通りエンジンをかければ、ROAV Jump Starter Pro内のバッテリーを使ってエンジンを始動することができます

ROAV Jump Starter Pro

私の場合は、慣れたもので、

  1. エンジンがかからない…。
  2. ササッとROAV Jump Starter Proを出す。
  3. ボンネットを開けて、バッテリーに接続。
  4. 赤が「+」黒が「-」。
  5. 運転席に戻って、エンジン始動。
  6. バッテリーから、ROAV Jump Starter Proを取り外す。

この間、2分もあれば完了します。こんなことに慣れる必要はないので、万一の手順として頭にいれておけばOKです。取り付け取り外しの際、端子が車の本体に触れないように気を付けましょう。

注意
くれぐれも「+」と「-」を間違えないように。赤が「+」黒が「-」です。また、取り付けは、赤「+」から。取り外しは、黒「-」から行うようにしてください。

ROAV Jump Starter Proの製品仕様は以下の通り。

サイズ 約161×84×33mm
重量 約378g
始動時の電流 400A
最大電流 800A
バッテリー容量 8000mAh
入力(充電)ポート USB Type-C
USB出力 Output 1:5V=3A, 9V=2A,12V=1.5A
Output 2:5V=2.4A
※2つのUSBポートで同時充電する場合は、合計出力は最大3.5Aです。
注意
製品仕様では、車のジャンプスタートを最大15回行うことができるようですが、連続で4回以上使用することは控えるようにしましょう。ROAV Jump Starter Pro本体に負荷がかかりすぎて故障の原因になります。

ROAV Jump Starter Proの外観

ROAV Jump Starter Pro表面には、電池残量を表示するランプと機能ボタン、コンパスがあります。

ROAV Jump Starter Pro

電池残量は%が印字されているので、おおよその残量を把握することができます。

電源ボタンに見えるスイッチは、動作をスタートさせるための機能ボタンです。

ちなみに、充電中も今何%かをランプで教えてくれます。

ROAV Jump Starter Pro

電源スイッチはサイドにあります。

ROAV Jump Starter Pro

裏面には、LEDライトがあります。表面の機能ボタンを長押しすることで点灯できます。

ROAV Jump Starter Pro

入出力の端子は、USB Type-Aが2ポートType-Cが1ポートあります。本体を充電する場合は、Type-Cを利用します。

※ケーブルは、購入時に附属しています。

ROAV Jump Starter Pro

ゴムカバーをめくると、ジャンプスターター用のケーブルを接続できます。接続すると、LEDランプが点灯し状態を確認できます

ROAV Jump Starter Pro

専用のケースも附属しています。サイズは大きめなので、ダッシュボードの中には入りません。トランクに収納することになるでしょう。

サイズは、横幅 約21㎝×高さ 約9㎝です。

ROAV Jump Starter Pro

ケースの中は、仕切りがあり綺麗に本体とケーブルを仕舞う事ができます。

ROAV Jump Starter Pro

ROAV Jump Starter Proの細かな機能

状態をLEDとブザーでお知らせ

ROAV Jump Starter Pro良いところは、LED表示とブザーで状態を知らせてくれるところです。

  • ジャンプスタートできる状態なのか?
  • ジャンプスタートができない原因は?
  • 現在の電圧は?
などが、分かります。電気を使う製品なので、この機能があるだけで安心できます。

表示パターンは、日本語表記で取扱説明書に書いてあるので、緊急時にその都度確認しましょう。

ROAV Jump Starter Pro

フラッシュライト搭載

本体裏面にはフラッシュライトが搭載されています。

ROAV Jump Starter Pro

使い方は、表面の機能ボタンを長押しすることで点灯/消灯を切り替えれます。

さらに、ボタンを押すことで、

  • 点灯
  • ゆっくり点滅
  • 高速点滅

の3種類が点滅モードの切り替えが可能です。

私の場合は、主に夜間のバッテリー切れで、車と接続する時に活躍しています。買い物帰りや旅行帰りなど、暗くなってからバッテリー切れに気づくことが多いので、ライトは重宝しています。

スマホやタブレットの充電が可能

ROAV Jump Starter Proはモバイルバッテリーの役割を果たしてくれます。

ただし、本体がかなり大きいので、常に持ち歩くのは現実的ではありません。こちらもいざというときに活躍するでしょう。

iPhone XSを充電すると、

USB Type-Cの場合は、「4.90V/1.26A/6.213W」前後で充電できました。

ROAV Jump Starter Pro

USB Type-Aの場合は、「5.09V/0.89A/4.553W」前後で充電できました。

ROAV Jump Starter Pro

問題なく充電可能です。完璧に安定はしていなかったので、目安として参考にしてください。

MEMO
2つのUSBポートで同時充電できますが、合計出力は最大3.5Aとなります。

ROAV Jump Starter Pro|まとめ

ROAV Jump Starter Proは、車のバッテリー上がりの際の救世主となることは間違いありません!

しかも、モバイルバッテリーで有名なAnker製なので、商品への信頼度・安心度は高いです。

ジャンプスタートも簡単で、ケーブルを車のバッテリーと接続するだけで利用可能

電池残量の表示や、LEDで状態確認など、かゆいところにも手が届く商品です。

気になる点と言えば、ケースが大きいところぐらいかな?ダッシュボードではなく、トランクに収納となるでしょう!

ジャンプスターターは車に1台忍ばせておいて、損はないので車1台にROAV Jump Starter Pro1台常備してみてはどうでしょうか。